メニュー 閉じる
おすすめ
浄水器一覧
浄水器
ランキング
浄水器
お役立ちコラム

画像:アイコン 浄水器・ウォーターサーバー探しに役立つお役立ちコラム一覧

2018年12月11日

自分に合った浄水器を選ぶための4つの性能比較ポイント

世に数多くの浄水器が存在するなかで、何を基準に選択すればよいか頭を悩ませる人もいるでしょう。コストをかければその分高性能の製品を購入できるものの、かけられるコストに限度があるはずです。大切なのは自分に合った浄水器の選び方をすることです。大きく4つの性能比較ポイントを熟知したうえでの選択をすれば、後に後悔することは少なくなるでしょう。

選ぶときの4つの性能比較ポイントとは

これから選んでいくにあたって、まず「フィルター」「コスト」「使いやすさ」「形状」の4つのポイントを意識するのが大切です。毎日長く使うものであるからこそ、さまざまな要素をかんがみての選択をするのが望ましいといえます。フィルターの種類によ

よって何の不純物を除去できるかは変わっていくものです。美味しい水を飲むためにはフィルターにこだわるのが基本中の基本となります。水分子以外のほぼすべての物質を除去できる逆浸透膜、不純物をろ過するろ過膜、金属イオンを無害なイオンに交換するイオン交換樹脂などがあります。どのフィルターを選択してもすべての不純物を除去するのは難しく、複数のフィルターを合わせたものを選択することになるでしょう。材質のみならず、大きさによってもろ過能力が変わっていくため、細部にわたって確認すべきです。

コスト面においては本体が大きければそれだけコストがかかると認識して問題ありません。さらに、導入コストのみならず、ランニングコストもかかることを覚えておいた方がよいでしょう。メンテナンスを行うとその都度コストがかかるため、単純にコストをかけなければよいというわけではありません。ろ過能力が高くて1年に一度程度の交換で済むものを選択するのがおすすめとなります。取り付け方法やカートリッジの交換、さらにはメンテナンスを行うときなどに使いやすいかどうかも判断材料のひとつとなるでしょう。また、蛇口直結型、据え置き型、ポット型などのさまざまな形状が存在するため、自宅で問題なく使用できるものを選択するのが基本です。そして、本体の形状や大きさがそのままろ過能力に直結するという点も加味しましょう。これらの4つのポイントを加味して選択をすれば、おおよそ選択を間違えることはありません。

何を取り除きたいかを性能比較考慮する

主な機能は取り除くことにあります。そのため、浄水器を選択するにあたって何を取り除きたいかを考慮するのが大切です。カルキ臭の原因である塩素はどれを選択しても気になることはありません。しかし、カビ臭や生臭さについてフィルターの量の多い大型の製品を選択しないと、まだ気になるレベルと感じるでしょう。鉄分が混ざったカナ気については中空糸膜を使用した製品を選択するのがよいでしょう。また、据え置き型や高機能や製品の場合は臭いが取れるだけではなく、美味しいと感じる水になるのも特徴です。基本的な性能比較には高機能な製品を選択した方が満足度は高くなります。

信用に値する浄水器の性能比較と特徴

浄水器を選択するときは、まず取り除ける物質が表示されているかを確認しましょう。高機能の製品であっても10項目程度であるため、何でも取り除けるという製品は信用するに値しません。さらに、浄水器協議会に加盟していれば、家庭用品品質表示法による品質表示の各項目が表示されています。安心して購入するにあたって重要な要素です。まずはこれらの条件をクリアしているかを確認しましょう。

まとめ

浄水器の性能比較や機能は製品ごとに異なります。特に注目すべきは「フィルター」「コスト」「使いやすさ」「形状」の4つの要素です。コストをかければ機能面は充実するものの、予算に合わない人もいるでしょう。自身が何を重視して選択するかが大きなポイントになります。取り除けるものを事前に把握し、さらには信用に値する浄水器であるかも確認しておきましょう。長期にわたって使用する製品だからこそ、コンセプトに沿っての選択をするのがおすすめです。

 

もっと見る

2018年12月11日

浄水器を使用すればなぜ安全で美味しい水を作れるのか仕組み解説

水道水の不純物を取り除くことができる浄水器は、健康を意識する人にとって力強い味方となります。しかし、多くの人が浄水器を使用しているものの、なぜ安全で美味しい水を作れるのかという根本の仕組みや原理を分かっていない人も少なくありません。ここでは根本の原理について解説をいたします。大きなポイントになるのは水道水をフィルターに通して不純物を取り除く点です。

浄水器の基本的な仕組み

浄水器の仕組みはフィルター何層からなるもので、それぞれで役割も異なります。活性炭は不純物を捉えてろ過するのが特徴です。逆浸透膜は不純物をろ過することができて、精密ろ過膜は微生物の除去に効果を発揮します。中空糸は濁りや鉄サビなどのミクロの汚れを取り除けるものです。その浄水器にはどういったフィルターが取り扱われているかを知るのが肝心です。浄水機能に大きく関係するのがフィルターの種類であり、求めている効果と一致するかを確認しましょう。また、取り扱いを間違えてしまうとフィルターの効果を失い、カビが生えてしまうということもないわけではありません。除去できる物質は仕組みが各メーカーで違い、それぞれが試験を行い、その結果が公表されています。購入するにあたっての目安にするのはもちろん、それぞれのフィルター性能の比較検討を行うのにも役立つでしょう。

水道水に含まれるトリハロメタンとは

水道水は生涯にわたって連続的に摂取しても健康に影響を生じないレベルは担保されています。しかし、まったく不純物がないというわけではありません。水道水中に含まれるトリハロメタンは有機物と塩素剤が反応してできる物質であり、発がん性が疑われるものです。この水道水中に含まれるトリハロメタンを除去や現象させる機能を有する仕組みや性能を持っているのが浄水器となります。健康に影響を生じないレベルは担保されていても、摂取量を減らせるのなら減らしたいと考えるのは当然です。毎日飲む水に安心を与える役割を担っています。

