メニュー 閉じる
おすすめ
浄水器一覧
浄水器
ランキング
浄水器
お役立ちコラム

画像:アイコン 浄水器・ウォーターサーバー探しに役立つお役立ちコラム一覧

2019年1月10日

浄水器は美容にも効果あり?飲み水や洗髪を浄水に変えることによる変化

浄水器は、安全な飲み水を確保するためや、おいしく水道水を飲むために導入している人がほとんどだと思われますが、実は美容にもいい効果を得ることが期待できるのです。

浄水器の水がどのように美容に効果的なのか、その理由や使い方についてまとめていますので、浄水器を検討している人はプラスアルファの効果も合わせて考えてみてください。

ミネラルが豊富な水をたっぷり飲める

水をたくさん飲むことは美容の基本であり、便秘の解消や血流をサラサラにするためにも1日2リットルの水を飲むといいなどと言われていますよね。

水の飲みすぎもよくありませんが、水道水がおいしくないために積極的に水分を取らなかったり、ジュースなどの糖分の多い飲み物ばかり飲んでいたりするよりは、安全でおいしい水を飲んだほうが体にも美容にもいいことは明白です。

さらに、浄水器によっては水道水にミネラルを付与してくれるものもあり、ただの水道水よりも栄養素が豊富な水を飲んで体の調子を整えることにもつながります。

目的によってどんなミネラルが適しているかは異なりますが、美容にいいとされるミネラルが摂取できる浄水器を選ぶといいでしょう。

水道水の塩素を除去して食事の栄養素を充実させる

水道水に含まれる塩素は、人体の健康を損なうほどの濃度はありませんが、水道水をそのまま料理に使うと、食材のビタミンを破壊してしまうおそれがあります。

ビタミンは、肌の調子を整えて若々しく見せてくれる美容には欠かせない栄養素ですが、いくらビタミンが豊富な食材を選んだとしても、水道水の塩素でビタミンが破壊されるようでは意味がなくなってしまいます。

浄水器で水道水の塩素を除去することにより、ビタミンを守って美容にいい栄養素を確実に取り込めるようになります。

髪質や肌質に悪い影響を与える塩素を除去する

水道水に含まれる塩素は飲んで取り入れるよりも、体に直接浴びるほうが影響が出やすく、特に肌や髪の毛を傷めてしまい美容を損ねてしまうことがあります。

食べ物や睡眠時間に気を使っていても、肌荒れや髪のパサつきがひどいという人は、水道水を使って洗髪や洗顔をしているのではないでしょうか。

水道水に含まれる塩素はたんぱく質を分解する働きがあるので、肌荒れや髪のパサつきを促進してしまいます。

気になる人は、一度浄水器を通した水で洗髪や洗顔をしてみるとその違いがわかるのではないでしょうか。肌質がやわらかくなってアトピーが改善されたり、髪の毛がうるおいのあるサラツヤ髪になったり、頭皮の状態が良くなって抜け毛が減ったりといった効果も期待できます。

浄水器はキッチンの蛇口に取り付けるものばかりではなく、シャワーヘッドに備わっているものも販売されていますので、浄水機能付きのシャワーヘッドに付け替えれば、毎日塩素の入っていないお湯で髪や肌を洗うことができます。

まとめ

浄水器の水を使うことによる美容効果は意外とたくさんあり、実際に使っている水を変えてみると体の調子が良くなったり、肌や髪の状態が改善されたりという意見も多くみられます。

特に、浄水器は飲み水のために使っている人も多いですが、塩素の含まれた水で肌や髪を洗うことによる影響は大きく、一度試してみたらその違いをすぐに感じることができるでしょう。

浄水器にもいろいろなタイプがありますので、ミネラルを多く含むものや、シャワーヘッドに浄水機能が付与されたものなど、目的に合ったものを選んでふだんの生活に取り入れてみてください。

もっと見る

2019年1月10日

浄水器から水垢が?浄水器に水垢が発生する原因と対処法

浄水器は水道水をきれいにして有害物質などを除去し、おいしい水にしてくれる働きがありますが、ずっと使い続けているとまれに水垢のような浮遊物が水に混じっていることもあるようです。

浄水器を使用していて水垢が発生することがあるのでしょうか?

