メニュー 閉じる
おすすめ
浄水器一覧
浄水器
ランキング
浄水器
お役立ちコラム

画像:アイコン 浄水器・ウォーターサーバー探しに役立つお役立ちコラム一覧

2018年12月11日

美容やダイエットで水分補給をしたい人は浄水器を活用しよう浄水器を検討してみることをおすすめします。

ダイエットをしようと思ったとき何から皆さんはカロリー制限やカットを心がけますか。実はあまり気にされていない人も多いかもしれませんが、普段、何気なく摂取している水分で炭酸飲料や清涼飲料水、ジュース類がカロリー摂取につながり、ダイエット効果の高い水分補給につながっていない可能性があります。上手な水分補給で、水道水が苦手な人も美容に役立てられる浄水器の活用法なども合せてご紹介します。

美容とダイエットには水分補給を意識する

毎日の生活の中で定期的に水分を補給している人は意外と少ないものです。特に、清涼飲料水やコーヒーや紅茶などの刺激物やお茶類、そしてジュースやアルコール飲料となると、カロリーも同時に摂取してしまうことになり、十分なダイエット効果や美容効果がのぞめなくなってしまいます。カロリーが多い飲料物になると、美容とは逆効果になってしまうこともあります。

そんなときおすすめなのは「水分」を定期的に補給し、美容に役立てることです。つい、毎日、水を補給しようと思っても水道水の塩素臭が苦手という人もいるでしょう。そんなときは、自宅に簡単に設置できる浄水器を検討してみてはいかがでしょうか。実は浄水器は取り付けるだけで維持費や電気代もほとんどかからず、毎日の水分補給をサポートしてくれるためおすすめです。

美容に役立つ水分補給とは

美容やダイエットを目的として定期的に水分を補給することを考えているのでしたら、良質な水分補給を意識されるようにしましょう。そのためには、自宅に水分をすぐに補給できる環境を整えるのがよいでしょう。一つの方法としては、自宅に浄水器を設置し、スポーツやストレッチ、ランニングをしたあとは自宅の浄水器を活用した水分を補給するようにしてみましょう。

1日に必要な水分の補給量はおおよそ2リットル程度が目安とされています。水分量が不足してしまうと、デトックス効果も十分に働かず、体の中の老廃物をうまく除去できなくなる、むくみが目立つなど、悪循環に陥ってしまう可能性があります。美容のためにも、良質な水をうまく補給できるようにしましょう。

自宅で水が補給できると意識も変わる

ダイエットをしようとされている人に、運動量は比較的多いものの、なかなか結果に結びつかない例があります。その一つに外出しているときに、コンビニエンスストアやスーパーなどで水以外のカロリーが高い飲料物を購入してしまう例があります。水は水道水を飲むのは塩素臭で苦手なものの、商品としてミネラルウォーターを購入するのは金額を比較したとき、お茶や清涼飲料水とそれほど金額が変わらないため、もったいない、という感覚が働いてしまうことがあります。

そのような場合、自宅の水道水を飲むのが苦手なら浄水器を使って、飲んで健康的に美容に役立つ水に作り替えてみてはいかがでしょうか。近年の浄水器は管理の手間もかかりませんし、塩素の脱臭効果も高く、毎日飲み続ける人にとっても本当に負担なく飲み続けられる高い性能を持っています。水道水が毎日、手軽にダイエットやデトックス、美容効果を期待できる良質な水に変えられる浄水器は、料理や日常生活の水の活用のほかにも、手軽な水分補給にも役立てられますのでおすすめです。

まとめ

美容やダイエットを目的にされている人は、デトックス効果も期待できる水分補給の方法を考えてみてはいかがでしょうか。清涼飲料水や刺激物のある水分を補給してしまうとカロリーがうまく消費できず、高いダイエット効果や美容につながらない場合もあります。自宅の水道水を飲むのが苦手という人の場合、浄水器を活用して毎日、すぐに良質な水分を補給できる環境を整えてみることをおすすめいたします。

 

 

もっと見る

2018年12月11日

塩素臭い水道水をどうすれば減らすことができるのか

水道水の臭いは一般的には塩素の臭いがするカルキ臭といわれ、東京や大阪などの大都市を中心として地方都市よりも臭いが強く、苦手とする人が多くいます。塩素は水道水を安全に家庭に配給するために欠かすことができませんが、塩素臭いと苦手にされる人は少なくありません。そんな人に水道の水から塩素臭い状態を少なくする方法をご紹介します。

塩素臭い水道水は場所別で違う

塩素臭いと思う水道の水は人口が密集している都市部の人のほうが、そのように感じるケースが多いのが実例です。残留塩素濃度は水道水がどの家庭でも蛇口をひねったときに1リットルあたり0,01ppmの含有量が最低でも含まれていなければならないからです。つまり、人口が多くなり、配管が複雑かつ長くなる都市部であればそれだけ中継地や最初に含まれる塩素の量が多くなり、その分だけ塩素臭いと感じるケースも多くなっているのが実情です。

また、中継地で塩素をさらに充填している場合があります。そうなると、当然、新たに塩素が水道水に含まれるのでその近くで水道を使う人は強い塩素臭い水道の水を使わなければならないことになってしまいます。また、集合マンションでは塩素を自主的に安全のために入れている場合があります。その場合、通常の水道の水よりも塩素の臭いがきついと感じる人が多くなってしまいます。

お子様などで水道の水を飲むのが苦手としている例としては、実はこの塩素が臭いと感じる水道水が原因となっていることがあります。料理やお茶などの飲料物にするときにも抵抗感がある人は、ご家庭でも簡単に設置できる浄水器の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

水道水の安全のために入れられる塩素

塩素が水道の水に入れられている理由としては、細菌の繁殖を防ぎ安全に各家庭に水を配給するためです。そのため、ある程度は仕方がないことですが、場所によっては塩素臭いためにそのまま飲むのは耐えられないという例もあるでしょう。また、臭いが苦手でそのまま飲むことができない、という例もあるでしょう。