また、美味しさの理由となるのは残留塩素を取り除く機能を有しているためです。ミネラル成分をそのまま残しつつ、水本来の美味しさを引き出せるのは、残留塩素を取り除けるためです。残留塩素が一定以上存在することで、消毒することが法律で規定されています。雑菌に侵されやすいという特徴もあるため、保存には適していないことを覚えておいた方がよいでしょう。安全かつ美味しい水を作れる理由はこのように明確に存在し、水道水との違いは実際に飲んでみるとその違いが分かるはずです。

まとめ

浄水器を使用することで水道水に含まれる不純物をフィルターを通して除去できます。しかし、それぞれのフィルターによって何を除去できるかは変わるため、事前に仕組みや性能を確認した方がよいでしょう。除去できる物質は各メーカーの公表されている試験結果を確認すれば判断できます。また、水道水中に含まれるトリハロメタンを除去することで美味しい水を作れて、毎日飲む水をより美味しくできるのが浄水器を使用するメリットです。

 

もっと見る

2018年12月11日

浄水器とアルカリイオン整水器のメリット・デメリットを網羅

日々の生活で飲み水にこだわるのであれば、浄水器やアルカリイオンアルカリイオン整水器を設置するのがひとつの方法です。どちらも水をきれいにする目的は同じであるものの、機能が異なるのが注意点です。また、性能や金額には整水器にはどういった違いあるのでしょうか。それぞれにメリット・デメリットがあるため、両方を理解したうえでの選択をするのが望ましいです。

それぞれのメリット・デメリット

浄水器は水道水の残留酸素や有害物質を取り除く機能を有しています。天然の水よりも美味しくかつ安全に飲めるのがセールスポイントになります。しかし、人体に有益な成分であるミネラルを除去しない浄水器を選ばないといけません。また、浄水器には蛇口直結型、据え置き型、セントラル方式の3つがあります。蛇口直結型はリーズナブルな価格で必要な個所に取り付けるだけのものです。据え置き型は水道の蛇口にホースやパッキンといった部品を取り付けて浄水するものです。それぞれの製品で大きく価格が異なるため、予算に合わせての選択もできます。セントラル方式は水道の元栓に取り付けるのが特徴です。シャワーやお風呂の水も浄水されて、飲料や調理にも使用できます。

それぞれの製品によっても機能が異なり、高性能の製品を選択しないと求めている効果を得にくいというデメリットがあります。また、定期的に浄水器にセットされているフィルターやカートリッジの交換や清掃も必要です。定期的なメンテナンスを行うにあたってのコストがかかるのを覚えておいた方がよいでしょう。

アルカリイオン整水器のメリット・デメリット

整水器は水道水を電気分解することでミネラルを浄水器よりも増加させることができます。さらに、身体によいアルカリイオン水を生成するのも特徴です。アルカリイオン水には疲労回復、老化予防、下痢や便秘の改善などの健康面を考えると継続して飲む意味は大きいです。カートリッジで有害物質をろ過する機能も高く、酸性水も作れます。健康や美容を考えて水を毎日飲むにあたって、整水器を選択する意味は大きいものの、アルカリ性の水はアルミ製の鍋と相性が悪く、酸性水は銅の鍋と相性が悪いです。調理器具の使い分けをしないといけない点を覚えておいた方がよいでしょう。

また、導入コストとランニングコストがかかるのがデメリットになります。さらに、肝臓に病気のある人や赤ちゃんには適さない人もいます。アルカリイオン整水器を導入する場合は事前に確認しておいた方がよいでしょう。すぐに使用するのをやめてしまうと大きな損をしてしまうため、まずはお試しで導入するのもひとつの方法です。

どちらが適しているか

浄水器にもアルカリイオン整水器にもメリット・デメリットがあります。いちがいにどちらが優れているかとはいえません。それぞれにメリット・デメリットがあるからこそ、どちらを導入すべきかを考えるべきです。大きなポイントになるのが浄水器は水を浄化することに特化しており、ア整水器は水を整えるのに特化している点です。どちらの特徴が自身あるいはご家族まで含めて適しているのかは無視できません。もちろん、どちらを選択してもできるだけ高性能の製品を導入することを考えましょう。

まとめ

浄水器にもアルカリイオン整水器にもメリット・デメリットがあります。異なる機能を加味したうえでどちらを選択すべきかを考えるべきです。どちらを選択した場合でもデメリットになるのが導入コストとランニングコストです。しかし、高性能の製品を選択してこそ機能が高まります。予算と求める機能のバランスを考えての選択をしましょう。まずはお試しで導入するという方法もないわけではありません。

 

もっと見る

2018年12月11日

浄水器をメンテナンスしないとどうなる?適切なタイミングとは

浄水器を安心して使うためには、定期的なメンテナンスを行わないといけません。メンテナンスをしないとどうなるのか、そして適切なタイミングの目安を把握するのが望ましいといえます。導入すればずっと安心して使えるものではなく、定期的な手入れが必須であるのをこの機会に覚えておくべきです。塩素臭を取り除き、含有される有害物質は不純物を取り除くためにも定期交換がおすすめです。

家庭で快適に飲料水、料理用水として料理、飲み水として使える浄水器は塩素や有害物質などを取り除き、おいしい水を飲むことができることで、近年、多くの家庭で取り入れられています。浄水器は、使い続けていると、どうしても汚れや不純物の除去率が下がる、細菌が繁殖するなどのリスクがあります。各メーカーで定期交換の指針を発表しておりますので、基本的にはその交換時期に合わせて行うのがベストです。ただし、数日程度の日程の時期の変更ではそれほど問題ありませんが、数か月放置する、使用しない期間が長いなどになると雑菌が繁殖したり、機能が低下したりするリスクが増えてしまいます。定期的にチェックすることや、定期交換を過ぎて時間が経過し、水の味に少しでも異変を感じたら、交換の目安にするとよいでしょう。

使用につれて除去率はどんどん下がっていきます。カートリッジの不純物除去能力は通水量が多くなると、効果が薄れていく特徴があります。清掃や手入れをしないままだとフィルターで目詰まりが生じて、ろ過機能がうまく働かなくなるのが注意点です。フィルターはあくまでも消耗品であり、定期的なメンテナンスをしないといけません。また、フィルターの部分は清掃がしにくく、汚れや不純物、水が流れにくくなどでごみなどが多くなると不衛生になります。目につきにくく、そのまま放置されることがありますので、定期交換で一度一新して汚れを取り除くことをおすすめいたします。取り扱いに関する説明やメーカーの交換時期を目安にするとよいでしょう。

