メニュー 閉じる
おすすめ
浄水器一覧
浄水器
ランキング
浄水器
お役立ちコラム

画像:アイコン 浄水器・ウォーターサーバー探しに役立つお役立ちコラム一覧

2018年11月20日

置き型の浄水器の特徴とは?メリット、デメリットについて解説

浄水器にはさまざまな型があります。

特に、置き型浄水器は浄水できる水の量も多く、浄水機能も高いので、料理など飲料水以外に使用している人も多いです。

ただし、浄水器は置き型以外にも様々な種類があります。

どの浄水器を購入すれば良いか、悩む人も多いと思います。

そこで今回は、置き型浄水器の特徴・メリット・デメリットなどを紹介します。

置き型浄水器の特徴

置き型浄水器の特徴は、キッチンのシンクなどに置いて使え、蛇口直結型の浄水器と違って除去性能が高いのが特徴です。

さらに、フィルターの寿命も半年~1年程度と長く、メンテナンスも楽です。

置き型浄水器の中にはアルカリイオンが生成できるものもあります。

置き型浄水器のメリット

置き型浄水器を使うメリットは、主に次の3つです。

工事不要で機能性の高い浄水器を使える

置き型浄水器は、取り付け工事をする必要はありません。

工事不要で機能性の高い浄水器を設置できるのは工事費用も発生せず、費用的にも大きなメリットです。

ホースやノズルを蛇口につなぐだけなので、浄水器初心者の人も安心して利用できます。

手軽に浄水機能が高い浄水器を使いたい人は、置き型タイプを検討してみてください。

フィルター交換の回数が減る

置き型浄水器の場合、フィルター寿命は半年〜1年と長いので、フィルター交換回数も少なくて済みます。

フィルター交換は年間で1~2回やれば十分です。

フィルターのお手入れが面倒という方にも、置き型浄水器はおすすめできます。

ランニングコストを抑えられる

カートリッジ(フィルター)の交換頻度が少ないということは、ランニングコストを抑えられるということにもつながります。

ランニングコストとは、浄水器を使い続けるために発生するコストを指します。

水道直結型の浄水器の場合は浄水器本体の値段が安い代わりに、カートリッジは3カ月前後で交換しなければなりません。

置き型浄水器のデメリット

置き型浄水器にはデメリットもあります。

デメリットは、主に次の2つです。

浄水器が大きい

置き型の浄水器は他の浄水器に比べて比較的大きいスペースを必要とします。

キッチンに置くスペースがないと、置き型の浄水器を使うのは厳しいでしょう。

ノズル・ホースの長さも短いため、蛇口から遠くに浄水器を置けないので要注意です。

本体価格が比較的高い

置き型浄水器の本体価格は浄水器の中でも比較的高めです。

安くて3万円弱、高価な場合は10万円を超える浄水器もあります。

蛇口直結型の浄水器と比べて金銭的負担が大きいため、予算があまり無いという方は置き型浄水器の購入は厳しいかもしれません。

また、1回あたりのカートリッジ代が高額なケースもあるため費用はしっかり、最初の導入コストだけではなくランニングコストも確認しましょう。

製品によって、除去率が異なる

浄水器の種類によって、水に含まれる有害物質の除去率は異なります。

浄水器の性能によって取り除かれる有害物質も違うため、用途や要求に応じて慎重に選びましょう。

心配な方は購入前に、浄水器のメーカー元に問い合わせるのも1つの手です。

購入後に返品したくても、返品拒否されるケースも多いのでご注意ください。

置き型浄水器を安く導入したい場合はレンタルがおすすめ!

置き型浄水器は、浄水できる水量も多く、浄水機能も高いので、飲料水だけではなく料理などにも使いたいという方におすすめです。

しかし、浄水器の金額は3万円からと比較的高額なので初回購入時の経済的負担は決して少なくありません。

そういった方は、導入コストがかからず、月額2,000円程度で利用できる浄水器レンタルを利用するのがおすすめです。

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器の衛星面って実際どうなの?衛星的に使うコツは?

浄水器の衛生面や浄水器使用後の水質が気になる人も多いのではないでしょうか。

これは浄水器の種類や使い方によって異なります。

そこで今回は、浄水器の衛生面について詳しく解説いたします。

浄水器の衛生面って実際どうなの?

浄水器の衛生面は使い方によって異なります。

浄水器を大事に使っていれば、衛生的には良くなりますが、浄水器を大切に使わなければ衛生面を保つことができなくなってしまう可能性があります。

また、浄水器の種類によって汚れ具合や汚れが溜まってくる期間も異なります。

浄水器の種類によって、除去される物質数は違う

浄水器は水に含まれている塩素をはじめ、有害物質などを除去してくれます。

基本的には、値段が上がるほど除去能力が高まるといわれていますが、浄水器のタイプによっても除去される物質数は異なるため要注意。

ちなみに水道直結型の浄水器は除去能力が低く、アンダーシンク型など大型の浄水器であるほど除去能力は高くなる傾向があります。

衛星面が気になる人は浄水機能の高いものを選ぶのが良いでしょう。

 浄水器を衛生的に使うためのコツ

浄水器を衛星的に使うには、使い方を特に注意しなければなりません。

使い方を誤るとうまく浄水されないどころか、汚れた水を出してしまう可能性もあります。

浄水器を衛星的に使うために、下記4つの使い方を意識しましょう。

定期的な清掃

浄水器の定期的な清掃は非常に大切です。

浄水器の浄水機能はすべてカートリッジ(フィルター)が担っており、このカートリッジに汚れが溜まってくると交換しなければなりません。

交換のタイミングはカートリッジによって異なりますが、最低でもカートリッジ交換時には定期的に清掃を行うようにしましょう。

定期的に清掃を行わなければ浄水器に汚れや水垢が溜まってしまい、浄水能力が落ちたり浄水器の故障につながったりしてしまいやすくなります。

ただ、清掃を行うときは洗い残しが無いようにしましょう。とくに、浄水器内部に洗剤が残っていると、洗剤が含まれた水が排出されてしまいます。やり残しがないようにしましょうね!