塩素は強力な殺菌効果があるため、プールや銭湯などでも使われています。しかし、化学物質と反応、化合するとトリハロメタンなどの有害物質や酸化作用や漂白作用が発生することもあるため、お子様がいる家庭や美容などに配慮をしようとされている人であれば、あまりおすすめできません。

塩素を除去する方法とは

水道の水に含まれる塩素は各家庭でも濃度が違うように、一定の時間が経過してしまうと、少しずつ除去されてしまいます。塩素臭さを減らす方法としては2、3日そのまま放置して塩素が自然に除去をされるまで待つ方法もありますが、どうしても時間がかかってしまいます。

そこで皆さまにおすすめなのは、自動的に塩素を除去してくれる浄水器の導入です。水道をひねった時点で塩素臭さを除去できるため、家庭で毎日水を飲むときも料理やお茶などにするときも塩素臭さを感じないで済む優れものです。メンテナンスもほとんど手間がかかりませんし、維持費のコストもミネラルウォーターを購入するよりも圧倒的に安上がりなので、小さなお子様が塩素の臭いを苦手にしているなどの場合に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

塩素は殺菌のために法律で定められて一定量が水道水に入れられているため、どうしても塩素臭いと感じる水道の水になってしまうのは仕方がありません。もし、毎日水を使う中で塩素が気になるのでしたら、塩素を取り除く方法を検討してみてはいかがでしょうか。2,3日時間を置くか、家庭用の浄水器を導入すれば、塩素を大幅に除去して快適に水を調理用水として使用することも毎日飲み続けることもできますので、おすすめです。

 

もっと見る

2018年12月11日

水道水から塩素除去する方法はどうすればいいか詳細をご紹介

水道水に含まれる塩素除去は毎日、快適に水道水を飲むために多くの家庭で取り入れられている方法です。もし、塩素臭が気になると感じているのでしたら、ご家庭でも塩素除去の導入を検討してみてはいかがでしょうか。簡単な方法から本格的な方法、浄水器の導入まで幅広い方法をご紹介します。

塩素は蛇口をひねった時、一番濃度が高い

水道水は、細菌の防止などを目的に一定量の塩素を入れることが法律で決まっています。1リットル当たり0,01ppmの濃度の塩素が最低基準として、水道をひねって水が出たときに含まれていることが定められています。そのほか、地域によっては塩素が多く含まれる場合や、水道管の中継地で塩素を再度含める中継地から近い家庭、集合マンションなどで自主的に安全のために塩素を入れている場合なども濃度は高くなります。

塩素自体は、水に含まれる細菌の防止をするためで銭湯やプールでも珍しくありませんが、決して水をおいしくしてくれるものではありません。独特のカルキ臭と呼ばれる臭いのために、苦手意識を持っている人も少なくないでしょう。

塩素除去のための方法

家庭で水道水から塩素の除去をされることを考えているのでしたら、まず一定の時間をおいて塩素を取り除く方法を検討されることをおすすめします。塩素は空気に触れることによって、急速に空気中に放出され、水中内に含有される塩素の放出は進んでいくことになります。数日、水道から放置した水道水を放置すれば半分以上の塩素を減らすことができますので、お金もかからず塩素除去をしたいのでしたらおすすめです。ただ、デメリットとしては時間がかかることや手間がかかること、そして蛇口からすぐに塩素除去ができないことです。

このほか、煮沸によって塩素を除去する方法もあります。水道水を沸騰させることで、かなりの塩素除去ができますので、手軽な方法で昔から利用されています。お茶や紅茶などで比較的塩素臭が少ないのは、一度水道水を火にかけて塩素を除去している点にあります。ただし、塩素に含まれるトリハロメタンなど有害物質を完全に除去するためには、煮沸時間を15分以上にして蓋をあけたままにして、ある程度の時間をおかなければならない、など多少の手間が発生してしまうことがあります。

性能の高い浄水器が手軽

現在、家庭で塩素除去の方法としてよく使われるのは浄水器を使って塩素を除去する方法です。近年の家庭用の浄水器は性能が高いこともあり、手軽で簡単に塩素の除去ができることや、除去率が高く、ほとんど塩素臭がしないことも人気の理由となっています。

自宅で蛇口をひねってすぐにおいしい水を飲めるメリットや、より安全で快適に水を飲めることも人気となっています。細菌除去などに役立つ塩素ですが、化学反応してトリハロメタンなどの有害物質や漂白効果などが気になるという人も、浄水器を活用することにより、簡単においしい水を手に入れることができます。ご家庭で簡単かつ安全に使える浄水器をこの機会に導入されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

水道水の塩素除去をする場合、自宅の水を数日間空気にさらす方法や、一度沸騰させて塩素と有害物質を放出させる方法もありますが、すぐに蛇口をひねって除去ができるわけではないため、多少の手間や面倒な部分があります。もし、家庭でコストをかけず簡単に水道水の塩素の除去をしたいと考えているのでしたら、性能のよい浄水器の導入を検討してみてはいかがでしょうか。毎日、蛇口をひねった時点で飲んでも塩素臭のしないおいしい水を飲むことができますし、有害物質なども除去してくれるため安心して調理用水としても使用することができます。

 

もっと見る

2018年12月11日

水道水の塩素濃度が高いと感じたときの除去方法や対策をご紹介

水道水で塩素臭い、カルキ臭がするということで飲むのが苦手な人も少なくないでしょう。実は水道の水は細菌の繁殖を抑えるために塩素が一定量含まれています。ここでは水道の水に含まれる塩素濃度と、その除去方法などについて詳しく解説します。

法律で定められている塩素の濃度

水はそのまま放置してしまうと、細菌などが繁殖し、食中毒などの原因になることから日本では水道水のすべてに塩素を加えることで安全かつ快適に誰しも蛇口をひねって水を飲むことができます。海外の人の中には「この水は安全な水か」と質問したり、飲み水かどうかを飲食店で確認したりする人がいます。日本は水に恵まれた国であり、快適に水が飲める国として知られています。これは、天然の山岳地帯と降水量が多いため、河川から良質の水を確保できるためです。