その原因と清潔に使い続けるためのコツについてまとめています。

そもそも水垢ってどういうもの?

キッチンや浴室など、水回りの周辺には「水垢」と呼ばれる汚れが付着していることがよく見られます。

蛇口やシンクなどのステンレスに白い汚れがこびりついて見えますが、この正体は水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が固まったものなので、カビのように不衛生なものではありません。

蛇口やシンクに水道水がかかって、水分だけが蒸発してミネラル分が残ったものなので、きれいに掃除していてもこびりつきやすく、その都度こすり落とすしかないのですが、浄水器から出る水に水垢が混じることはあるのでしょうか?

浄水器の周辺にも水垢は発生する

浄水器を使用して水道水をろ過する場合、フィルターには水道水に含まれる不純物や有害物質が溜まっていきますし、水道水に含まれているミネラル成分も浄水器を通る際に残りやすいため、浄水器の周辺に水垢が溜まってしまうこともあります。

特に、フィルターの交換や浄水器周りの掃除を怠っていた場合は、溜まった水垢が取り除かれないまま使い続けることになるので、水を出した時に剥がれて混じってしまうことがあり、飲み水の中に白い浮遊物が浮かんでいるということにもなってしまいます。

また、浄水器のフィルターやろ過する部分の穴を水垢がふさいでしまい、浄水機能が低下してしまう可能性もあるので、見た目だけでなく機能面でも影響が現れてしまいます。

浄水器に水垢を溜めないための対処法

浄水器に水垢が溜まってしまう原因は、フィルターの交換や掃除を怠ったことによるところが大きいので、適切なタイミングでフィルター交換をし、こまめにお手入れや掃除をしていれば浮遊物となって剥がれるほど水垢が溜まることはないでしょう。

浄水器の内部だけでなく、浄水器にホースを接続するビルトイン浄水器ではホースの接続部分に水垢が溜まりやすいので、注意が必要です。

また、毎日浄水器に水を通していれば水分が蒸発して水垢となることも少ないですが、1週間単位で浄水器を使わないような時には、水分が乾燥して水垢となりやすいので、久しぶりに使用する際にはしばらく水を出しっぱなしにして水垢を落としておけば水に混じることもなくなるでしょう。

浄水器の掃除を怠るとカビが発生することも

水垢はそれほど不衛生なものではなく、体に悪いものでもありませんが、カビが発生する場合は気を付けなければなりません。

浄水器を通った水は塩素が抜かれているので、消毒効果を失っており雑菌が繁殖しやすい状態にあります。

そのため、浄水器内部の掃除やお手入れを怠っていると内部でカビが発生して、カビが混じった水を飲む羽目になるかも…。

浄水器もお手入れをしないと逆効果になることがあるのです。

まとめ

浄水器から出る水にゴミのようなものが浮いていたらビックリするかもしれませんが、水道水に含まれるミネラルだとわかればそれほど恐れることもありません。

フィルターの交換やお手入れをきちんとして、水垢が溜まらないように、カビの発生にも気を付けてクリーンに使い続けるようにしましょう。

もっと見る

2019年1月10日

浄水器の除去物質はどれくらい?意外と多い水道水に含まれる有害物質

浄水器を導入している人の多くは、水道水に含まれる塩素の除去を目的としていることでしょう。

水道水に含まれる残留塩素は代表的な有害物質で、カルキ臭の元だったり発がん性物質のトリハロメタンを発生させたりすることから、塩素を除去できればそれでいいと考えている人も多いですが、実際は水道水にはほかにも含有する物質があり、浄水器も複数の物質を除去する機能が備わっています。