後付け型浄水器の使用

後付け型浄水器とは、水道など1カ所に取り付ける浄水器のことです。

後付け型浄水器の場合は自分で分解してメンテナンスや清掃ができるので、衛生面を維持しやすいです。

しかし、一方で屋内全ての水を浄水する「元付け型浄水器」を取り付けた場合、浄水器から蛇口の距離までが長くなるため、塩素などが取り除かれていない状態で水が出る恐れがあります。

これが理由で、水の汚染につながりやすいのです。

そのため、なかなか定期的な清掃やメンテナンスを行えないという方は後付け浄水器を選ぶのがおすすめです。

自身で水質検査を行う

水質検査を自身で行うのも1つの手です。

水質検査用のキットを購入すると、さまざまな数値が分かります。

通販サイトでも販売されているため、定期的に水質検査を行うのも衛星面を保つ一つの手です。

特に赤ちゃんのミルク用に使いたいという方は、定期的に確認をしておくのがおすすめです。

定期的にカートリッジを交換する

カートリッジを定期的に交換するのは浄水性能を保ち、衛星的に使う上で必要不可欠です。

カートリッジの寿命は短い場合だと2~3カ月程度、長くても1年程度です。

カートリッジの交換を怠ると、浄水器内に溜まった不純物が滞留し続けます。

その結果、浄水機能が低下してしまう恐れがあります。

浄水機能が低下したからと言って見た目で分かりづらいので、しっかりと取扱説明書の使用方法を守り使いましょう。

浄水器の衛生管理に関するマニュアルを確認しておこう

浄水器は水の有害物質を取り除いてくれますが、日頃のお手入れを怠ると水質が悪くなる恐れがあります。

コマメな清掃を心掛けないと、浄水器内はあっという間に汚れます。

また、カートリッジの交換時期を守ることも大事です。

浄水後の水を安心して飲むためにも、衛生面の徹底的な管理は大事です。

浄水器の説明書に、お手入れ方法も載っていますので参考にしてみてください。

また、多くの水道局には、浄水器の衛生管理マニュアルが用意されています。

たとえば、「浄水器内をキレイにする」「お湯の浄水は控える」など基本的な衛星管理ポイントが記載されています。

インターネットでも確認できるため、ぜひ、参考にしてみてください。

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器はどれを選べばいいの?浄水器のオススメの選び方

浄水器を買いたいけど、どんな製品を購入すれば良いか分からないという方も多いと思います。

近年は用途によって様々なタイプの浄水器が販売されているため、ますます選ぶのが大変になってきています。

今回は、そんな浄水器の種類やおすすめの選び方について解説いたします。

浄水器と整水器は異なる

浄水器に似たもので「整水器」と呼ばれる製品があります。

同じ種類に見えますが、実は異なります。

浄水器とは単に浄水する機械ですが、整水器の場合は浄水後に電気分解されるため整水器の水には水素が多く含まれています。

また、水の性質も浄水器の水はほぼ中性なのに対して、整水器の水はアルカリ性になるものが多いです。

浄水器よりも性能の良いものが整水器だと思っている方も多いようですが、浄水機能は浄水専門の浄水器の方が高い場合が多いです。

間違えないように気をつけましょう。

浄水器の種類

浄水器は使用用途や取り付け方によって、様々なタイプに分かれています。

蛇口直結型

その名の通り蛇口に取り付けて使う浄水器です。

安いモノだと3000円程度で購入できるため初期費用を抑えたい方にピッタリの浄水器です。

取り付けが簡単な製品も多く、手軽に浄水器を導入できるのがポイントです。

ただし、フィルター部が小さい浄水器が多いため、フィルターの交換サイクルは早いのがデメリットです。

商品によってはランニングコストが据え置き型などよりも高くなる製品もあるので、費用についてはしっかり確認してから購入を検討しましょう。

据え置き型

キッチンのシルクなどに置いて使うタイプの浄水器です。

蛇口直結型と比較して浄水機能が高く、フィルター交換も半年~1年と長いのが特徴です。

ただし、蛇口直結型と比べて大きめの浄水器が多いので手狭なキッチンでは置き場所に困るのが難点です。

ビルトイン型(アンダーシンク型)

シンクの下に取り付けられるタイプの浄水器です。

浄水機能が高いだけではなく、フィルター交換も年に1回程度で済みます。

キッチンから見えない場所に置くため、邪魔になることも少なく、キッチンの景観も崩しません。

ただしビルトイン型は自分で取り付けが難しく、工事費用が発生します。

さらに、高額な浄水器だと10万円を超える場合もあります。

ポット型

ポットにカートリッジを取り付けて水を注ぐだけで浄水される製品です。

クリンスイなどが有名です。

取り付け作業も必要ないので、初心者の方におすすめです。

持ち運びができるタイプもあるので、外出先でも役立ちます。

ただし、浄水機能は低く、1回でろ過できる量も決まっています。

大量の水を浄水したい方には向いていないといえるでしょう。

シャワー型

シャワーに取り付ける浄水器もあります。

値段も数千円程度で購入できるためリーズナブルです。

温水を浄化できる製品も多いです。

しかし、シャワーと型が合わなければ使えません。

さらに、高温のお湯に対応していない浄水器もあるため要注意です。

浄水器の耐久期間は各製品で異なる

浄水器のなかには3年前後で故障するケースもあれば、10年弱持つ製品もあります。

耐久期間が長い浄水器の場合、補償サービスが設定されている製品も多いです。

ただし、販売元によってアフターサービスは異なるため気をつけてください。

良い浄水器を選ぶコツは?

どんな浄水器を選べばよいか分からない方もいるはず。

ここでは浄水器選びのコツを2つに絞って紹介します。

ポイント1:使用用途

浄水器購入前は使用用途の確認が大切です。

料理で使う水を浄水したいという人は「蛇口直結型」や「据え置き型」が良いですし、外出先で使いたい場合は「ポット型」の浄水器を使った方が良いと言えます。

ポイント2:コスト面

コスト面も考える必要があります。

とくに、浄水器使用中に発生する「ランニングコスト」には注意しましょう。

浄水器の特徴・設置台数によっては、毎月のコストが5,000円前後になるケースもあります。

ランニングコストを計算したうえで、浄水器の購入を検討しましょう。

浄水器選ぶは慎重に!

勢いで浄水器を買うと、購入後に費用面で苦しむ恐れもあります。

数年間の費用を考えた上で慎重に購入することをおすすめします。

また、どのタイプの浄水器を購入するかで、使用用途・浄水効果の出方は変わります。

同じタイプの浄水器でも製造メーカーによって浄水効果は違うため注意しましょう。

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器とウォーターサーバーの違いと各メリット・デメリット

浄水器とウォーターサーバーのどちらを使うか迷っている人もいるでしょう。

浄水器とウォーターサーバーは、似ていますが異なる製品で性能も全く違います。

そこで今回は、浄水器とウォーターサーバーの違いや、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

浄水器とウォーターサーバーの違い

浄水器とは、水(お湯)を浄水する機械のことです。

浄水器にはカートリッジ、フィルターが設置されており、一定の有害物質が取り除かれる仕組みになっています。

浄水器には「蛇口直結型」「蛇口一体型」「ポット型」「置き型」「ビルトイン型」「シャワー型」など、さまざまなタイプの製品が用意されており、使用用途に合わせて浄水器のタイプを選べるのが特徴です。