しかし、河川の水には食中毒を引き起こす細菌やその他、寄生虫などのリスクがあります。それらはほぼ完全に除去し、さらに細菌の発生を防ぐために塩素濃度が定められ、各家庭に水道水として配給されています。水道の水に含まれる塩素濃度は1リットルあたり0,01ppmと定められており、それを下回ることがないようになっています。そのため、各家庭では快適に水道の水を飲むことができるようになっています。

塩素濃度は地域や場所によって違う

塩素濃度の最低基準は決まっているものの、地域や場所によって濃度には差があります。これは、中継地点と呼ばれる定められた場所で塩素を再度、濃度が基準値よりも下回らないように加えている場合、その近くで配給される水道の水は塩素の濃度が高くなります。そのため、その近隣の家庭では塩素臭が強いと感じる水道水を飲む機会が必然的に増えます。

また、東京や大阪など家庭が多い場所では必然的に遠方や各家庭に配給する水道で塩素の含有量が基準値よりも少なくならないよう、最初の塩素の濃度が地方都市よりも高めになってしまう場合があります。そのため、塩素の臭いが苦手という人にとっては、水道水を飲むのが苦手となる場合も少なくないでしょう。

塩素の濃度が低い水道水を家庭で飲むために

塩素濃度が高い水道の水を家庭で飲む場合には、そのまま我慢して飲んだとしても基本的に人体にすぐに影響することはありませんが快適ではない、ということは多くの人が実感しています。簡単に塩素の量を減らす方法として塩素は空気に触れることによって少しずつ空気中に放出されますので、そのまま放置して塩素が抜けるのを待つと

いう方法があります。ただし、その場合ですとすぐに蛇口をひねって水が飲めるわけではなく、どうしても時間がかかってしまうデメリットがあります。そのほか、一度沸騰させて塩素を急速に放出させてさました水を飲料水として使う方法もありますが、一定時間熱することや、時間的にも負担がかかることなど、毎日の生活の中で面倒な部分もあります。

簡単に家庭で塩素濃度の低い水を飲む方法としては、浄水器を取り付けていつでも使える方法にするのが簡単です。一度購入しておけば、あとは電気代や定期的な交換だけで手間もかからず、塩素を除去した水道水を作り出すことができるため、簡単でおすすめの方法です。

まとめ

塩素濃度が高い水道水は独特のカルキ臭や味に嫌味があり、得意でない人もいるでしょう。数日放置して塩素を抜く方法や煮沸により塩素を急速に取り除く方法もありますが、毎日簡単に使える浄水器を導入すれば塩素を簡単に取り除けるためおすすめです。飲料水としても、調理用水としても使うことができますので、ぜひご家庭で水にお困りの人は一度、浄水器を導入してうまく水道の水を使うことを検討されてみてはいかがでしょうか。

もっと見る

2018年12月11日

飲用で水道水を飲む人とそうでない人の違いとは何か?

日々の生活で飲料用として「水道水」を飲むかどうか各家庭によっても違いますし、水を飲む習慣がある、塩素臭、カルキ臭が苦手かどうか、ということによっても違います。水道水を飲む人とそうでない人、その理由や水道の水を飲用として快適に飲む方法など様々な視点をまとめてご紹介いたします。

気にならないで水道水を飲める人

カルキ臭があまり気にならず水道水を飲用としている人もかなり多くいます。ひと昔前の水道の水よりも機能が向上したこともあり、比較的多くの人が飲用として水道水を飲んでいます。もちろん、特に美味しいとして飲んでいるわけでもなく、水にお金やコストをかけたくない、普段あまり水を飲む機会がないから、などの理由も目立ちます。水だけを飲む機会が少ない人は、のどが渇いたからというときに水を飲む程度でそれ以外はあまり使わない、ということも多いでしょう。

プロのバーテンダーは水にこだわる

水にこだわる職業としては、料理人やお酒のプロフェッショナルのバーテンダーなどが該当します。いくら高級なお酒でも水割りにするとき、よい水を使わないと雑味が入ってしまうということがあげられます。これと同様に氷も水道水を使わず、ミネラルウォーターや業者から購入した氷を使っている例があります。

水にこだわる職業はバーテンダー以外にもプロの料理人も多く、浄水器を使って塩素や不純物を取り除き、おいしい水を活用している例もあります。近年では家庭でも水にこだわる人が多くなり、飲み水として使うときには浄水器で塩素臭を取り除いてから使う、という例が少なくなくなってきました。浄水器の性能がよくなったことや、家庭に導入してもそれほどコストが高くない、カートリッジの交換に手間がそれほどかからない、などがメリットとなっている面があります。

浄水器を使うときの注意点

水道水を飲むという人の多くは家庭用の浄水器を活用しています。メリットとしては、塩素やその他有害物質を除去できることやミネラルウォーターを購入するよりもコストを低くできること、定期的にカートリッジを交換すれば手間もかからないことなどがあげられます。ただし、カートリッジなどを交換しないで使い続けると、雑菌が繁殖したり、十分に機能が働かず、除去機能が働かない可能性があります。

もし、交換をしていないで放置している時期が長いのでしたら、早めに交換して快適に使うことをおすすめいたします。定期的に交換してこそ、飲みやすく快適な浄水効果を維持できるからこそ、その点は十分に注意して使うようにされるとよいでしょう。特に、塩素臭が気になる人の場合、浄水効果を維持するためにも、定期交換をすることが少コストや手間がかかったとしてもよりおいしい水に水道の水を変えてくれる浄水器の導入をぜひ、検討をされてみることをおすすめいたします。

もっと見る

2018年12月11日

水道水がアレルギーやアトピーにつながっている可能性に注意しよう

赤ちゃんや子供の場合、抵抗力が弱く、大人ではほとんど影響しない些細なことでも過敏に反応し、アレルギーやアトピーの原因になってしまいます。水道水に含まれる塩素やその他、有害物質が肌に影響し、これらのアレルギーやアトピーなどを子供や赤ちゃんにひき超す可能性がありますので、もし過度に反応する可能性があるのでしたら、安全な水を使うことをおすすめします。