水道水にはどんな物質が含まれているのか、浄水器ではどの物質を除去できるのかについてまとめていますので、参考にしてください。

水道水に含まれる有害物質

水道水に含まれる有害物質というと塩素というイメージが強いですが、水道水にはほかにもいろいろな成分が含まれています。

もちろん、すべて人体には影響が出ない濃度以下で定められた検査をクリアしたものではありますが、非常に多くの種類の成分が含有されているため、より安全性を高める場合には浄水器でできる限り除去する手段を取ることができます。

家庭に供給されている水道水は、51項目もの基準値に基づいて検査されており、塩素のほかには大腸菌やフッ素、トリハロメタン、アルミニウム、塩素酸などの成分が微量ながら含まれています。

また、水道局が厳しくチェックしている浄水場から離れた後も、古い水道管に鉛が使われている場合は、老朽化した水道管から鉛が溶け出して水道水に混じっている危険性があります。

浄水器で除去できる成分

市販されている浄水器は、2002年より品質表示が義務付けられるようになり、どういった成分をろ過できるのかということや、浄水能力などについて細かく表示するようになっています。

たとえば、残留塩素をろ過する場合、どの程度まで除去できるかを%で表示したり、除去できる成分について、クロロホルムやトリハロメタンや溶解性鉛などを明記するようになっているのです。

基本的な目安となるのが、「家庭用品品質表示法」で定められている除去対象物質13種類

と、浄水器協会が定めた除去対象物質2種類です。

除去対象物質 は、

・遊離残留塩素

・濁り(雑菌・固形鉛など)

・総トリハロメタン

・クロロホル

・ブロモジクロロメタン

・ジブロモクロロメタン

・ブロモホルム

・溶解性鉛

・農薬(CAT)

・カビ臭(2-MIB)

・テトラクロロエチレン

・トリクロロエチレン

・1,1,1-トリクロロエタン

の13種類で、浄水器協会で定められた除去対象物質は、

・鉄(微粒子状)

・アルミニウム(中性)

の2種類になります。

浄水器を選ぶ際には、上記の15項目を除去できるかどうかを確認しておくと安心です。

浄水器なら煮沸では除去できない有害物質も取り除ける

浄水器のメリットは、水道水を煮沸しても除去できない有害物質も取り除けることにあります。

代表的な物質である塩素やトリハロメタンは、水道水を15分以上煮沸させることで除去できますが、鉛入りの水道管から溶け出す危険な溶解性鉛などの金属物質は煮沸で除去することはできません。

浄水器でしか取り除くことができない成分もあるため、安全性を確保するためには浄水器の存在が欠かせないといえます。

まとめ

水道水には塩素以外にもいろいろな有害物質が含まれていますが、それらはいずれも人体には影響のない濃度です。

ただ、古い水道管から金属製の有害物質が溶け込んでいる可能性もあり、煮沸するだけでは除去できないものもあります。

煮沸で除去できない物質は浄水器で取り除けるものが多く、法的にも定められた項目があるので、確実に有害物質を除去するには浄水器の使用が非常に有用です。

もっと見る

2019年1月10日

浄水器の逆洗浄って知ってる?カートリッジ交換なしで使える浄水器

浄水器と言ったら、毎月のようにカートリッジやフィルターを交換するイメージが強く、メンテナンスが面倒で浄水器の導入に踏み切れない人も多いでしょう。

しかし、最近ではメンテナンスやカートリッジ等の交換が不要な浄水器も増えてきています。

そのための機能が「逆洗浄」と呼ばれるもので、長期間カートリッジの交換なしで浄水機能を保つことができるのです。

浄水器の逆洗浄はどういう仕組みなのか、使用時にかかる費用や使用する際の注意点などについてまとめました。

浄水器の逆洗浄の仕組み

浄水器は、フィルターに活性炭などを入れて水道水を通し、水に含まれる不純物や有害物質をろ過してきれいにする働きがあります。

水道水をろ過し続けていると、不純物や汚れがフィルターに蓄積していき、正常に浄水がおこなえなくなる上、フィルター内でカビが発生するなどかえって水質を悪くしてしまう危険性があります。