一方、ウォーターサーバーは水が入っているボトルを本体に取り付けて、冷(温)水を供給する機械のことを指します。

基本的に浄水機能は付いておらず、浄水された水をサーバーに取り付けて飲むといった形です。

現在では、業務用だけではなく家庭用のウォーターサーバーも広く普及しています。

浄水器を使うメリットとデメリット

浄水器を使うメリットは、ウォーターサーバーと比べてコストがかかりません。

ウォーターサーバーの場合は、安くても1カ月5,000円程度かかることが多いです。

しかし、浄水器の場合だと毎月1,000円前後で済ませることもできます。

さらに、ウォーターサーバーと比べて小さい製品が多いため邪魔になりづらいのもメリットの1つです。

デメリットは、お手入れをしなければ性能が落ちてしまうことです。

汚れや菌が浄水器周りに溜まるため、コマメな手入れが必要となります。

ウォーターサーバーを使うメリットとデメリット

ウォーターサーバーを使うメリットは、手入れが楽だということです。

ウォーターサーバーは定期的に業者がサーバー自体を点検交換に来るので、内部を掃除する必要がありません。

細かいメンテナンスや手入れが面倒な人におすすめです。

また、ウォーターサーバーの場合は、水の種類も豊富にそろっています。

デメリットは、申込時から設置までの時間がかかることです。

浄水器の場合はホームセンターで購入できるため、当日からの使用も可能です。

しかし、ウォーターサーバーの場合、製品利用時は申し込んでから数日〜1週間程度かかります。

浄水器とウォーターサーバーを安く使うためのポイント

浄水器とウォーターサーバーをなるべく安く使いたい方は、次のポイントを意識してみてください。

ポイント1:初期費用が安い製品を選ぶ

浄水器・ウォーターサーバーともに初期費用が安い製品を選びましょう。

浄水器の場合であれば、水道直結型や置き型タイプの製品が安いですし、ウォーターサーバーであれば、サーバー代が無料となっているケースもあります。

製品によっては、初期費用で数万円発生する場合もあるため、費用を考えた上で製品を選びましょう。

ポイント2:ランニングコストが安い製品を選ぶ

ランニングコストとは、使い続けることで発生する費用のことです。

浄水器であれば、カートリッジ代やフィルター代。ウォーターサーバーであればレンタル料・ボトルの購入料などを指します。

これらの費用が少なければランニングコストは抑えられます。

初期費用が安くても、ランニングコストが高い場合もあるので最初にしっかり確認しておきましょう。

ポイント3:キャンペーン特価がないか確認する

ウォーターサーバーの場合は、キャンペーン特価を展開している例があります。

たとえば「○○カ月間レンタル代無料」といった形です。

特価セールはサイト上に載っているケースも多いため、日頃から確認することをおすすめします。

気軽に導入するなら浄水器がおすすめ

浄水器・ウォーターサーバーともにメリット・デメリットはあります。

コストをかけたくない人は、浄水器の方がメリットがあります。

ウォーターサーバと比べて日頃のメンテナンスは面倒ですが、長期的に使うのであれば浄水器を導入した方が良いといえます。

ただし、自宅全体に浄水機能を付けるとなると、ウォーターサーバーでは対応できなくなってしまいます。

気軽に導入するのであれば浄水器の方がおすすめです。

用途に合わせていろいろなタイプの製品も販売されているため、飲料水だけではなくお風呂などに使えるタイプもあり、選ぶ楽しみもあります。

しかも、ウォーターサーバーのように水を購入する必要がないのも家計に優しいと言えるでしょう。

自身の用途に従って、どちらが最適かをもう一度しっかりと考えてみましょう!

もっと見る

2018年11月20日

浄水器の温水は何度まで使って大丈夫?温水使用の注意点!

最近では、美容の観点から、浄水した温水をお風呂やシャワーに使う人もいます。

そもそも浄水器に温水は通しても大丈夫なのでしょうか?

本記事では、お湯を浄水できる温度などを中心に紹介します。

そもそもお湯を浄水器に通しても良いの?

温水の浄水は基本的に控えた方が良いと言えます。

ほとんどの浄水器は35度未満の水しか使えないのが一般的です。

一体なぜ、浄水器で温水うを使ってはいけないのか、その理由は主に2つあります。

理由1:フィルターに付いている不純物が溶け出す

同じフィルターを使う期間が長いほど、不純物が溜まっている量は多くなります。

温水を浄水するとこのフィルターに溜まった不純物が溶け出してしまいます。

結果、浄水器を使っても温水と一緒に不純物が出て来てしまうのです。

理由2:浄水器を傷める

温水が浄水器にダメージを与えるケースもあります。

水器によっては、温水が原因で変形します。

結果として、浄水機能の低下につながってしまうのです。

温水を浄水したい場合は、温水対応の浄水器を使おう!

浄水器の中には温水に対応している機種もあります。

特に、シャワー用の浄水器は、温水に対応している浄水器がほとんどです。

金額も数千円~販売されているため、お風呂など温水で浄水器を使いたい場合には、温水対応の浄水器を買うのがおすすめです。

しかし、温水が使える浄水器でも、製品によって上限温度は異なります。

50度までの場合もあれば、40度までしか対応していない機種もあります。

対応温度については浄水器の取扱説明書やパッケージ裏などに記載されているので、しっかり確認しましょう。

温水に対応している浄水器を購入するときの注意点

温水に対応している浄水器だからといって、どんな浄水器でも良いかというと、そういうわけではありません。

ここでは、温水対応の浄水器を購入するときの注意点をいくつか紹介します。

注意点1:蛇口に対応しているか確認する

浄水器を付けようと思っている部分の蛇口に対応している浄水器か確認しましょう。

シャワー専用の浄水器を購入する場合であれば、浄水器がシャワーの型に合っているか確認する必要があります。

蛇口の大きさが数ミリ違うだけで、浄水器を使用できないケースもあるため気をつけましょう。

注意点2:最低作動流量の確認をする

浄水器にどのぐらい温水が溜まれば排出されるか、という最低作動流量も確認しなければなりません。

浄水器のなかには、水と温水で毎分の排出量が異なる浄水器もあります。

水温が一定の温度を超えた瞬間、浄水器からの出が悪くなる恐れもあります。

最低作動流量についても取扱説明書に書かれているので、しっかり確認してから購入するようにしましょう。

不安な方は、浄水器メーカーに問い合わせてみるのも一つの手です。

お湯対応の浄水器を使うときの注意点

温水対応の浄水器を購入しても正しく使わなければ効果は期待できません。

ここでは、浄水器を使う時の注意点をいくつかご紹介します。

注意点1:細めに掃除する

浄水器やフィルター内部の清掃も大事です。

不純物や水垢などが多く溜まると、浄水器の性能自体悪くなります。

浄水器はカートリッジ(フィルター)を定期的に交換する必要があるので、そのタイミングで定期的に掃除をするようにしましょう。

掃除をせずに長年放置しておくと、浄水機能が悪くなることはもちろん、最悪の場合、浄水器が故障するケースもあります。

ある調査ではカートリッジ交換のタイミングを過ぎても使い続けている家庭が半数位以上だそうです。

掃除は面倒な上、忘れやすいので、定期的に行うように心がけておきましょう。

置き型やビルトイン型の浄水器などの場合、普通の浄水器よりもカートリッジの寿命が長いので、掃除が苦手という方はそういうカートリッジ寿命の長い浄水器がおすすめです。

注意点2:浄水器内に温水を長時間溜めない

浄水器内に温水を長時間溜めるのも控えましょう。

なぜなら、浄水器内に溜まったお湯には不純物がたくさん溶けている恐れがあるからです。

浄水器を数時間~数日使わなかった場合は、浄水器内の温水を全て排出してから使うようにしましょう。

温水を浄水したいかどうかは最初に決めておこう!