水道水の塩素が影響している可能性も

水道水に含まれている塩素は、1リットルあたり0,01ppm以上と法律で定められており、細菌の繁殖などを防ぎ、安全に各家庭に水を配給するために欠かすことができません。しかし、その一方でアレルギーの原因物質となる化学物質や塩素の量が多く、お子様がいる家庭や赤ちゃんにとっては、アトピーや鼻炎、喘息になる可能性がある、と指摘されています。

もし、ご家庭でお子様がこのような症状で医師に診断してもらってもなかなか症状が改善しない場合、ご自宅の水道水に注意を向けてみてはいかがでしょうか。飲用の水としてはもちろん、肌に過敏に塩素が反応してしまっている可能性があります。現在、塩素を大幅に除去することができる浄水器は家庭用に販売されているため、もしお子様に過度に症状がみられるときには、思い切って交換をされることを検討されてみることをおすすめいたします。

塩素の水で肌の症状が悪化することも

皮膚科医の研究報告の例では、妊婦が塩素の入ったプールに入ると、皮膚炎がさらに悪化するという研究報告があります。塩素は、飲料水に含まれる細菌の繁殖を抑える反面、肌に悪影響を与える可能性がある研究結果です。このことからも、お肌が弱い赤ちゃんや子供の場合、肌に悪い影響を与えてしまう可能性があります。もし、お肌の荒れが目立つのでしたら、一度ご家庭の水を見直して塩素でお肌の負担が増えないように配慮をされるようにすることをおすすめいたします。

治療法の一例として、弱アルカリ性の軟水で洗浄することにより、肌荒れがよくなる、ということが報告されています。塩素の含まれる水道水は賛成となってしまうため、この治療法に一定の効果があると考えられています。

水を見直すよい機会に

お子様がいるご家庭で、アレルギーやアトピーなどで悩まれるのでしたら、一度水道水について真剣に見直しを考えてみてはいかがでしょうか。大人にとってはそれほど気にならない水道水の味も塩素臭によってお子様にとっては嫌味に感じることも少なくありません。水は毎日、欠かすことができないからこそ、飲用はもちろん、料理用の水としても十分によいものを使い続けたいと思う人も少なくないはずです。

飲用だけであれば、ミネラルウォーターを購入する方法もありますが、コストが高くなってしまうことが難点です。その点、浄水器を一度購入してしまえば、あとはカートリッジの交換だけで済みますので余計な手間やコストがかからないので安心して長く、安定して使い続けることができますのでおすすめです。

まとめ

アトピーやアレルギーの原因が実は毎日使い続けている水道水に含まれている塩素が原因になってしまっていることがあります。そのまま放置してしまうと、さらに肌荒れが悪化してしまうリスクがあります。もしお子様や赤ちゃんがこれらの症状でお悩みでしたら、一度水について注意を払って、塩素を取り除くことを考えてみてはいかがでしょうか。簡単な方法としては、塩素を除去する浄水器を家庭用で導入することが簡単で確実な方法です。塩素を排除して、安全に毎日水道水を飲用として飲み続けることができますし、調理用として使用してもコストがかからないで安心して使い続けることができます。

もっと見る

2018年12月11日

赤ちゃんが水道水を飲める時期と適切な飲ませ方について

離乳食を開始する前の赤ちゃんには母乳や粉ミルクを使って食事を与えることになります。多くの親御様が気になるのはやはり水道水を乳児に与えても問題ないのかといった点でしょう。さらには、いつから水道の水を与えるべきなのか、飲ませる場合の飲ませ方についても気になるところのはずです。生後まもない乳児の健康を守るために、これらについての基本知識を覚えていきましょう。

水道の水が赤ちゃんに推奨されない理由

日本の水道水は厳しい水質基準をクリアしているため、そのまま飲んでも害はありません。しかし、塩素が含まれているため、カルキ臭がします。さらに、水道管の老朽化によって不純物が混入される可能性もないわけではありません。塩素を取り除くのなら煮沸すれば問題ないものの、発がん性物質のトリハロメタンが発生してしまう危険性も無視できません。

微量ではあるものの、親御様の立場からすれば少しでも有害物質を与えたくないと思うものです。10分以上の煮沸をするという方法もあるものの、大変な作業となります。そのため、多くの親御様はミネラルウォーターやウォーターサーバーなどで水を購入しています。体の器官が成長している大人の場合は問題なくとも、体の器官が未熟な赤ちゃんには心配になるでしょう。化学物質はアトピーの原因にもなりえるため、そのまま飲ませるのは推奨されません。

赤ちゃんが水道の水を飲める時期について

同じ赤ちゃんでも成長を遂げると抵抗力は大きく異なります。水道水を飲めるようになる時期の目安となるのは生後半年の離乳食が始めるときです。抵抗力がつく時期になると水道水を飲んでも問題なく、それでも心配な場合は1歳を過ぎるまで様子を見ましょう。生まれたときと体のつくりは大きく変わり、抵抗力も高くなっています。大人の食べ物と近い食べ物を食べるようになることで、体内の器官も強くなります。必要以上に水道水を乳児に飲ませることに心配することはないものの、不安であるのなら確実に安心と思うまで控えるのがよいでしょう。

沸騰させたお湯を冷ました水である白湯を飲ませる場合は、20分以上の沸騰をさせてください。水道水に含まれる有害物質を殺菌するためには20分の沸騰が必須です。また、沸騰させて2時間以上経つと雑菌が繁殖してしまうこともあります。一度沸騰させた水は使い切ることを前提に考えるのがよいでしょう。ミネラルウォーターの場合は硬度60以下のものを選択し、ウォーターサーバーの場合は殺菌されている状態であるため、特に手を加える必要はありません。安全面と手間を考えるのならウォーターサーバーの導入を検討するのがおすすめとなります。