安全に使用するためには

浄水器を安全に使用するためにはまず本体やホースは年に一度は交換した方がよいでしょう。カートリッジの交換をしておけば安全性に問題ないとされているものの、黒カビが本体にも生えるのを忘れてはいけません。同じものを何年も使用するのは避けるのが鉄則です。メンテナンスを行うときには煮沸消毒をする人もいるものの、重要な成分が流出してしまって本体の劣化の促進になる可能性もあります。メンテナンスを行うにしても水温には気を配る必要があります。

最も確実となるのは販売元や交換専門のメーカーなど専門業者に定期的にチェック、管理してもらう方法です。費用はかかってしまうものの、安心して浄水器を使用するための必要経費といえるでしょう。できるだけ雑菌が発生する前に早めに交換することを意識した方がよいといえます。家庭の水道水に含まれる塩素の含有率は1リットルあたり0,01ppmと法律で定められており、定期的に性能を高めることで塩素臭も抑えられます。飲料水を快適に毎日使うためには、多少コストがかかっても、こまめなチェックとメーカーの使用を守ることが快適に利用するコツです。

メンテナンスを行ってこそ機能を維持できる

浄水器は使用すればどんどん機能は低下していきます。本体にはあとどれぐらいで取り換え時期であるのかといったカウントダウン方式の表示装置が備わっており、液晶で知らせてくれます。本体やホースやカートリッジの交換をするとともに、ほかのパーツのお手入れをするのも大切です。汚れが目立つ、あるいはゴムパッキンが弱くなってきたなどの問題点がある場合は交換時期といえます。浄水器は手入れを行ってこそ機能を維持できる製品であり、交換時期を守るのが鉄則です。

実際にミネラルウォーターを購入すると考えた場合のコストは圧倒的に安くできますし、毎月平均のコストとしても、水を快適に使い、飲料水として利用することを考えると、それほど大きな経済的な負担にならないので、ぜひうまく活用をすることをおすすめします。

まとめ

浄水器は手入れを行わないとどんどん機能が低下していき、不純物を取り除きにくくなります。安心して使用するためには定期的なメンテナンスを行うのが鉄則です。カートリッジの交換だけ行えば問題ないわけではありません。本体やホースにも寿命があることを覚えておいた方がよいでしょう。最も確実なのは専門業者に依頼することです。雑菌が発生する前に交換することも意識した方がよいでしょう。

もっと見る

2018年12月11日

浄水器を選ぶ際のサイズを合わせるための方法と注意点について

浄水器には5つのタイプがあります。どのタイプにもメリットがあるため、それぞれの方法の特徴を考慮しての選択をするのが望ましいといえます。蛇口が合わないという理由で浄水器を取り付けるのを諦めてしまう人もいるものの、ちょっとした工夫で取り付けるのは可能です。どういった点に気を付ければよいのかを詳しく解説していきます。

浄水器の5つのタイプについて

浄水器には「蛇口直結型」「据え置き型」「アンダーシンク型」「水栓一体型」「ポット型」の5つのタイプが存在します。蛇口直結型は蛇口の本体に取り付けるものです。リーズナブルな価格で比較的容易に取り付けられます。据え置き型は壁掛け式として使用し、浄水処理量が多いのも特徴となります。アンダーシンク型はキッチンの下に取り付けるものであるため、専門の工事が必要です。生活を送るにあたってさまざまな用途にわたって使用したい場合に適しているといえるでしょう。水栓一体型は水栓にカートリッジが組み込まれており、蛇口部分がホースとなって取り出せるのが特徴です。

どのタイプを取り付けられるかは蛇口の形から判別するのが一般的です。先端がストレートあるいは膨らんでいる、ネジ状となっている場合はさまざまなサイズに対応できます。シャワー水栓とハンドシャワー水栓の場合はサイズが異なる場合も多く、工事を行って対応することになります。もっともおすすめの方法となるのが分岐水栓です。現状の蛇口を活かしつつ、新しく作った吐水口に浄水器を取り付ける方法です。据え置き型の浄水器が使えるとともに、付け替えるのも容易にできます。

サイズを確認するうえにおいての確認事項

浄水器を取り付けるにあたって事前にサイズの確認をするのは基本中の基本です。浄水器を購入したのはよいものの、取り付けられないのでは大きな損となってしまいます。まず、蛇口直結型に対応できるかを確認しましょう。ほとんどの形状に対応しているものの、メーカーのサイトにアクセスすれば簡単にサイズを確認できます。ポット型の場合は冷蔵庫のドアポケットに入るかどうかが肝心です。自宅の冷蔵庫と照らし合わせてサイズを確認しましょう。

大きければろ過能力が高くなる

浄水器は大きくなるほどろ過能力が高くなるのが一般的です。本体の形状はサイズがそのままろ過能力に比例すると考えて問題ありません。しかし、コスト面において考えることもあります。導入するコスト、そして使い続けるうえにおいて発生するランニングコストがあります。大きさはまったく問題なくとも、用途に適しているかも同時に考えないといけません。長く使い続けるものであるからこそ、将来的にどれぐらいのコストになるのかをきちんと考えて対応しないといけません。本体はカートリッジのコストに目を奪われてしまう人も多いものの、メンテナンス費用についても考えていくべきです。中長期で考えたとき、どの程度のランニングコストがかかるかも、初期費用だけではなく長く使う観点から考えておくと、おおよその維持費用が割り出せるので安心です。導入するときに、メンテナンスやランニングコストはメーカーでも詳細に示してくれていますので、確認するようにしましょう。

まとめ

それぞれの5つのタイプの特徴を加味し、どのタイプが適しているのかをまずは確認すべきです。一般家庭で比較的容易に取り付けられるのが蛇口直結型となります。サイズを確認したい場合はメーカーのサイトにアクセスすればすぐに確認できます。タイプの選択は問題ないにしても、イニシャルコストばかりに目を奪われることなく、ランニングコストも考慮して選択をしましょう。カートリッジの交換によってランニングコストがかかるため、月々の分の費用も事前に計算しておいた方がよいでしょう。