原則、普通の浄水器でお湯を浄水するのはNGです。

ただし、温水対応の浄水器であれば利用できます。

しかし、浄水器によって上限温度が違うため購入前の確認が大切です。

購入後に後悔しないためにも、浄水器は最初に「温水対応にするかどうか?」を決めてから選ぶようにしましょう。

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器を使った水は本当に安全?浄水器の安全性について

浄水器の水は安全性が高いと言われていますが、本当に安全性が高いのか疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、浄水器を使うと安全な水を飲めるといわれる理由について詳しく解説していきたいと思います。
浄水器の導入を考えている人は必見です!

浄水器の水が安全と言われる理由

浄水器を使うと安全な水が飲めるといわれる一番の理由は、水の中の様々な不純物を取り除いてくれることにあります。
例えば水道水に含まれる一番有名な不純物が消毒用に使われている塩素(カルキ)です。
浄水器を通すことで、塩素をはじめ、浄水器内のフィルター(カートリッジ)が水の不純物を取り除いてくれるため、水道水の中に含まれる有害物質が体内に入る確率が減ります。
浄水器の種類やフィルターの素材によって不純物の取り除かれ具合は異なりますが、これが浄水器の水が安全と言われる最大の理由です。

浄水器の使い方によっては不純物が残る

ただし、浄水器が安全と言われるのはあくまで正しく浄水器を使ってこそです。

浄水器の使用方法によっては浄水器を使用しているのにも下からわず、水の中に不純物が残ってしまうことがあります。

主に次のような使い方が原因で、浄水機能は低下してしまうので注意しましょう。

h3浄水器をこまめに掃除していない

浄水器は水垢など日々汚れていきます。

そのため、こまめに掃除をしないと、内部に細菌が溜まりやすくなって異変が出る恐れがあります。

浄水器の使用頻度が高いと、不純物が内部にどんどん溜まります。

その結果、内部が汚い状態となって浄化機能が落ちてしまうのです。

浄水機能を高めるには、浄水器内を日頃からキレイにすることが大事です。

簡単な清掃でも浄水機能は変わるため、浄水器を使用する際は、こまめな掃除が重要です。

h3浄水器内の水を放置している

浄水器内の水を放置し続けるのも良くありません。汚れた水が浄水器内から出てしまう恐れがあるためです。

浄水器内に溜まった水は、不純物で汚染されている恐れもあります。

そのため、浄水器の水を使う場合は最初は数秒間水を出しっぱなしにするのが鉄則です。

h3お湯を浄水している

通常浄水器ではお湯の浄水はできません。

そのため、お湯を浄水をしてしまうと、浄水器にダメージを与えてしまいます。

さらには、浄水器内に付着した不純物が溶け出してお湯と一緒に排出される恐れがあるため、決してお湯を浄水器に通さないように注意しましょう。

浄水器によってはお湯になった途端、排出量が減るケースもあるので注意が必要です。

h2浄水器は正しく使用することが大事

浄水器は次の3つを意識し、正しく使うことが大事です。

それによって初めて浄水器の安全性は保たれます!

h3浄水器に適したカートリッジを使う

浄水器によって、適したカートリッジは違います。

そのため、相性の悪いカートリッジを使ってしまうと、浄水器が故障しやすくなる恐れがあります。

浄水器との相性を確認してからカートリッジを購入、使用するようにしましょう。

h3衛生面に気をつける

浄水器のメンテナンスや掃除は浄水器の水の安全性を保つ上で非常に大事なポイントです。

浄水器をメンテナンスや掃除せずに、長期間放置すると浄水器内がばい菌だらけになって、汚い水が出る原因につながります。

メンテナンスの方法も付属の説明書に記載されているため、確認した上で定期的に行うようにしましょう。

h3違和感を感じたらメーカーへ問い合わせる

浄水器を使っていて違和感を感じる場合もあると思います。

そのときは、速やかにメーカーへ問い合わせましょう。

どのような症状が起きたか伝えると、対処方法を教えてもらえます。

h2浄水器はいくらで購入できる?

浄水器は安い製品だと2000円程度で済みますが、高価なものだと数十万円する製品もあります。

ただし、高価な浄水器を安く使いたい人もいると思います。その場合はレンタル浄水器のサービスを利用するのがベストです。

毎月2,000円前後で、浄水器を借りられます。

またレンタルの場合には、フィルター(カートリッジ)交換費が無料となっているため、安く浄水器を導入したいという人にはおすすめです!

h2浄水器は正しく使ってこそ安全!

浄水器を使えば安心安全という考えは間違いです。

浄水器は正しく使って、定期的なメンテナンスや掃除を行なってこそ安心安全な水を出すことができます。

浄水器は正しく使ってこそ初めて安全であるという事をしっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器は必要?浄水器を導入するメリット・デメリット

浄水器が必要不可欠だと感じている人がいる一方で、「浄水器なんて必要ってあるの?」と疑問に思う人もいます。
そこで今回は、浄水器の必要性や、浄水器を導入するメリット・デメリットについて詳しく解説いたします。

浄水器はなぜ必要とされているの?

浄水器の必要性はここ数年で高まってきています。
一体どのような理由で、浄水器が必要とされてきているのでしょうか?