赤ちゃんに水を飲ませる適切な方法

赤ちゃんに水をそのまま与えるのではなく、まずスパウトやストローマグで練習するのがおすすめです。傾けただけで水が口内に入るため、こぼすことも少なくなるでしょう。最初はうまく飲めないことがあっても、見本を見せて試行回数を多くすれば、徐々に覚えていきます。また、乳児が水を飲むのを嫌がる場合は、美味しい水に変えてあげることも視野に入れた方がよいでしょう。また、味覚が大人よりも敏感であるため、カルキ臭がする水道水を嫌がることもあります。しかし、美味しい水に変えることで素直に飲む場合もあるため、工夫をしてみましょう。

まとめ

赤ちゃんが水道水を飲むのは離乳食が始めるタイミングに合わせるのが目安となります。不安であるのなら1歳を過ぎてからにした方がよいでしょう。また、乳児にそのまま水道の水を与えるのではなく、ちゃんと飲めるようになるまでスパウトやストローマグで練習するのがおすすめです。安全面を考慮するのならミネラルウォーターやウォーターサーバーの導入を検討した方がよいです。また、沸騰させたお湯に関しては飲み干すことを前提に考えるのがよいでしょう。

もっと見る

2018年12月11日

水道水はアルカリ性?飲むことによるメリット・デメリットを網羅

人間が生きていくために水は欠かせません。水道から水を飲むのなら、アルカリ性の水がよいと聞いたことがある人もいるでしょう。しかし、そもそも水道水はアルカリ性であるのか、さらには本当に健康によいのかという疑問がある人もいるはずです。また、日々の生活を支える水道にはどういったメリット・デメリットがあるかについても把握しておくべきです。

水道水は必ずアルカリ性ではない

日本の水道水はPH5.8~8.6とされており、超えることも下回ることもありません。そして、アルカリ水のpHは7を超えています。ほとんどの地域では水道水はアルカリ性であるものの、酸性よりの地域もないわけではありません。PHのバランスは地域差があると覚えておいた方がよいでしょう。そして、高いアルカリ度が必ずプラスに作用するわけでもありません。

カリウム、カルシウム、マグネシウムといったアルカリ化化合物が豊富であるのが特徴となり、体の緩衝剤の酸性度を助けることにつながります。しかし、自然な胃の酸性度の低下というデメリットもあります。アルカリ度が過剰であることが、皮膚の刺激や胃腸の問題にもつながるものです。危険な微生物から守ってくれるメリットがあるとともに、運動のパフォーマンスが向上するといったメリットもあります。同時にデメリットもあることを覚えておいた方がよいでしょう。

水道水を飲むことによってのメリット・デメリット

水道は手軽に使えるのが大きなメリットになります。水道料金を支払っているのなら、すぐに水を飲むことができます。ウォーターサーバーやミネラルウォーターに比べるとコストダウンは明白です。さらに、厳しい水質基準をクリアしているのも安心できる理由です。塩素が含まれていることで雑菌から守られるため、安全に飲める理由になります。

デメリットとなるのは塩素による味の変化です。カルキ臭がして美味しくないと感じたことがある人も多いでしょう。塩素の量が多いとカルキ臭がきつくなるため、ミネラルウォーターの購入やウォーターサーバーの導入を考える動機になります。塩素は少量であるため、人間の身体にはほとんど害はありません。発がん性物質であるトリハロメタンについての心配がある人もいるはずです。注意すべきは煮沸するとトリハロメタンが最大3倍になることです。赤ちゃんや子供に与えるべきではないとされている理由になります。水道水にはこのようにメリット・デメリットがあります。安全面においてまったく問題がないわけではありません。普通に飲み水として飲む分においては問題ないとされているだけで、無害ではないです。

アルカリ性の水を飲むための方法

アルカリ性の水を飲むための最も手軽な方法は水道水を飲むことです。コストパフォーマンスのよい方法といえるでしょう。しかし、危険性もないわけではありません。そのため、浄水器を使用するという方法も視野に入れた方がよいでしょう。月々の料金を支払うことにはなるものの、クセのない美味しい水となります。

ミネラルウォーターを大量に購入するよりも手間がかからず、手軽に飲めるようになるのも大きいといえます。通常の水道水にミネラルパウダーを加えることでアルカリ性の水になるものの、手間がかかるのが難点です。どういった方法を選択するかの参考にしてください。

まとめ

ほとんどの水道水はアルカリ性であるものの、地域によって酸性よりの場合もあります。地域ごとにPHのバランスは異なるため、自身の地域のPHのバランスを確かめるのがよいでしょう。そして、厳しい水質基準をクリアして安全面は担保されているものの、塩素が含まれているのが理由でカルキ臭がするというデメリットがあります。確実にアルカリ性の水を飲むのならミネラルウォーターの購入や浄水器を使用するという方法も視野に入れるのがよいでしょう。

もっと見る

2018年12月11日

水道水は本当に安全?水道法で定められている水質基準とは

水道水に比べるとミネラルウォーターやウォーターサーバーの方が安全であると認識されている人も多いです。水道水の危険性についても多くの人に知られるようになったものの、決して危険ではありません。大きなポイントになるのは水道法で定められている水質基準をクリアしてからです。水道はなぜ安全であるのかについて解説していきます。

日本の水道の水質基準について

日本の水道が安全である最たる理由は水道法で水質基準が定められているためです。ずっと飲み続けても人の健康に影響を生じない水準を基として設定されているため、健康を損ねる心配はありません。

安全な水を供給するための200項目以上の厳しい基準で成り立っているのが事実です。さらに、定期的に検査も行われ、その結果は公表されています。同じ水であるミネラルウォーターは食品衛生法による水質基準が規定されており、基準項目がそれぞれで存在しています。ミネラルウォーターは飲んでもすぐに健康に影響を及ぼさないのが水質基準です。水道水には鉛やトリハロメタンが含まれているものの、鉛は0に等しく、トリハロメタンは水道法で0.1ミリグラム/リットル以下と定められており、濃度は極めて低いです。