もっと見る

2018年12月10日

タンク式の浄水器がおすすめの理由は浄水能力の高さにある

浄水器の設置によって水道水に含まれる不純物や放射性セシウムを取り除くことができて、おいしい水を安心して飲める要因になります。しかし、どの浄水器でも同じ機能であるわけではありません。価格や性能はもちろん、浄水能力にも大きな差があります。最も注目すべきは浄水能力に合わせて適切な選択をすることです。タンク式の浄水器がおすすめの理由に直結します。

タンク式の浄水器のセールスポイントとは

タンク式の浄水器は蛇口直結型よりも本体はカートリッジが大きいです。そして、浄水能力が高いものばかりであるのが特徴となります。不純物を取り除く浄水能力が高いものを求めるのなら、タンク式を選択するのがよいでしょう。しかし、毎時間あたりの浄水量が下がるという特徴もあります。浄水に時間がかかるのは各フィルターを通り、不純物がなくなった純粋な水が出てくるためです。据え置き型はおいしい水を飲むだけではなく、長期的に大量に水を使用するという人に適しています。おいしい水を飲むだけなら蛇口直結型を選択すれば問題ないものの、料理などのときに使う場合はタンク式を選択した方が便利です。流しのうえに設置するものの、それほど邪魔になると思うときは少ないです。

フィルターカートリッジの交換は半年~1年程度となります。価格は2万円~10万円ほどが相場であるものの、それ以上の価格のものもあります。使用されるフィルターろ材はそれぞれで異なり、イオン交換樹脂やセラミックろ材や天然鉱石などが主流です。メンテナンスが費用の機種もあるものの、フィルターはできるだけ1年に一度は交換して点検するのが望ましいです。定期交換することで、雑菌の繁殖やごみが詰まるなどの問題がなくなり、快適に水を使い続けられます。

人気のあるタンク式の浄水器の特徴

浄水器を選ぶにあたってタンク式を選択すべきといえるだけの理由はたくさんあります。数多くの製品が存在するなかで、人気のある製品の特徴としては有害物質を徹底して除去してミネラルを多く残すかという点です。高い有害物質除去性能が備わっているとともに、通水量も多いです。通水量は自身に最適なモデルを選択するのが望ましいといえます。もちろん、どのモデルを選択した場合でもおいしい水が飲める点は変わりありません。きめの細かいフィルターを使っていることも細菌や有害物質をしっかり除去できる理由になります。高性能活性炭もミネラルを残しつつ、農薬や汚染物質を除去できる理由です。

どのタイプを選択するかがポイント

タンク式

にはさまざまなセールスポイントがあるものの、問題となるのはどのタイプを選択するかです。同居する人数に合わせての選択をするのが基本中の基本となります。スリムタイプは単身者および3人以下の小家族に適しており、スタンダードタイプは4人以上の家族用です。ハイグレードタイプは4人以上の家族用であるとともに、微炭酸水が作れるというセールスポイントもあります。価格は高くなってしまうものの、タンク式は浄水能力の高さが光ります。また、ミネラルウォーターを自動でたくさん生成できるのも嬉しい要素です。とにかく水をたくさん飲むあるいは使うのであれば、選択する価値は高まるといえるでしょう。

まとめ

タンク式の浄水器がおすすめの理由は高い浄水能力を有しているためです。簡易タイプの浄水器と比べると浄水能力は段違いです。しかし、設置するにあたってのスペースの確保やコストがかかる点も覚えておいた方がよいでしょう。健康的でおいしい水をたくさん飲みたいと思う人にとって選択する価値は高まるものです。

高性能の製品を選択すればコストは高くなるものの、これから長期的に大量に水を使用すると予想できる場合は視野に入れた方がよいでしょう。

 

もっと見る

2018年12月10日

手軽な浄水器の種類と用途に適した選び方のポイントについて

水道水を安全に使うための装置となるのが浄水器です。さまざまな種類があるため、用途に適した選択をするのが大きなポイントになります。一口に浄水器といっても、何人で使用するかによって用途は変わっていくはずです。あるいはトータルコストや導入のしやすさという観点から考える人もいるでしょう。自身に適した選択をするためのコツはどこにあるのかをひも解いていきます。

代表的な浄水器の種類について

種類は「蛇口直結型」「据え置き型」「ポット型」「ストロー型」「アンダーシンク型」「シャワー型」といった代表的な種類があります。蛇口直結型は蛇口に手軽に取り付けられてリーズナブルな価格であるのも特徴です。据え置き型はシンクに設置して使用するのが特徴であり、ろ過機能が高いものも多いです。ポット型はポット内にカートリッジが組み込んであり、持ち運びに適しています。ストロー型は災害時に役立つため、防災グッズに入れておくのが一般的です。アンダーシンク型は流し台の下に設置するタイプで、邪魔になることもありません。シャワー型はキッチンや風呂場のシャワーに取り付け、スキンケアに力を入れたい人に適しています。

それぞれの種類によって適している用途は異なります。どの種類が求めている用途に適しているのかを考えたうえで選択をするのが望ましいです。おいしい水を飲むために浄水器を設置する人が大半ではあるものの、ほかの用途を目的に設置する人も少なくありません。

種類と導入のしやすさについて

種類によっては導入しやすいものもあれば、導入しにくいものもあります。手軽に導入できるのはポット型であるものの、多くの量を浄水できません。蛇口直結型も手軽に導入できるものの、勢いよくダスト浄化するのは難しいです。据え置き型は比較的高価であるものの、浄水能力は高いです。手軽に導入することを考えるのならポット型や蛇口直結型を選択するのがよいでしょう。長期的に大量に水を使用することが予想される場合は、設置手間がかかるもののほかのタイプを選択するのもひとつの方法です。注意点になるのは賃貸の場合は大家さんの許可が必要な場合もあることです。さらに、交換頻度も事前に頭に入れてランニングコストがどれぐらいになるかも確認しておいた方がよいでしょう。