理由1:安心安全な水

浄水器を使うと水に入っている様々な不純物を取り除いてくれます。
浄水した水を飲めば体内に不純物が入る確率も減るため、普通の水道水と比べて安心安全に飲めるというメリットがあります。
水道水の消毒用に含まれている塩素(カルキ)が体や美容に悪いと言われたことからこういった安心安全な水が求められるようになってきました。

理由2:美味しい水

浄水器を使うと水道水に含まれている塩素も取り除かれて、水の味が変わります。
浄水器の性能や種類によって異なりますが、水の味がマイルドになったと感じる人もいるようです。
また、不純物を含まない水で調理をした方が料理が美味しくなるという話もあり、こういった浄水器の需要増加につながってきました。

理由3:肌に優しい水

水道水に含まれる塩素(カルキ)が肌に悪いということから、浄水した水を飲むだけではなく、お風呂など生活用水として使う人もいます。
美容ブームや健康ブームなどから、こういった水道水に含まれる塩素に注目されたことから、浄水器の需要は高まっていったと言えます。

浄水器を導入するメリット

浄水器を導入する一番のメリットは、水道水の不純物が取り除かれ、安心安全な綺麗な水が手軽に手に入ることです。
特に赤ちゃん用のミルクなどは不純物が出来る限り少ない水を使用するのが良いと言われているため、赤ちゃんができると共に浄水器を導入する方も多いです。
浄水器によって不純物の取り除かれ具合は異なりますが、やはり水への安心感が浄水器を導入する最大のメリットと言えます。

浄水器を導入するデメリット

浄水器を導入する最大のデメリットは「コスト」です。
浄水器の導入費用だけではなく、カートリッジ交換のランニングコストが発生し続けます。
浄水器を使い続ける限りコストは発生するため、水にお金をかけたくないと言う人にはデメリットでしかありません。
ただし、例えば蛇口直結型の浄水器であれば数千円程度から購入できたり、レンタルの浄水器サービスを利用すれば、初期費用無しで月額2,000円程度で浄水器が導入できます。

浄水器導入時の注意点

浄水器を導入する際には次のようにいくつか注意しておかなければならない点があります。

(賃貸の場合は)浄水器を付けても良いか聞く

賃貸物件に住んでいる場合は、浄水器を付けて良いか不動産担当者に聞いた方が良いでしょう。
なぜなら、物件によって浄水器の取り付けを禁止しているケースもあるからです。
また、物件によっては住人向けに格安の浄水器を提供してもらえる可能性があるため、浄水器導入を考えているのであれば、一度不動産担当者への確認をおすすめします。

浄水器の販売価格

浄水器は安いポット型の手軽な浄水器から、アンダーシンク型や据え置き型のように数万〜十数万円もする高価なものまで存在します。
また、同じメーカーの浄水器でも販売場所によって販売価格が異なります。
店舗によっては、1.5倍値段が違う場合もあります。
路面店・ネット通販での販売価格を比べてから購入しましょう。

目的を決めてから浄水器を購入する

何のために浄水器を購入するか決めておくのも大事です。
なぜなら、浄水器によって使用用途が多少異なるためです。
とくに、浄水器で熱湯をろ過することがあるかどうかは必ず確認しましょう。
ほとんどの浄水器は熱湯に弱いため、熱湯をろ過することはできませんが、浄水器によっては熱湯に弱い浄水器が存在します。
また、熱湯の利用ができる浄水器でも、上限温度は製品によって違うので、購入前にしっかりと使用用途を決めておきましょう。

 安心安全な水を使いたい人は浄水器導入がおすすめ!

浄水器を導入する最大のメリットは、水への安心感です。
安心安全かつ美味しい水を飲みたい、使いたいという方は、浄水器を導入してみるのがおすすめです。
今は初期費用がなく導入しやすい浄水器レンタルサービスも多く存在しているため、ぜひこの機会に導入してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器のカートリッジ(フィルター)の交換時期と使用期限

浄水器には、カートリッジが必要不可欠です。
ただし、カートリッジには適切な交換時期や使用期限があるため、適切な時期に交換しなければ浄水器自体の浄水性能が落ちてしまいます。
そこで今回は、カートリッジの交換時期や使用時期などについて詳しくご紹介いたします。

浄水器のカートリッジ交換時期はいつ頃が良い?

浄水器のカートリッジ交換時期は浄水器の機種によって異なります。
短いものだと3~6カ月程度です。
長いモノでも1年以内に交換するケースが多いです。
浄水器の説明書に、カートリッジに交換の目安が記載してあるので、まずはそれをしっかり読み、自身の浄水器のカートリッジの交換時期の目安を把握しておきましょう。

カートリッジの使用期限は?

未開封の状態でカートリッジを保管している人もいらっしゃると思います。
基本的に未開封であればカートリッジの使用期限は特にありません。
ただし、メーカーによっては未開封での使用期限を記載しているケースもあるため、カートリッジを購入するときは使用期限などに注意しながら購入するようにしましょう。

カートリッジの交換をしないとどうなる?

カートリッジの交換をしないと、浄水器自体の次のような不具合につながってきてしまう可能性があります。

浄水器内に汚れがたくさん溜まる

水道水に含まれている汚れは、日々浄水器のカートリッジ内に溜まります。
つまり、交換をしなければ汚れが溜まり続けるということです。
汚れが溜まり続けると、浄水器内で雑菌が繁殖する危険性が高まります。
結果として、水道水を浄水器に通してもきれいになりづらくなるのです。
きれいに浄水し続けたい場合には、必ず定期的にカートリッジの交換をすべきだといえるでしょう。

カートリッジを通過できる水量が減る

カートリッジに汚れが溜まり続けると、浄水器内の水道水の通り道は細くなります。
結果として、カートリッジを通過できる水量が減ります。
そのため、一度に浄水できる量も減るため、水量の減少にも繋がります。
「最近水の出が悪いなぁ」と感じた場合には、もしかしたらカートリッジの定期交換のサインかもしれません。

カートリッジを長持ちさせる使い方ってないの!?

実は、カートリッジは、使い方によって長持ちします。
1番大切なのは、浄水器の清掃をコマメに行うことです。
ただし、浄水器の洗浄に洗剤を使うと浄水器自体を傷める恐れがあるため、ブラシなどで軽くこする程度がベストです。
また、お湯を浄水器に通さないのも大切です。
お湯を浄水すると、カートリッジだけではなく浄水器の劣化速度が速まる危険性もあります。
浄水器が壊れると修理の手間と費用も発生していまいます。
カートリッジ・浄水器の説明書に適切な使い方が載せてあるため、確認してから浄水器を使ったり、お手入れをしたりするようにしましょう。

カートリッジは、どこで購入すれば良い?

カートリッジは実に様々な場所で購入可能です。
メリットとデメリットをそれぞれ載せてあるのでぜひ、参考にしてみてください。

ホームセンター・家電量販店

最も手軽に購入できるのは、ホームセンターや家電量販店です。
現物を実施に見れるというのが最大のメリットです。
店員にも聞くことができるため、カートリッジ選びをより慎重に行いたい人はこういったリアル店舗で購入するのがおすすめです。

通販サイト

カートリッジは、通販サイトでも購入可能です。
取り扱っている製品数もリアル店舗より多いため、目当てのカートリッジが見つかりやすいのがメリットです。
ただし、実物を確認できなかったり、新しい種類のカートリッジを選ぶ際には間違えを起こす危険性があるので注意が必要です。

必ず使う前に交換時期と使用期限を把握しよう!