ご家庭の蛇口から出てくる水が濁っている、あるいは変色しているという場合は水質の問題ではありません。給水管のなかが汚れていることが汚染された水に変わったものです。きれいな水を維持するためには、給水管の問題をクリアする必要があります。給水管のなかはサビなどの汚染が進んで赤水が出ることもないわけではありません。水道水そのものに問題があるというわけではなく、給水管に問題がないかを確認しましょう。

美味しさを追求するのならミネラルウォーター

水道水は消毒をする目的で塩素が含まれています。もちろん、人体に影響が出ない量であるものの、どうしても臭いが気になるという人もいるでしょう。ミネラルウォーターには塩素が含まれていないため、美味しいと感じる人は多くなります。また、ミネラルのバランスによってミネラルウォーターの味は変化し、自身の好みに合わせて選択ができます。安全面においてはどちらも人体に悪影響を及ぼさないレベルは担保されているものの、美味しさを追求するのならミネラルウォーターを選択すべきです。

しかし、水道水とミネラルウォーターの値段を比較するとおよそ1000倍の差があります。長期的に見ると大きなコストの差があるのも覚えておいた方がよいでしょう。さらに、氷を入れて飲む場合は塩素を含む水道水に分があります。冷蔵庫に入れても腐ることがなく、製氷機を塩素消毒してくれるメリットもあります。製氷機に放置すると雑菌が繁殖してしまう可能性もあるのがミネラルウォーターのウィークポイントです。

異臭や変色がある場合は専門業者に相談

多くの人が水道水は安全ではないと感じるのは給水管の問題があるためです。給水管の問題をクリアすれば、美味しいと感じるかは別として安全性は担保されます。設備の定期的なメンテナンスを行うことで、安全性は担保されるため、異臭や変色がある場合はまず専門業者に相談しましょう。配管などに何か問題がある場合もあるため、早めに対処しておくとよいでしょう。

まとめ

日本の水道の水質基準は200項目以上の厳しい基準で成り立っています。美味しいと感じるかは別として、安全性は担保されています。しかし、給水管に問題がある場合は話が別です。異臭や変色がある場合はまず専門業者に相談しましょう。美味しさを追求するのならミネラルウォーターに分があり、これは塩素を含んでいないのが大きな理由になります。また、水道水とミネラルウォーターでは基準となる法律が異なるのも大きなポイントです。

もっと見る

2018年12月11日

浄水器の活用と水道水に含まれる危険な成分と適切な対処法

ほとんどのご家庭で使われている水道水は安心安全と思っている人もいるものの、危険な成分が含まれています。外国に比べると日本の水道水の安全基準は厳しく管理されているものの、安心安全とは言い難いです。おすすめ浄水器の導入と水導水にはどういった危険な成分が含まれているのか、そして適切な対処法についても事前に把握しておきましょう。

水導水に含まれる危険な成分とは

水導水に含まれる危険な成分のひとつであるのが塩素です。塩素は水道水の安全性を確保するために欠かせないものの、タンパク質を破壊する効果を及ぼします。さらに、体内のバリア機能の衰えや免疫力が弱くなってほこりから身体を守れなくなります。水導水に含まれるトリハロメタンは発がん性物質であり、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼすのも注目点です。水道法に定められている水質基準をすべての基準で満たしてはいるものの、味や臭いや健康面においてまったく問題ないわけではありません。飲み水として飲む場合はこれらの点に注意が必要です。特に赤ちゃんはバリア機能が弱い傾向にあるため、塩素濃度が高い水導水は適しているとは言い難く、粉ミルクを作るときはまず水を温めましょう。

残留塩素やトリハロメタンといった大きな問題を抱えているのが水導水です。さらに、水道管の老朽化の問題もあります。法定耐久年数の40年を過ぎている水道管のなかはあちこちで腐食が見られ、水あかや最近の温床となっています。さらには虫やウイルスによるノロウイルスにかかるのも不安要素です。水本来の美味しさと安全性を確保するにあたって、最適であるとは言い難いのが事実です。

煮沸消毒をすれば有害物質を取り除ける?

水導水に含まれる危険な成分が不安である場合、煮沸消毒をするのがひとつの方法となります。水を沸騰させることでカルキ臭の原因である塩素とトリハロメタンを取り除けます。しかし、アルミニウムや鉛は沸騰させても取り除けません。健康に大きな影響をもたらすわけではなく、過剰な心配をする必要はないものの、やはり気になるという人もいるでしょう。鉛は消化管や神経系の障害の原因となります。古い建物の場合はいまだに鉛性の水道管がそのままになっており、沸騰するだけの対応では不十分です。アルミニウムもアルツハイマーの原因とされる成分であり、水道水に残ってしまう可能性もあります。

美味しい水を安心して飲むのなら浄水器を使用

浄水器を使用した場合、塩素やトリハロメタンはもちろん、アルミニウムや鉛も取り除くことができます。ろ過された新鮮な水を飲めるだけではなく、冷水も温水も使えて日々の生活を送るうえにおいての力強い味方になるでしょう。特殊なフィルターを使ってろ過することで、水道水特有の味や臭いを感じることはなくなるでしょう。しかし、浄水器を使用した場合は塩素も取り除くため、保存するのには適していません。必要な分をその都度ろ過して飲むようにしましょう。

水導水に含まれる危険な成分はすぐに重篤な病気につながるわけではないものの、少しずつ有害物質を取り入れることになります。毎日飲む水であるからこそ、健康に気を遣って対応するのはごく自然なことです。調理の際に使用する水も美味しくて安全になるため、浄水器を使用することは適切な対処法となります。

まとめ

水道水に含まれる危険な成分である塩素やトリハロメタン、アルミニウムや鉛は健康に気を遣うのであれば、できるだけ取り除くべきです。煮沸消毒をするという方法もあるものの、アルミニウムや鉛は取り除けません。最も確実な対処法となるのは浄水器を使用することです。保存には適していないというデメリットはあるものの、水導水に含まれる危険な成分をほぼすべて取り除くことができます。