そのため、浄水器を使い続けるためには、定期的にフィルターを交換する必要があるのですが、その交換をせずに浄水器を使い続けられるのが、逆洗浄という機能です。

逆洗浄は、通常の浄水とは逆に水を流すことにより、汚れをフィルターから剥がしてきれいにするという仕組みになっていて、フィルターを交換する手間はなくなりますが、ホースをつなぎ変えて洗浄をおこなう必要があります。

浄水器の逆洗浄にかかる費用

逆洗浄機能がある浄水器はまだ数が少なく、平均的な費用は取りにくいのですが、必要なのは逆側から水を流すためのホースなので、数千円のホースや必要に応じて取り付けるカートリッジがあれば、ほかにはほとんど費用はかかりません。

細かいことをいうと、逆洗浄にお湯を使用するため、給湯にかかるガス代は発生しますが、フィルター交換にかかる費用がかからなくなるので、コストパフォーマンスはとても高いと言えます。

ただ、今のところ逆洗浄に対応している浄水器の種類が少なく、対応している機器を取り付けるために初期費用がかかる可能性はあります。

浄水器の逆洗浄にまつわる注意点

フィルターの交換が不要でメンテナンスが楽に思える逆洗浄ですが、実際は自動で洗浄してくれるのではなく、手動でホースをつなぎ変えてお湯を出して洗浄する必要があり、決してメンテナンスが不要というわけではありません。

また、洗浄する頻度も高く、1週間から10日おきに洗浄する必要があるため、1カ月や数カ月おきにフィルターを交換する浄水器よりも手間がかかってしまうことも否めません。

ですから、「フィルター交換が不要で楽そう」という理由で逆洗浄を選ぶと、より手間がかかってメンテナンスを怠ってしまうことにもなりかねませんので、該当の機種を取り付ける際にはよく検討してから決めるようにしてください。

洗浄する場合も、フィルターを交換するのとは違い水流で汚れを落とすことになるので、しっかり洗浄しないと汚れが残って浄水機能が落ちてしまうこともあります。

フィルターを交換すれば毎回新品を使えることになるので、浄水機能が落ちる心配はありません。

まとめ

一見便利そうに見える「浄水器の逆洗浄」ですが、今のところ手動でホースのつなぎなおしをしたり、短期間での洗浄が必要だったりするため、そのメリットはそれほど高くはないと言えます。

いずれは自動で洗浄できるタイプがお手頃価格で販売されるかもしれませんが、フィルター交換にかかる費用や手間とどちらがいいか比較して、より良いほうを選ぶようにしてください。

もっと見る

2019年1月10日

浄水器の利点たくさん!おいしく水を飲む手段のメリット・デメリット

自宅でいつでもおいしい水を飲むためには、いくつかの手段があります。

代表的なものは浄水器、ウォーターサーバー、水道水の利用、ミネラルウォーターの購入などです。

それぞれメリット・デメリットがありますので、生活スタイルや利用しやすさ、価格などからご自分に合ったものを選んでみてください。

浄水器のメリット・デメリット

いつでも手軽に安全でおいしい水を飲むことができる手段としては、浄水器がもっとも適していると言えます。

そのメリットは、サイズがコンパクトなものが多く、蛇口に取り付ければ水道水を浄水しておいしく飲むことができることです。

小型のものならウォーターサーバーのように大きなマシンを設置するスペースは必要がなく、ペットボトルを買い置きして保管しておく必要もありません。

元は水道水ですので水にかかる料金はとても安く、浄水器自体にかかる費用も毎月1,000円程度のカートリッジ交換のみになります。

また、蛇口に取り付けるタイプは水道水に切り替えることができるので、すぐに飲み水として使う場合は浄水、洗い物や長期間飲み水を保存したい場合は水道水に切り替えることができ、使い勝手がよく無駄がありません。