浄水器のカートリッジの交換は面倒な上、ついつい忘れてしまいがちです。
ある調査では浄水器を使っている約半数以上の世帯がカートリッジを適切な交換時期に交換しておらず、長期に渡って使い続けているという結果が出ています。
同じカートリッジを長期間使い続けると、浄水性能が落ちるだけではなく、浄水器自体がトラブルを起こす恐れがあります。
必ずカートリッジの説明書をよく読み、適切な交換時期と使用期限を把握した上で、使うようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器のカートリッジ(フィルター)の種類と賢い選び方

浄水器にはその浄水機能を司るフィルター(カートリッジ)が必要不可欠です。
浄水器を使い続ける限りフィルターを購入し続けなければなりません。
フィルターによって使われている素材は異なります。
いくら高い浄水器を購入しても、フィルターとの相性が悪ければ浄水効果は期待できません。
そこで今回は、浄水器のフィルターの基礎知識や、種類、選び方についてご紹介します。

そもそも、浄水器のフィルターって何?

浄水器において、フィルターとは、水道水の不純物を取り除くために設置されている部分です。
カートリッジとも呼ばれます。
フィルターの性能次第で、不純物の取り除かれ方が変わります。
また、フィルターに汚れが溜まると水が浄水されづらくなるため、コマメなフィルター交換が必要です。
つまり浄水器の性能を決めるのはこのフィルター(カートリッジ)と言っても過言ではありません。

フィルターの種類

フィルターといっても実に様々な種類があります。
種類によって不純物の取り除かれ方や性能が大きく異なります。
フィルターは主に次の4種類が使われています。

活性炭

浄水器の最も一般的なフィルターといえば活性炭です。
活性炭とは石炭や木などを高い温度で処理したもので、活性炭内にある炭素が水の不純物を取り除いてくれます。
活性炭のフィルターは蛇口直結型の浄水器で使用されることが多い傾向があります。

セラミック

セラミックとは、酸化物・炭化物など出来ている物体です。
水に潜む細菌のろ過に役立ち熱湯に強いのが特徴です。
ただし、フィルター内に汚れが詰まりやすいため、1つのフィルターの長期使用には向いていません。

イオン交換樹脂

金属イオンと呼ばれる物質で作られているフィルターも存在します。
イオンが排出され続ける限り使えます。
ただし、水の不純物を全て除外できるわけではないため、他の素材のフィルターと併用する形となります。
他の素材のフィルターと併用するため、さらにコストが高く付くのもネックと言えます。

ろ過膜

ろ過膜は、不純物をストップさせる膜状の物質です。
糸の束に不純物が付着する仕組みとなっています。
「中空糸膜」「不織布」の2種類ありますが、一般的に使われるのは中空糸膜の方です。

浄水器のフィルターを選ぶ3つのポイント

実際に、浄水器の性能を決めるのはフィルターの性能と言っても過言ではありません。
ここでは、そんなフィルターの選び方の3つのポイントを紹介します。

ポイント1:コスト

フィルターを選ぶ際、コストは重要なポイントです。
フィルターの性能が良くても、フィルターにコストをかけすぎると、浄水器もそれだけ高価になります。
同じ素材のフィルターであってもメーカー・販売元で値段は異なるため、各メーカーや販売元で価格を比較してから購入するのがポイントです。

ポイント2:使用用途

不純物をどこまで取り除きたいかによって、フィルターで使うべき素材は変わります。
また、特に熱湯を浄水したいという場合には、熱に強いセラミック製のフィルターを使った方が良いと言えます。
また、より多くの不純物を取り除きたいのであれば、ろ過膜、特に逆浸透膜を使った素フィルターがオススメです。
このように、用途に合わせて、フィルターを選ぶのもポイントです。

ポイント3:浄水器との相性

浄水器によっては、推奨フィルターが提示してあるものもあります。
このようにフィルターと浄水器の相性も選ぶ大きなポイントです。

浄水器の購入の際、フィルターのランニングコストに注意!

浄水器によっては、高額なフィルターを使い続けなければならない場合もあります。
仮に、浄水器本体の価格が安くても、ランニングコストが発生して長期的には費用が高く付く恐れもあります。
このようなフィルターのランニングコストも考慮した上で、浄水器を購入を検討しましょう。

フィルター選びは慎重に!

フィルターの素材は、浄水機の性能自体を決めると言っても良い、重要な要素です。
浄水器の効果を最大限に出すためにも、また、フィルター選びで失敗してしまわないためにも、フィルター選びにこそ細心の注意を払うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと見る

2018年11月20日

浄水器で赤ちゃん用のミルクを作るメリット・デメリット

赤ちゃんのミルクを作るときは、不純物が入っていない水を使った方が良いです。
主婦の中には、浄水した水でミルクを作っている方もいます。
そこで今回は、浄水器の水で赤ちゃんのミルクを作るのが有無。浄水器の水を使うメリット・デメリットを紹介します。

浄水器の水で赤ちゃんのミルクを作るのはアリ?

浄水器の水で赤ちゃんのミルクを作るのはアリです。
現在は、赤ちゃんのミルクについて真剣に考える母親も増えてきました。
身体に害を与えないために使っている親もいます。

浄水器で赤ちゃんのミルクを作る際のメリット

浄水器の水を赤ちゃんのミルクに使うメリットを見てみましょう。
主なメリットは次の3つです。

メリット1:カルキなどが取り除かれる

浄水器を使うと、水道水に含まれるカルキなどが取り除かれます。
赤ちゃんに安全な水を飲ませたい人にピッタリです。
赤ちゃんは成人男性と違って身体が弱いため、意識した方が良いでしょう。

メリット2:装着が簡単

浄水器の装着は比較的簡単です。
たとえば蛇口に取り付ける浄水器であれば、数分で取り付けが完了するケースもあります。
浄水器経験がない人も、安全に取り付けられる製品も多く存在します。
蛇口直結型やポット型など手軽な浄水器から購入するのも1つの手です。

メリット3:ランニングコストが安い

ウォーターサーバーや市販の水を使う場合と比べて、比較的安い金額できれいな水を飲ませることができるのも浄水器を使うメリットと言えます。
ミルクを何度も作るご家庭であるほどお得です。
節約志向が強い方にも、浄水器の使用はおすすめできます。

浄水器で赤ちゃんのミルクを作る際のデメリット

一方で、浄水器を使うデメリットもあります。
主なデメリットは、次の2つです。

デメリット1:種類やメーカーによって、浄水精度が異なる

浄水器の種類やメーカーによって浄水精度は異なります。
また、浄水器を使っても、水道水に含まれている不純物が完全に取り除かれるわけではないため注意が必要です。
浄水器購入時は、精度が高い製品を選びましょう。
主に浄水器は次の3つの種類が主です。

蛇口直結型

蛇口直結型は、その名の通り蛇口に取り付けるタイプの浄水器です。
数千円で購入できる製品もあります。
ただし、カートリッジの交換感覚が短いので、長期間使う場合、コスパが悪くなる可能性もあるのでご注意ください。