もっと見る
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器はこちら Recommended Water Purifier

Purest
(ピュレスト)

Purest(ピュレスト)

daiohs

家族と家計にやさしい

水道直結型ウォーターサーバー。月額2980円、3980円で冷温水機能付きの使い放題です。クリーン機能が付いているのでメンテナンス不要。使い勝手もばっちりです。

詳しく見る

ナノラピアネオ

waterstand

おしゃれなデザインが
話題

白を基調としたナチュラルなデザインで人気!こちらも冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。見た目だけでなく安心の浄水精度にも注目。ただし、関東限定。

詳しく見る

Cool Qoo
(クール・クー)

Cool Qoo(クール・クー)

andwater

充実の機能でいつも清潔

自動クリーン機能など、庫内を清潔に保つ機能が充実した浄水器。上位2つと同様に冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。高機能な分レンタル料はやや高め。

詳しく見る

おすすめコラムはこちら Recommended Column

水はたくさん飲むと美容にいい?適度な量や飲み方を解説!

モデルや女優の方が水をたくさん飲むことで、美容にいい効果があると話を聞いたことがありますが、水はたくさん飲むほど、美容にいい効果があるのでしょうか。適度な量があれば、参考にしたい方も多いでしょう。

今回は、たくさん水を飲むと美容にいいのか、適度な量や飲み方について紹介していくので、参考にしてみてください。

理想は1日1.5リットル

水分補給はとても大切なことですが、飲み過ぎは体によくないこともあります。基本的に、人が何もしなくても排出する水の量は、1リットルあると言われているのが特徴です。

また尿や便として1.3リットル排出されます。そのため、1日の排出量である2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があるのは確かでしょう。

ただ飲料水から、1日の排出量を補う必要はありません。食事にもある程度の水分は保有してあり、0.6リットルほどの水分を食事で摂取しています。

また食べ物を分解している途中で、0.2リットルの水を摂取しているので、1.5リットルほどを飲料水から補えば、1日の排出量を補うことが可能です。

水の摂取量は多くても少なくても危険

人間の体は60~65%は水分から出来ています。水の働きで栄養や代謝物の運搬、体温の調節を行っているのです。そのため、水分は排出量と摂取量のバランスが取れていれば、ベストな体調管理を行うことができます。

しかし、バランスが崩れてしまうと、様々な症状を引き起こしてしまうのです。水分不足に陥った場合は、脱水症や熱中症の原因になります。ただ摂取し過ぎもよくありません。

水中毒といって、内臓に負担がかかりすぎることで、体がだるくなったり、消化不良を引き起こすこともあるので、気を付けないといけません。

体内のナトリウム濃度が低下すると、命の関わる危険性もあるので、十分注意が必要です。

水分は1日に8回程度こまめに飲む

水はたくさん飲むと美容や健康にいいという訳でもなく、適度な量で一度に大量の水を飲まないことが重要です。理想的なのは、1日に8回程度こまめに分けて、1.5リットルの水を飲んでいく必要があります。

また飲むタイミングについても、適切なタイミングがあるのか紹介していきましょう。

・朝起きた時

朝起きた時は、寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分が失われているため、水分不足に陥りやすいのが特徴です。そのため、血中のミネラル濃度も高くなっていることから、朝一番に水を飲むことが重要になります。

・運動する時

運動中には大量の汗をかき、多くの水分が失われます。またナトリウムやミネラルも失われる可能性があるでしょう。体重の2%の水分を失うと、人は脱水症状になってしまうことがあります。

スポーツドリンクでも脱水症状を補うことはできますが、糖分濃度を抑えることで美容にもいい影響があるので、普通の水を飲む方がいいでしょう。

・入浴時

入浴時にも汗はかきます。そのため、入浴前と入浴後に水を飲み、血液がドロドロになることを防ぐことが大切です。冷たい水を飲むと、体が冷えてしまうので、理想的なのは常温の水を用意しておくことなので、事前に準備しておきましょう。

・就寝前

就寝前の水分補給も重要です。寝ている間に水分は失われるので、寝る前にはコップ1杯分の水を飲むようにしましょう。

水はこまめに適量飲むことが大切

水はたくさん飲むと美容に良いというイメージがありますが、飲みすぎは体に毒です。体の健康や美容のためにも、適量をこまめに飲んでいくことが重要になります。

また飲むタイミングも意識することが大切です。水分不足に陥る前に水分を補給し、体調を整える意識を行うようにしましょう。

今回紹介した水を飲むタイミングを参考に、生活習慣を改めてみてください。

> 続きを読む

水にダイエット効果はある?水太りや飲むタイミングについて解説!

美容や健康にいい影響を与えてくれる水ですが、十分な量を飲めばダイエット効果を得ることはできるのでしょうか。反対に水太りにならないか不安に感じる方も多いでしょう。今回は、水にダイエット効果があるのか、また水太りや飲むタイミングについても解説していくので、参考にしてみてください。

水を飲むことでダイエット効果が得られる?

人は年齢を重ねるごとに体内の水分量が減るため、水を飲むことで肌に潤いや健康効果を与えることができます。ただそれだけでなく、水を十分な量飲むことで、ダイエット効果を得ることが出来ると言われているのです。

水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環がよくなり、代謝を向上させることができます。代謝が高まることで、エネルギー消費量が増えるので、ダイエット効果を得ることが可能です。

また水を飲むことで、便秘の改善を行うことができます。便を柔らかくすることで、便を排出しやすくし、腸のぜん動運動を促進ことにも繋がるのです。

水の飲み方が悪い場合は水太りの可能性

美容や健康、ダイエットにいい効果を与えてくれる水ですが、飲み方が悪い場合は水太りする可能性があると言われています。またむくみの発生も考えられるので、飲み方には十分注意する必要があるでしょう。

水太りする可能性のある飲み方とは、一度に大量の水を摂取してしまうことです。一気に水を摂取すると、細胞内に水が溜まり、水膨れ状態になってしまうことから、脳の中枢に異常が出てしまいます。その結果、水太りになってしまうことがあるそうです。