手軽に導入できるおすすめの浄水器について

手軽に導入できるおすすめの浄水器はたくさんあります。注目すべきはカートリッジ1個当たりの浄水能力が水200lであり、交換の目安が2カ月であることです。年間のランニングコストはおよそ6000円になり、飲み水を浄化できれば問題ないと考える人に適しています。携帯用の場合は出先でも浄化された水を飲めるメリットがあります。こちらも年間でのランニングコストはおよそ6000円です。出先での飲み物代を節約したい、あるいは出先でもおいしい水を飲みたいと思う人にピッタリといえます。水の使用量の多くなる赤ちゃんがいるご家庭では、蛇口直結型の浄水器がおすすめです。カートリッジ1個の価格は高くなるものの、年間のランニングコストベースで考えるとお得な選択となります。5種類の水が出る据え置き型は健康や美容を気にされる人に適しており、水のph値を調整してくれる魅力的です。

まとめ

浄水器の種類は多岐にわたっているため、その種類にはどういった特徴があるのかをまず把握しましょう。自身の求める要素と有している特徴が合致すれば選択する価値は高まるものです。また、用途に適した選び方も心がけるのが望ましいです。それぞれどういった用途で浄水器を設置しようと思うかは異なるでしょう。導入するコストはもちろん、ランニングコストも合わせて考慮しましょう。

もっと見る

2018年12月4日

浄水器をお試しで導入する方法と契約にまつわる注意点について

浄水器をいきなり導入するのが不安であるのならまずはお試しで導入するのがよいでしょう。しかし、実際に初めてで導入するための方法が分からない人も少なくないはずです。さらに勧められて導入するにあたっての注意点もいくつかあります。基本となる流れを把握したうえで注意点も頭に入れておけば間違えることは少なくなります。

浄水器をお試しで導入する一連の流れ

これから浄水器をお試しで導入しようと思う人はまずは設置場所の確保ができるかどうかを確認しましょう。タンクタイプの場合はどこにでも設置できます。しかし、水道直結タイプの場合は付属品のホースの長さに合わせて設置しないといけません。それぞれの会社によってどのタイプを選択できるかは変わるため、事前に確認しましょう。申し込みを行うときはまず問い合わせをすることになります。電話での申し込みよりもホームページにアクセスして進めるのがスムーズです。問い合わせをしたら名前、住所、電話番号、メールアドレス、郵便番号などを入力する項目に進みます。質問や要望などを入力できる項目もあるため、お試しで導入および何か聞きたいことがある場合は入力しましょう。そのほかの必要事項を入力して確認ボタンをクリックして送信ボタンをクリックすれば申し込みが完了です。

多くの会社でお試しで導入するときはミネラル水とRO水から選択ができます。ミネラル水はカルシウムやマグネシウムやナトリウムといったミネラルが含まれているのが特徴です。RO水はミネラル分がろ過された不純物がない水となります。どちらの水を希望する場合でも要望として入力しましょう。担当者から電話やメールでの連絡が来て、最終的な確認をすることになります。浄水器をお試しで導入した場合は水をたくさん飲んで違いを確認するのはもちろん、料理や炊飯にも使うのがよいでしょう。そのうえで今後も利用するかどうかを決めるのがおすすめです。

浄水器の訪問販売に要注意

いちがいに浄水器をお試しで導入するにあたって訪問販売を利用するのが危険ではないものの、悪徳商法である可能性も頭に入れておくべきです。よくあるパターンとしてはまず水質の検査を行い、安い製品やサンプルのプレゼントをするといって最終的には高い浄水器を売りつけるものです。この地域の水質がよくないことを理由に取り付けるべきという不安をあおるセールストークをしてくるのも特徴となります。あくまでもサンプルや使用期間であるにも関わらず、ローン契約をしてしまっている場合もあります。本来セールスマンは「商品の販売やリースの件で伺わせていただきました」といわないといけないものの、事前に明確な目的を告げないで「家に上がる」ことを目的としているのが特徴です。

8日間以内であればクーリングオフが可能

浄水器をお試しで導入する場合は訪問販売ではなく、ホームページから申し込みを行える会社を選択するのがよいでしょう。そのうえで訪問販売を利用した場合は契約書面を受けてから8日間以内であればクーリングオフが可能であるのを覚えておくべきです。しかし、訪問販売ではこの点を告げない悪徳業者である可能性もないわけではありません。どの方法を選択するにしても、商品の特性を理解して今後利用し続ける価値があるかを精査しないといけません。無料やキャンペーン適用などの魅力的な言葉に騙されることなく、本当に必要であるのなら利用し、必要ないと思ったときにまたの機会にすると考えておいた方がよいでしょう。

まとめ

浄水器をお試しで導入するにあたっての基本的な流れはそう難しくはありません。ホームページから申し込みを行い、必要事項を入力して希望となる使用期間やサンプルでの導入の点も合わせて確認して入力しましょう。担当者から連絡が来て確認して完了となります。訪問販売を利用する場合は悪徳業者である可能性も頭の片隅に入れておいた方がよいでしょう。訪問販売なら8日以内であれば使用したかどうかは別として、クーリングオフができるという点も覚えておくべきです。

 

もっと見る

2018年12月4日

浄水器の一か月間の電力消費量はどのくらいになる?