据え置き型

据え置き型は、シンクの上に置いて使うタイプがほとんどです。
フィルターの寿命が長い浄水器が多く、フィルターの寿命が長い製品もたくさん販売されています。
ただし、場所をとって邪魔になるケースもあります。

アンダーシンク型

主に流しの下へ設置するパターンの浄水器です。
流しの下に設置するため、台所のスッキリ感が出ます。
また、フィルターの交換頻度も年に1回程度の製品も多く、メンテナンスも便利です。
ただ、蛇口型や据え置き型と比べると、高価な浄水器も多いため初期費用も高くなる傾向があります。

デメリット2:カートリッジの交換が必要

浄水器の場合は、カートリッジの交換が必要になります。
使用期限が訪れるたびに、カートリッジを購入し、交換しなければいけません。
カートリッジの交換を怠ると、浄水機能が低下する恐れもあるため気をつけましょう。

浄水器の水を飲ませるときの注意点

浄水器の水を赤ちゃんに飲ませるときに一番大事なのは、浄水器に水を通したからといって不純物が完全に取り除かれるわけではないということです。
前述の通り、浄水器によっては不純物が取り除かれないケースもあるため、浄水器の水をミルクで使う場合も煮沸消毒することをおすすめします。

赤ちゃんには精度の良い浄水器と煮沸消毒を!

赤ちゃんのミルクには不純物がなるべく入っていない方が良いと言えます。
手軽に水から不純物を取り除く道具として、浄水器は非常に便利です。
しかし、不純物を完全にゼロに出来るわけではないため、浄水器で濾過した水であっても念のため煮沸消毒も合わせて行うようにしましょう。
ぜひ、お子様の身体を守るためにも、浄水器の導入を考えてみてください。

 

もっと見る
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器はこちら Recommended Water Purifier

Purest
(ピュレスト)

Purest(ピュレスト)

daiohs

家族と家計にやさしい

水道直結型ウォーターサーバー。月額2980円、3980円で冷温水機能付きの使い放題です。クリーン機能が付いているのでメンテナンス不要。使い勝手もばっちりです。

詳しく見る

ナノラピアネオ

waterstand

おしゃれなデザインが
話題

白を基調としたナチュラルなデザインで人気!こちらも冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。見た目だけでなく安心の浄水精度にも注目。ただし、関東限定。

詳しく見る

Cool Qoo
(クール・クー)

Cool Qoo(クール・クー)

andwater

充実の機能でいつも清潔

自動クリーン機能など、庫内を清潔に保つ機能が充実した浄水器。上位2つと同様に冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。高機能な分レンタル料はやや高め。

詳しく見る

おすすめコラムはこちら Recommended Column

水はたくさん飲むと美容にいい?適度な量や飲み方を解説!

モデルや女優の方が水をたくさん飲むことで、美容にいい効果があると話を聞いたことがありますが、水はたくさん飲むほど、美容にいい効果があるのでしょうか。適度な量があれば、参考にしたい方も多いでしょう。

今回は、たくさん水を飲むと美容にいいのか、適度な量や飲み方について紹介していくので、参考にしてみてください。

理想は1日1.5リットル

水分補給はとても大切なことですが、飲み過ぎは体によくないこともあります。基本的に、人が何もしなくても排出する水の量は、1リットルあると言われているのが特徴です。

また尿や便として1.3リットル排出されます。そのため、1日の排出量である2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があるのは確かでしょう。

ただ飲料水から、1日の排出量を補う必要はありません。食事にもある程度の水分は保有してあり、0.6リットルほどの水分を食事で摂取しています。

また食べ物を分解している途中で、0.2リットルの水を摂取しているので、1.5リットルほどを飲料水から補えば、1日の排出量を補うことが可能です。

水の摂取量は多くても少なくても危険

人間の体は60~65%は水分から出来ています。水の働きで栄養や代謝物の運搬、体温の調節を行っているのです。そのため、水分は排出量と摂取量のバランスが取れていれば、ベストな体調管理を行うことができます。

しかし、バランスが崩れてしまうと、様々な症状を引き起こしてしまうのです。水分不足に陥った場合は、脱水症や熱中症の原因になります。ただ摂取し過ぎもよくありません。

水中毒といって、内臓に負担がかかりすぎることで、体がだるくなったり、消化不良を引き起こすこともあるので、気を付けないといけません。

体内のナトリウム濃度が低下すると、命の関わる危険性もあるので、十分注意が必要です。

水分は1日に8回程度こまめに飲む

水はたくさん飲むと美容や健康にいいという訳でもなく、適度な量で一度に大量の水を飲まないことが重要です。理想的なのは、1日に8回程度こまめに分けて、1.5リットルの水を飲んでいく必要があります。

また飲むタイミングについても、適切なタイミングがあるのか紹介していきましょう。

・朝起きた時

朝起きた時は、寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分が失われているため、水分不足に陥りやすいのが特徴です。そのため、血中のミネラル濃度も高くなっていることから、朝一番に水を飲むことが重要になります。

・運動する時

運動中には大量の汗をかき、多くの水分が失われます。またナトリウムやミネラルも失われる可能性があるでしょう。体重の2%の水分を失うと、人は脱水症状になってしまうことがあります。

スポーツドリンクでも脱水症状を補うことはできますが、糖分濃度を抑えることで美容にもいい影響があるので、普通の水を飲む方がいいでしょう。

・入浴時

入浴時にも汗はかきます。そのため、入浴前と入浴後に水を飲み、血液がドロドロになることを防ぐことが大切です。冷たい水を飲むと、体が冷えてしまうので、理想的なのは常温の水を用意しておくことなので、事前に準備しておきましょう。

・就寝前

就寝前の水分補給も重要です。寝ている間に水分は失われるので、寝る前にはコップ1杯分の水を飲むようにしましょう。

水はこまめに適量飲むことが大切

水はたくさん飲むと美容に良いというイメージがありますが、飲みすぎは体に毒です。体の健康や美容のためにも、適量をこまめに飲んでいくことが重要になります。

また飲むタイミングも意識することが大切です。水分不足に陥る前に水分を補給し、体調を整える意識を行うようにしましょう。

今回紹介した水を飲むタイミングを参考に、生活習慣を改めてみてください。

> 続きを読む

水にダイエット効果はある?水太りや飲むタイミングについて解説!

美容や健康にいい影響を与えてくれる水ですが、十分な量を飲めばダイエット効果を得ることはできるのでしょうか。反対に水太りにならないか不安に感じる方も多いでしょう。今回は、水にダイエット効果があるのか、また水太りや飲むタイミングについても解説していくので、参考にしてみてください。

水を飲むことでダイエット効果が得られる?