一度に500ml以上の水を飲んでも、吸収が悪くなってしまい、水太りになってしまう恐れがあるので、こまめに飲むことを意識し、8回~10回にわけて水を飲んでいく必要があります。

水を飲むタイミングもダイエットには重要

水を効果的に摂取するためには、飲むタイミングも工夫することが大切です。どのタイミングで水を摂取すれば、ダイエットに効果的になるのか、詳しい内容を紹介していきます。

・起床後

朝起きた時には、10分以内に1回目の水をゆっくり飲むことが重要です、その際に、体温より低い温度の水を飲むと、体に水が吸収するまで時間がかかるので注意しましょう。

・運動前

運動前に少量の水を飲むのも、脂肪燃焼を促すことができるので、おすすめです。運動後には多めの量の水を飲むことで、ダイエットを促すきっかけになります。

事前に水を摂取しておけば、運動時の水不足の防止や代謝促進効果が期待できるでしょう。

・食事の30分前

食事の30分前に水分補給することで、食べ物の栄養を吸収しやすくする効果が期待できます。また胃腸の働きを促すこともできるので、事前に飲んでおくと健康的にもいい影響を与えることが可能です。

食事前のタイミングは、摂取カロリーを減らす効果もあり、ダイエットに最適な水を飲むタイミングと言われています。

・入浴前後

お風呂に入ると大量の汗をかくため、体内の水分量が失われます。そのため、入浴前に水を飲むことで、脱水症状を予防できるだけでなく、代謝を上げる効果も期待できるでしょう。入浴後にも、しっかり水分を摂取することで、体内に水分を与えて、肌に潤いをプラスすることができます。

水でダイエット効果を得るならタイミングや飲み方が大切

水はダイエット効果が期待できますが、一気に飲んでしまうと、水太りの原因なる可能性があるため、注意が必要です。

こまめに水分補給を行い、適切なタイミングで水を摂取することで、効率よく脂肪燃焼効果を与えることができます。

どのタイミングで水を飲めばいいのか、しっかりタイミングを把握した上で、水でダイエットすることを検討していきましょう。

> 続きを読む

水の摂取量と美容の関係とは?1日の必要な摂取量を紹介!

健康や美容にいい効果を与えることができる水ですが、水の摂取量によって美容効果は異なるのでしょうか。また1日に必要な水の摂取量とは、どれくらいの量を飲めばいいのか気になります。

今回は、水の摂取量と美容の関係、1日に必要な摂取量などを紹介していくので、参考にしてみてください。

体の水分と年齢の関係

人間の体は成人で、60%もの水分で出来ています。血液や細胞についても、水分で構成されているため、水分が失われると、健康も損ねる可能性があります。

具体的には、体内の水分量が5%失われると、脱水症状や熱中症を引き起こし、10%失われると筋肉の痙攣や循環不全、20%失われると生命の危機を感じると言われているのです。

また体内の水分量は、若さのバロメーターとも言われていて、胎児の場合は90%・新生児なら75%・子供なら70%・成人なら60~65%・高齢者になると50~55%と、年齢を重ねるごとに体の水分量は減っていきます。

体内の水分が少ないほど、細胞の劣化が早くなる可能性が高いので、十分注意が必要です。

体内の水の種類

人間に欠かせない体内の水分ですが、体内の水には2種類あります。「細胞内液」と「細胞外液」です。細胞内液は、細胞内に存在していて体内水分の3分の2を占めています。

残りの3分の1が細胞外液です。体内を循環している血液やリンパ液、細胞間液などが該当し、肌の細胞に酸素や栄養を届けたり、老廃物を排出する際に、体にとっていい働きを行ってくれます。

体の水分が減少すると、美容だけでなく、これらの健康にも影響を及ぼし、様々なトラブルの原因になる恐れがあるでしょう。

肌の水分と年齢の関係

健康な肌の表皮の角質層には、20%~30%の水分が含まれています。ただ加齢によって水分保持力が低下し、水分が蒸発することで肌が乾燥してしまうのです。肌の乾燥が進むと、肌荒れや肌老化に繋がりやすくなります。

そのため、誰でも加齢に伴い、肌質が乾燥肌になってしまう可能性があるので注意が必要です。肌老化を出来るだけ防ぐためには、保湿をしっかり行い、乾燥肌対策を行うことが、肌年齢を若々しく保つために重要になります。

体内から水分補給を行い、血液循環を促すことも肌の水分を保持するために大切です。水分量が少ないと、細胞に栄養が行き届かなくなるので、水分補給はこまめに行いましょう。

加齢に伴い、肌の水分量は失われていきますが、体内から水分補給を行えば、キメが整い透明感のある若々しい肌を手に入れることができます。

1日に必要な水分量

人間は運動などで汗をかかなくても、水分が失われていきます。1日に0.9リットル~1リットルの水分は失われていくでしょう。

また尿からでも1.5リットル~1.6リットルの水分が排出されていくので、合計で2.5リットル近くは、水分が排出されることになります。

食事などにも水分が含まれているため、全て飲料水から水分を補う必要はありません。それでも、1日に1.2リットル以上は飲料水から水を補給する必要があります。

体重や年齢、運動量によっても必要な水の量は異なりますが、こまめに水を摂取することは大切です。

必要な水を摂取することで美容にいい効果がある

人間が活動する上では欠かせない水は、加齢に伴い、体内の水分量が失われていきます。摂取量を増やすことで、肌の細胞に栄養が行き届くきっかけにすることができるため、美容にいい影響を与えてくれるでしょう。

いつまでも若々しい肌を実現するためにも、1日に必要な水はしっかり摂取し、肌に潤いをプラスすることが大切です。

何もしなくても、1日に体内の水分量は徐々に失われていきます。飲料水で体内の水を補うことが大切なので、しっかり水を飲んで肌に潤いを与えていきましょう。

> 続きを読む
コラムをもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器一覧

口コミ投稿はこちらから