デメリットとしては、カートリッジやフィルターの交換が面倒という点が挙げられますが、最近ではワンタッチで交換できる機種や、長期間交換不要で使える機種もあり、非常に使いやすくなっています。

ウォーターサーバー のメリット・デメリット

ウォーターサーバーは、家まで水の入ったボトルを宅配してくれるので、マシンにセットすればいつでもおいしい水が冷水や温水で利用できるのが最大のメリットでしょう。

水の種類も選べて、パナジウムやミネラルが豊富なものや採水地を選べて質の良い水を飲むことができます。

ただ、宅配される水は少々割高で1カ月分で4,000円くらいからになり、マシンを設置するスペースが必要だったり、稼働させるための電気代がかかったりなど、全体的に見て費用が高めになるのがネックです。

水道水のメリット・デメリット

水道水は、ほかに何かを設置しなくてもいつでも水が使えてそのままでも飲むことができるという自由度の高さや費用の安さがもっとも魅力な手段です。

水道水は塩素で消毒されているので安全ですし、カルキのにおいが気になる場合は煮沸させればおいしく飲むことができます。

塩素が残っているからこそ、長期間保存できて雑菌が繁殖しにくいというメリットもあります。

デメリットとしては、水道管の老朽化などによって水質が低下する可能性があることや、そのままではおいしく感じないこともある不安定さが挙げられます。

ミネラルウォーターのメリット・デメリット

ミネラルウォーターは一般的にペットボトルに詰められて市販されているものを指します。

採水地がさまざまで、ミネラルの含有量も選べるので、用途や好みに合った水を選んで手軽に買うことができます。

コンビニや自販機でも買えますが、自宅で常飲する場合は、大量に注文して届けてもらうこともできるので、自分で重いものを運んでくる必要もありません。

ペットボトルで密封されているので常温でも保存がきき、非常時にも役立ちます。

デメリットとしては、1個あたりの費用が高めで、大量に買った場合保管する場所が必要、ペットボトルを捨てる手間がかかる、ミネラルが多すぎると用途が限られるなどが挙げられます。

一時的に飲むのには便利ですが、気軽に毎日たくさん飲むと費用とゴミがかさむのがやっかいです。

まとめ

おいしい飲み水を確保するにはいろいろな方法がありますが、もっとも魅力的な手段は見つかりましたでしょうか?

メリットが多くデメリットが少ないのは、圧倒的に浄水器と言えますが、浄水器にもいろいろなタイプがありますので、使いやすいものを選ぶためにどんなタイプがあるか知ることから始めてみてください。

もっと見る

2019年1月10日

浄水器にかかるランニングコストはどのくらい?種類別の目安まとめ

便利で使いやすい浄水器はたくさんありますが、導入をためらう人の多くは、ランニングコストがかかることがネックになっているのではないでしょうか。

浄水器は、水道水の不純物や有害物質をフィルターなどでろ過して浄水するものなので、定期的なメンテナンスやフィルターの交換が必要となり、そのための費用が発生することが多いのです。

実際のところ、浄水器を使うとどのくらいランニングコストがかかるのか、種類ごとにかかる費用や必要なメンテナンスなどについてまとめましたので、浄水器選びの参考としてください。

浄水器にかかるランニングコストとは

ランニングコストは機械や機能を維持させるために必要な費用であり、浄水器の機能を維持させるためには浄水器の種類にもよりますが、本体をレンタルする場合はレンタル料、定期的に交換するフィルターやカートリッジの料金、メンテナンスの手数料、電気を使用するタイプなら電気代などもランニングコストに含まれるでしょう。