人は年齢を重ねるごとに体内の水分量が減るため、水を飲むことで肌に潤いや健康効果を与えることができます。ただそれだけでなく、水を十分な量飲むことで、ダイエット効果を得ることが出来ると言われているのです。

水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環がよくなり、代謝を向上させることができます。代謝が高まることで、エネルギー消費量が増えるので、ダイエット効果を得ることが可能です。

また水を飲むことで、便秘の改善を行うことができます。便を柔らかくすることで、便を排出しやすくし、腸のぜん動運動を促進ことにも繋がるのです。

水の飲み方が悪い場合は水太りの可能性

美容や健康、ダイエットにいい効果を与えてくれる水ですが、飲み方が悪い場合は水太りする可能性があると言われています。またむくみの発生も考えられるので、飲み方には十分注意する必要があるでしょう。

水太りする可能性のある飲み方とは、一度に大量の水を摂取してしまうことです。一気に水を摂取すると、細胞内に水が溜まり、水膨れ状態になってしまうことから、脳の中枢に異常が出てしまいます。その結果、水太りになってしまうことがあるそうです。

一度に500ml以上の水を飲んでも、吸収が悪くなってしまい、水太りになってしまう恐れがあるので、こまめに飲むことを意識し、8回~10回にわけて水を飲んでいく必要があります。

水を飲むタイミングもダイエットには重要

水を効果的に摂取するためには、飲むタイミングも工夫することが大切です。どのタイミングで水を摂取すれば、ダイエットに効果的になるのか、詳しい内容を紹介していきます。

・起床後

朝起きた時には、10分以内に1回目の水をゆっくり飲むことが重要です、その際に、体温より低い温度の水を飲むと、体に水が吸収するまで時間がかかるので注意しましょう。

・運動前

運動前に少量の水を飲むのも、脂肪燃焼を促すことができるので、おすすめです。運動後には多めの量の水を飲むことで、ダイエットを促すきっかけになります。

事前に水を摂取しておけば、運動時の水不足の防止や代謝促進効果が期待できるでしょう。

・食事の30分前

食事の30分前に水分補給することで、食べ物の栄養を吸収しやすくする効果が期待できます。また胃腸の働きを促すこともできるので、事前に飲んでおくと健康的にもいい影響を与えることが可能です。

食事前のタイミングは、摂取カロリーを減らす効果もあり、ダイエットに最適な水を飲むタイミングと言われています。

・入浴前後

お風呂に入ると大量の汗をかくため、体内の水分量が失われます。そのため、入浴前に水を飲むことで、脱水症状を予防できるだけでなく、代謝を上げる効果も期待できるでしょう。入浴後にも、しっかり水分を摂取することで、体内に水分を与えて、肌に潤いをプラスすることができます。

水でダイエット効果を得るならタイミングや飲み方が大切

水はダイエット効果が期待できますが、一気に飲んでしまうと、水太りの原因なる可能性があるため、注意が必要です。

こまめに水分補給を行い、適切なタイミングで水を摂取することで、効率よく脂肪燃焼効果を与えることができます。

どのタイミングで水を飲めばいいのか、しっかりタイミングを把握した上で、水でダイエットすることを検討していきましょう。

> 続きを読む

水の摂取量と美容の関係とは?1日の必要な摂取量を紹介!

健康や美容にいい効果を与えることができる水ですが、水の摂取量によって美容効果は異なるのでしょうか。また1日に必要な水の摂取量とは、どれくらいの量を飲めばいいのか気になります。

今回は、水の摂取量と美容の関係、1日に必要な摂取量などを紹介していくので、参考にしてみてください。

体の水分と年齢の関係

人間の体は成人で、60%もの水分で出来ています。血液や細胞についても、水分で構成されているため、水分が失われると、健康も損ねる可能性があります。

具体的には、体内の水分量が5%失われると、脱水症状や熱中症を引き起こし、10%失われると筋肉の痙攣や循環不全、20%失われると生命の危機を感じると言われているのです。

また体内の水分量は、若さのバロメーターとも言われていて、胎児の場合は90%・新生児なら75%・子供なら70%・成人なら60~65%・高齢者になると50~55%と、年齢を重ねるごとに体の水分量は減っていきます。

体内の水分が少ないほど、細胞の劣化が早くなる可能性が高いので、十分注意が必要です。

体内の水の種類

人間に欠かせない体内の水分ですが、体内の水には2種類あります。「細胞内液」と「細胞外液」です。細胞内液は、細胞内に存在していて体内水分の3分の2を占めています。

残りの3分の1が細胞外液です。体内を循環している血液やリンパ液、細胞間液などが該当し、肌の細胞に酸素や栄養を届けたり、老廃物を排出する際に、体にとっていい働きを行ってくれます。

体の水分が減少すると、美容だけでなく、これらの健康にも影響を及ぼし、様々なトラブルの原因になる恐れがあるでしょう。

肌の水分と年齢の関係

健康な肌の表皮の角質層には、20%~30%の水分が含まれています。ただ加齢によって水分保持力が低下し、水分が蒸発することで肌が乾燥してしまうのです。肌の乾燥が進むと、肌荒れや肌老化に繋がりやすくなります。

そのため、誰でも加齢に伴い、肌質が乾燥肌になってしまう可能性があるので注意が必要です。肌老化を出来るだけ防ぐためには、保湿をしっかり行い、乾燥肌対策を行うことが、肌年齢を若々しく保つために重要になります。

体内から水分補給を行い、血液循環を促すことも肌の水分を保持するために大切です。水分量が少ないと、細胞に栄養が行き届かなくなるので、水分補給はこまめに行いましょう。

加齢に伴い、肌の水分量は失われていきますが、体内から水分補給を行えば、キメが整い透明感のある若々しい肌を手に入れることができます。

1日に必要な水分量

人間は運動などで汗をかかなくても、水分が失われていきます。1日に0.9リットル~1リットルの水分は失われていくでしょう。

また尿からでも1.5リットル~1.6リットルの水分が排出されていくので、合計で2.5リットル近くは、水分が排出されることになります。

食事などにも水分が含まれているため、全て飲料水から水分を補う必要はありません。それでも、1日に1.2リットル以上は飲料水から水を補給する必要があります。

体重や年齢、運動量によっても必要な水の量は異なりますが、こまめに水を摂取することは大切です。

必要な水を摂取することで美容にいい効果がある

人間が活動する上では欠かせない水は、加齢に伴い、体内の水分量が失われていきます。摂取量を増やすことで、肌の細胞に栄養が行き届くきっかけにすることができるため、美容にいい影響を与えてくれるでしょう。

いつまでも若々しい肌を実現するためにも、1日に必要な水はしっかり摂取し、肌に潤いをプラスすることが大切です。

何もしなくても、1日に体内の水分量は徐々に失われていきます。飲料水で体内の水を補うことが大切なので、しっかり水を飲んで肌に潤いを与えていきましょう。

> 続きを読む
コラムをもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器一覧

口コミ投稿はこちらから