浄水器を自宅やオフィスに設置したときに気になるのは、電気代のランニングコストです。それほど金額は高くならないと漠然と考えていても、一年間の単位で考えると、意外と高くなる可能性もあります。実際には、おおよそどの程度の電力を消費し、電気代はいくらになるのでしょうか。タイプ別から1か月間の電気料金を詳細に分析しました。

浄水器の電気料金はタイプによって違う

浄水器は主に3つのタイプに分類することができます。蛇口に直接取り付ける「蛇口直結型」のタイプ、浄水処理量が比較的多く、飲食店や企業などでも導入されている「据え置き型」と呼ばれるタイプ、そして持ち運びが可能となっている「ポット型」の三種類です。蛇口に直結する「直結型」が最も電力消費量が多く、次に据え置き型が電力を消費します。

基本的にカートリッジを交換するだけのタイプですと月額の電力は発生しませんが、電力を使用するタイプになると、そのときに発生する電気代が月額のランニングコストとなります。一般的には、最も電力消費を抑えたタイプは、持ち運びが可能なポット型で、カートリッジで消費する電力のみとなっています。

直結型はタイプによって電力消費が異なる

水道に直接設置する「蛇口直結型」のタイプは、カートリッジ交換だけのタイプであれば、電力は消費しません。しかし、アルカリイオン水に変換するときに電力を消費するタイプのカートリッジや、塩素、カビ臭、濁り、鉛からクロロホルムなどの化学物質まで除去できる高性能の直結型になると電力を消費します。

使用する量や回数にもよって電力消費には差がありますが、一般的に月額200円程度の電力を消費するといわれています。高性能の除去機能を有している浄水器ではさらに電力を消費する場合もあります。

据え置き型の電力消費量は直結型よりも少ない

据え置き型の浄水器は水を蓄えて必要なときに使用するタイプであるため、直結型よりも電力消費量を抑えることができます。濾過性能が高く、濾過できる量も多いにも関わらず、電気料金は月額20円以下に抑えることができます。

高性能のタイプや業務用になると、さらに電力消費が多くなるため、電気代が高くなりますが、直結型よりも電力消費量を抑えられるメリットがあります。

ポット型の特徴

ポット型はカートリッジで電力を使用しないタイプは全く電力消費が発生しませんが、アルカリイオン水などに電力を使用するポット型はポットの中の内臓カートリッジで電力を使用します。メーカーが試算したポット型のアルカリ浄水器の電気代は1日2回使用したとすると、1日当たりの使用電力は0,3円程度となります。月額になると、27円/1ワットと計算した場合には、月額使用料は8円から9円とランニングコストは格段に安くなっています。

もし、1日の使用回数を増やしたとしても、基本的に回数あたりの電力と比例するため、頻繁に使用する人でも1日あたりの使用電力が50円を超えることは、ポット型であればまずないでしょう。電力消費という観点からするととてもリーズナブルで、近年、世界的にも注目されている「エコ」の視点にもマッチしています。今後、電力消費を削減する観点からすると導入する企業が増えていくことが予想されます。

まとめ

一般家庭で使用する浄水器であれば、直結型から据え置き型、ポット型と電力消費量はおおよそ200円以下のランニングコストと、他の電化製品と比較しても格段と少ない電気代となっています。据え置き型、ポット型に関しては、数十円単位の電気料金しか発生しないため、ほとんど電気代のランニングコストはかからないといえるでしょう。エコの観点からも、電力消費量の少ない地球にやさしい浄水器の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

もっと見る

2018年12月4日

宅配水と浄水器のメリット・デメリットを比較検討しよう

水道水以外の水を飲料とする場合、ペットボトルの水を購入するのがひとつの方法となります。ほかには水の宅配サービスを利用する方法もあれば、浄水器を設置する方法もあります。手間ひまを考えると宅配水との比較となるはずです。それぞれには一長一短あるため、メリット・デメリットを比較検討するのが望ましいです。そのうえで自身に適している選択をしていきましょう。

水の宅配サービスの特徴

水の宅配サービスは天然水とRO水の2種類に対応しています。天然水はその産地の水を飲みたい人に適しており、RO水は安全な水を手軽に飲めるのがセールスポイントです。水の宅配サービスは品質のよい水を便利に経済的に飲めるのが強みになります。水がなくなるとその都度依頼しないといけないのがデメリットであるものの、インターネットで簡単に注文ができて自宅に届けてくれます。

浄水器の特徴

浄水器を設置すればボトルのストックの必要がなく、冷たい水も熱いお湯もすぐに飲めるのが嬉しい要素です。さらに、水を飲む習慣がつくという点も大きいです。水を適量飲むことで基礎代謝が上がってむくみの解消や有害物質のデトックスにもなります。健康的に美しさを保つうえにおいて水を飲む習慣がつくことは大切です。しかし、設置する場所が必要となり、定期的に水を購入するための月額費用と電気代もかかります。

コストのバランスがよい宅配水のサービス

宅配水のサービスは安全性に配慮されたパッキングが施され、配送もしてくれてわざわざ購入しにいく必要がなくて便利です。必要な分だけ注文すれば無駄にコストがかかることはありません。水の費用は500mlで50円~100円とペットボトルに比べると容量あたりの値段が安いのも嬉しい要素です。設置は電源コードをつなぐだけで契約期間も浄水器に比べると短いです。コストのバランスがよくて災害時の備蓄水となるのも安心できる要素となります。

長期的に大量に水を使用するなら浄水器

設置するためにはサーバーのレンタル費用と初期の工事費用が必要です。さらに、契約期間が長くのも特徴となるため、長期的に大量に水を使用するかどうかの精査をしないといけません。引っ越しをするときに移動費用や撤去費用がかかる場合もあります。定期的なメンテナンスも必要であるため、コスト面においてはネックとなる点が少なくありません。種類の選択によってもコストは変わっていきます。蛇口に取り付けるタイプやシンク下に取り付けるタイプやディスペンサータイプなどのさまざまなタイプがあるため、どのタイプが適しているかも考えないといけません。

浄水器を設置するのなら、短期間でやめるのは大きな損となってしまう可能性が高いです。長期的に大量に水を使用してこそコストダウンしていくため、工事費用やランニングコストを考慮したうえでの選択をしないといけません。RO膜式の浄水器だと不純物をほとんど含まず、安全な水となります。簡易タイプの場合は数百円程度の価格であり、レンタルが可能な機器も少なくありません。どの機器が適しているかはそれぞれの考え方によって変わっていくため、ランニングコストまで含めて考えるようにしましょう。水道とほぼ変わらずに水を使える利便性の高さが光り、冷たい水もお湯も使える機種も少なくありません。品質の高い場合は価格が高いものの、水を大量に使うとコストダウンしていく場合もあります。レンタルサーバーのレンタル料は無料であるのが一般的で、水代と電気代がかかります。