ウォーターサーバーの場合は、ボトルの水も購入する必要がありますが、蛇口に直結できる浄水器なら使う水は水道水になるので、価格の安い水道料金でまかなうことができます。

浄水器の種類別ランニングコスト

浄水器にはいろいろなタイプがありますが、一番イメージしやすいのが蛇口にそのまま取り付けるタイプではないでしょうか。

蛇口に取り付ける浄水器の場合、フィルターやカートリッジを交換するタイプが多く、交換にかかる費用は1カ月当たり1,000円~2,000円程度が平均的で、年間のランニングコストは10,000円~25,000円程度になります。

また、ボトルに水をためて浄水するタイプは、専用のカートリッジを交換することにより費用が発生します。

カートリッジは使用頻度によって交換時期が異なりますが、平均としては1カ月あたり数百円~1,000円くらいになりますので、年間のランニングコストは10,000円前後になるでしょう。

大型の浄水器である据え置き型の場合、機器をレンタルして使うことになり、レンタル料にはカートリッジの交換費用なども含まれていることが多くなります。

その費用は、月額3,000円くらいが相場となっており、ほかのタイプと比べて高いように感じますが、その分冷水や温水がいつでも使えるなど高機能のマシンとなるため、使い勝手はよくなります。

中にはカートリッジ等の交換が不要で長期間使えるものもあり、面倒なメンテナンスもいらずに使い続けることができるので、機能面を重視する場合はランニングコストも高めになっています。

ミネラルウォーターの購入やウォーターサーバーと比較すると

浄水器のランニングコストは、種類によっても異なりますが、毎月数百円から3,000円くらいまでかかるものと考えるといいでしょう。

そのほかにかかる電気代や水道代は微々たるもので、飲み水のためにミネラルウォーターを購入したりウォーターサーバーを設置する場合さらに費用や手間がかかることを考えると、浄水器にかかる費用は非常にコストパフォーマンスが高いことがわかると思われます。

まとめ

浄水器の機能を保ちながら使い続けるには、フィルター交換やメンテナンスなどにかかるランニングコストは欠かすことができません。

もし、適切なタイミングでフィルター交換を行わなかった場合、不純物や有害物質を除去する能力が落ち、浄水器の中でカビが発生して水の質を落としてしまいます。

ほかにも飲み水を確保する方法はありますので、ほかの方法と比べてコストパフォーマンスが高いと思えるものを選ぶといいでしょう。

もっと見る

2019年1月10日

浄水器の水で作った麦茶の期限とは?水出し麦茶を長持ちさせるコツ

香ばしい香りで健康にもいい麦茶は、自宅で水出しして作るのが手軽で便利。暑い夏にはたくさん飲めるように大量に作り置きしておきたいですね。

でも、大量に作った麦茶ってどのくらい持つものなのでしょうか?

思ったほど飲まなくて日数が経ってしまった麦茶は、いつまで飲めるのでしょうか?

水道水と浄水器の水で作った場合はどちらが長持ちする?

そんな浄水器と麦茶にまつわる疑問にお答えします!

浄水器があれば手軽に水出し麦茶が作れる

昔ながらの麦茶の作り方といえば、麦茶用の麦と水を直接ヤカンに入れて火にかけ、煮立たせるのが主流でしたが、最近では冷たい水でも簡単においしい麦茶が作れるパックも市販されています。

ただ、水道水を煮沸せずに飲むことに抵抗がある人も多いため、浄水器の水で水出しの麦茶を作る人も多いのではないでしょうか。

浄水器の水ならカルキ臭さもなく、おいしい麦茶が作れてとても便利です。

もちろん、水道水で水出しをしてもおいしく作れますし、保管する上でも水道水のメリットを生かすことができます。

水道水と浄水した水で作った水出し麦茶の期限

手軽においしい麦茶が作れる水出し麦茶ですが、一度にたくさん作った場合は、飲み切るまでの期限に注意しなければなりません。

特に、浄水器を使った水の場合は安全に飲み切れる期日が短く、冷蔵庫で保管していても1日から2日程度で飲み切ったほうが安全です。

その理由は、水道水を浄水器に通すことによって塩素が除去されるため、塩素の消毒効果がなくなってしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