まとめ

宅配水と浄水器はいちがいにどちらが優れているかはいえません。それぞれにメリット・デメリットがあるためです。自身のライフスタイルや先々の生活までを考慮選択するのが望ましいです。特に浄水器は長期的に大量に水を使用するという前提があっての選択をするのがよいでしょう。短期間でやめてしまう場合は工事費や違約金で大きな損となる可能性があります。先々の見通しが立たない場合はまずは実際に契約したときの諸条件やどの程度、水を使うか確認してみるとよいでしょう。

もっと見る
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器はこちら Recommended Water Purifier

Purest
(ピュレスト)

Purest(ピュレスト)

daiohs

家族と家計にやさしい

水道直結型ウォーターサーバー。月額2980円、3980円で冷温水機能付きの使い放題です。クリーン機能が付いているのでメンテナンス不要。使い勝手もばっちりです。

詳しく見る

ナノラピアネオ

waterstand

おしゃれなデザインが
話題

白を基調としたナチュラルなデザインで人気!こちらも冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。見た目だけでなく安心の浄水精度にも注目。ただし、関東限定。

詳しく見る

Cool Qoo
(クール・クー)

Cool Qoo(クール・クー)

andwater

充実の機能でいつも清潔

自動クリーン機能など、庫内を清潔に保つ機能が充実した浄水器。上位2つと同様に冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。高機能な分レンタル料はやや高め。

詳しく見る

おすすめコラムはこちら Recommended Column

水はたくさん飲むと美容にいい?適度な量や飲み方を解説!

モデルや女優の方が水をたくさん飲むことで、美容にいい効果があると話を聞いたことがありますが、水はたくさん飲むほど、美容にいい効果があるのでしょうか。適度な量があれば、参考にしたい方も多いでしょう。

今回は、たくさん水を飲むと美容にいいのか、適度な量や飲み方について紹介していくので、参考にしてみてください。

理想は1日1.5リットル

水分補給はとても大切なことですが、飲み過ぎは体によくないこともあります。基本的に、人が何もしなくても排出する水の量は、1リットルあると言われているのが特徴です。

また尿や便として1.3リットル排出されます。そのため、1日の排出量である2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があるのは確かでしょう。

ただ飲料水から、1日の排出量を補う必要はありません。食事にもある程度の水分は保有してあり、0.6リットルほどの水分を食事で摂取しています。

また食べ物を分解している途中で、0.2リットルの水を摂取しているので、1.5リットルほどを飲料水から補えば、1日の排出量を補うことが可能です。

水の摂取量は多くても少なくても危険

人間の体は60~65%は水分から出来ています。水の働きで栄養や代謝物の運搬、体温の調節を行っているのです。そのため、水分は排出量と摂取量のバランスが取れていれば、ベストな体調管理を行うことができます。

しかし、バランスが崩れてしまうと、様々な症状を引き起こしてしまうのです。水分不足に陥った場合は、脱水症や熱中症の原因になります。ただ摂取し過ぎもよくありません。

水中毒といって、内臓に負担がかかりすぎることで、体がだるくなったり、消化不良を引き起こすこともあるので、気を付けないといけません。

体内のナトリウム濃度が低下すると、命の関わる危険性もあるので、十分注意が必要です。

水分は1日に8回程度こまめに飲む

水はたくさん飲むと美容や健康にいいという訳でもなく、適度な量で一度に大量の水を飲まないことが重要です。理想的なのは、1日に8回程度こまめに分けて、1.5リットルの水を飲んでいく必要があります。

また飲むタイミングについても、適切なタイミングがあるのか紹介していきましょう。

・朝起きた時

朝起きた時は、寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分が失われているため、水分不足に陥りやすいのが特徴です。そのため、血中のミネラル濃度も高くなっていることから、朝一番に水を飲むことが重要になります。

・運動する時

運動中には大量の汗をかき、多くの水分が失われます。またナトリウムやミネラルも失われる可能性があるでしょう。体重の2%の水分を失うと、人は脱水症状になってしまうことがあります。

スポーツドリンクでも脱水症状を補うことはできますが、糖分濃度を抑えることで美容にもいい影響があるので、普通の水を飲む方がいいでしょう。

・入浴時

入浴時にも汗はかきます。そのため、入浴前と入浴後に水を飲み、血液がドロドロになることを防ぐことが大切です。冷たい水を飲むと、体が冷えてしまうので、理想的なのは常温の水を用意しておくことなので、事前に準備しておきましょう。

・就寝前

就寝前の水分補給も重要です。寝ている間に水分は失われるので、寝る前にはコップ1杯分の水を飲むようにしましょう。

水はこまめに適量飲むことが大切

水はたくさん飲むと美容に良いというイメージがありますが、飲みすぎは体に毒です。体の健康や美容のためにも、適量をこまめに飲んでいくことが重要になります。

また飲むタイミングも意識することが大切です。水分不足に陥る前に水分を補給し、体調を整える意識を行うようにしましょう。

今回紹介した水を飲むタイミングを参考に、生活習慣を改めてみてください。

> 続きを読む

水にダイエット効果はある?水太りや飲むタイミングについて解説!

美容や健康にいい影響を与えてくれる水ですが、十分な量を飲めばダイエット効果を得ることはできるのでしょうか。反対に水太りにならないか不安に感じる方も多いでしょう。今回は、水にダイエット効果があるのか、また水太りや飲むタイミングについても解説していくので、参考にしてみてください。

水を飲むことでダイエット効果が得られる?

人は年齢を重ねるごとに体内の水分量が減るため、水を飲むことで肌に潤いや健康効果を与えることができます。ただそれだけでなく、水を十分な量飲むことで、ダイエット効果を得ることが出来ると言われているのです。

水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環がよくなり、代謝を向上させることができます。代謝が高まることで、エネルギー消費量が増えるので、ダイエット効果を得ることが可能です。

また水を飲むことで、便秘の改善を行うことができます。便を柔らかくすることで、便を排出しやすくし、腸のぜん動運動を促進ことにも繋がるのです。

水の飲み方が悪い場合は水太りの可能性

美容や健康、ダイエットにいい効果を与えてくれる水ですが、飲み方が悪い場合は水太りする可能性があると言われています。またむくみの発生も考えられるので、飲み方には十分注意する必要があるでしょう。

水太りする可能性のある飲み方とは、一度に大量の水を摂取してしまうことです。一気に水を摂取すると、細胞内に水が溜まり、水膨れ状態になってしまうことから、脳の中枢に異常が出てしまいます。その結果、水太りになってしまうことがあるそうです。

一度に500ml以上の水を飲んでも、吸収が悪くなってしまい、水太りになってしまう恐れがあるので、こまめに飲むことを意識し、8回~10回にわけて水を飲んでいく必要があります。

水を飲むタイミングもダイエットには重要

水を効果的に摂取するためには、飲むタイミングも工夫することが大切です。どのタイミングで水を摂取すれば、ダイエットに効果的になるのか、詳しい内容を紹介していきます。

・起床後

朝起きた時には、10分以内に1回目の水をゆっくり飲むことが重要です、その際に、体温より低い温度の水を飲むと、体に水が吸収するまで時間がかかるので注意しましょう。

・運動前

運動前に少量の水を飲むのも、脂肪燃焼を促すことができるので、おすすめです。運動後には多めの量の水を飲むことで、ダイエットを促すきっかけになります。

事前に水を摂取しておけば、運動時の水不足の防止や代謝促進効果が期待できるでしょう。

・食事の30分前

食事の30分前に水分補給することで、食べ物の栄養を吸収しやすくする効果が期待できます。また胃腸の働きを促すこともできるので、事前に飲んでおくと健康的にもいい影響を与えることが可能です。

食事前のタイミングは、摂取カロリーを減らす効果もあり、ダイエットに最適な水を飲むタイミングと言われています。

・入浴前後

お風呂に入ると大量の汗をかくため、体内の水分量が失われます。そのため、入浴前に水を飲むことで、脱水症状を予防できるだけでなく、代謝を上げる効果も期待できるでしょう。入浴後にも、しっかり水分を摂取することで、体内に水分を与えて、肌に潤いをプラスすることができます。

水でダイエット効果を得るならタイミングや飲み方が大切

水はダイエット効果が期待できますが、一気に飲んでしまうと、水太りの原因なる可能性があるため、注意が必要です。

こまめに水分補給を行い、適切なタイミングで水を摂取することで、効率よく脂肪燃焼効果を与えることができます。

どのタイミングで水を飲めばいいのか、しっかりタイミングを把握した上で、水でダイエットすることを検討していきましょう。

> 続きを読む

水の摂取量と美容の関係とは?1日の必要な摂取量を紹介!

健康や美容にいい効果を与えることができる水ですが、水の摂取量によって美容効果は異なるのでしょうか。また1日に必要な水の摂取量とは、どれくらいの量を飲めばいいのか気になります。

今回は、水の摂取量と美容の関係、1日に必要な摂取量などを紹介していくので、参考にしてみてください。

体の水分と年齢の関係

人間の体は成人で、60%もの水分で出来ています。血液や細胞についても、水分で構成されているため、水分が失われると、健康も損ねる可能性があります。

具体的には、体内の水分量が5%失われると、脱水症状や熱中症を引き起こし、10%失われると筋肉の痙攣や循環不全、20%失われると生命の危機を感じると言われているのです。

また体内の水分量は、若さのバロメーターとも言われていて、胎児の場合は90%・新生児なら75%・子供なら70%・成人なら60~65%・高齢者になると50~55%と、年齢を重ねるごとに体の水分量は減っていきます。

体内の水分が少ないほど、細胞の劣化が早くなる可能性が高いので、十分注意が必要です。

体内の水の種類

人間に欠かせない体内の水分ですが、体内の水には2種類あります。「細胞内液」と「細胞外液」です。細胞内液は、細胞内に存在していて体内水分の3分の2を占めています。

残りの3分の1が細胞外液です。体内を循環している血液やリンパ液、細胞間液などが該当し、肌の細胞に酸素や栄養を届けたり、老廃物を排出する際に、体にとっていい働きを行ってくれます。

体の水分が減少すると、美容だけでなく、これらの健康にも影響を及ぼし、様々なトラブルの原因になる恐れがあるでしょう。

肌の水分と年齢の関係

健康な肌の表皮の角質層には、20%~30%の水分が含まれています。ただ加齢によって水分保持力が低下し、水分が蒸発することで肌が乾燥してしまうのです。肌の乾燥が進むと、肌荒れや肌老化に繋がりやすくなります。

そのため、誰でも加齢に伴い、肌質が乾燥肌になってしまう可能性があるので注意が必要です。肌老化を出来るだけ防ぐためには、保湿をしっかり行い、乾燥肌対策を行うことが、肌年齢を若々しく保つために重要になります。

体内から水分補給を行い、血液循環を促すことも肌の水分を保持するために大切です。水分量が少ないと、細胞に栄養が行き届かなくなるので、水分補給はこまめに行いましょう。

加齢に伴い、肌の水分量は失われていきますが、体内から水分補給を行えば、キメが整い透明感のある若々しい肌を手に入れることができます。

1日に必要な水分量

人間は運動などで汗をかかなくても、水分が失われていきます。1日に0.9リットル~1リットルの水分は失われていくでしょう。

また尿からでも1.5リットル~1.6リットルの水分が排出されていくので、合計で2.5リットル近くは、水分が排出されることになります。

食事などにも水分が含まれているため、全て飲料水から水分を補う必要はありません。それでも、1日に1.2リットル以上は飲料水から水を補給する必要があります。

体重や年齢、運動量によっても必要な水の量は異なりますが、こまめに水を摂取することは大切です。

必要な水を摂取することで美容にいい効果がある

人間が活動する上では欠かせない水は、加齢に伴い、体内の水分量が失われていきます。摂取量を増やすことで、肌の細胞に栄養が行き届くきっかけにすることができるため、美容にいい影響を与えてくれるでしょう。

いつまでも若々しい肌を実現するためにも、1日に必要な水はしっかり摂取し、肌に潤いをプラスすることが大切です。

何もしなくても、1日に体内の水分量は徐々に失われていきます。飲料水で体内の水を補うことが大切なので、しっかり水を飲んで肌に潤いを与えていきましょう。

> 続きを読む
コラムをもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器一覧

口コミ投稿はこちらから