 

逆に水道水でそのまま水出しした場合は、4日くらいなら問題なく冷蔵庫で保管しておけるでしょう。

塩素のにおいや人体への影響が懸念されることは多いですが、水道水に含まれる塩素の量は心配される濃度ではなく、ある程度塩素を含んでいることで殺菌効果が持続して日持ちしやすくなるため、水出しの麦茶を作る際には水道水のほうが長持ちするということになります。

麦茶を長持ちさせるためのコツ

水出しの麦茶だけでなく、煮沸させて煮出して作る麦茶の場合も、沸騰させることで塩素が抜けてしまうので、浄水器の水と同じように安全に飲める期限は比較的短めです。

浄水器を使用したからといって、極端に期限が短くなってしまうわけではないのですが、自宅で作ったお茶を長持ちさせるには、いくつかのコツが必要になります。

まず、水出しの場合も煮出した場合も、作った後は常温で放置しておかないということです。

特に夏場で25度以上になる場合は雑菌が繁殖しやすいので、水出しの場合はすぐに冷蔵庫に保管しておくようにしましょう。

煮出した場合は熱いまま冷蔵庫に入れないようにし、ヤカンごと氷水に浸けて急速に冷やしてから冷蔵庫に保管するようにしてください。

また、麦茶を保管する容器は熱湯消毒をして雑菌を減らしておくのも効果的です。

麦茶を飲む際には直接口を着けないようにして、コップに注いで飲むようにしましょう。口を着けることで雑菌が付いてしまう可能性があるからです。

そして、なるべく短い間に飲み切るように、一度にたくさん作りすぎずに、1日か2日で飲み切れる量で作ることをおすすめします。

まとめ

浄水器で作った水出し麦茶はとても手軽においしくできますが、塩素を含まないことで雑菌が繁殖しやすくなっています。

なるべく1日くらいで飲み切るようにし、冷蔵庫であっても長期間保存するのは避けておきましょう。

水出し麦茶の場合は、塩素が残っている水道水で作ったほうが長持ちするので、うまく使い分けて安全に飲めるようにしてください。

もっと見る

2019年1月9日

浄水器の水でミルクは作れる?赤ちゃんのミルクに適した水とは

浄水器を使用した水は安全でおいしく、そのまま飲むのにも料理に用いるのにも便利ですが、赤ちゃんのミルクを作る場合には、問題がないか心配になってしまいますよね。

結論から言うと、浄水器の水で赤ちゃんの飲むミルクを作っても問題はありません。

しかし、ミルクには適さない水の種類もあり、どういった水でミルクをつくのがベストなのか、水とミルクの関係についてまとめましたので、子育て中の方は参考にしてください。

水道水や浄水した水でミルクを作るのはOK

基本的に、水道水は塩素で雑菌などを除去していますし、不純物も少ないのでミルクを作るのに用いても特に問題はありません。

災害や事故などによって、水道水が汚染されている可能性がある場合は避けたほうがいいですが、水道水の成分的にはミルク作りに適した水であると言えます。

塩素やトリハロメタンなどが気になる場合は、一度沸騰させて15分以上沸かし続ければ有害物質も除去でき、熱いうちにミルクを作れば粉ミルクに混入している雑菌も消毒でき安心です。

また、水道管が古い場合は、水道管から鉛の成分が溶け出してしまう危険性もあるので、一度水道管を確認して心配な場合は浄水器を通した水を使ったほうが安全かもしれません。

また、浄水器を通した水も70度以上に沸かして粉ミルクを殺菌すれば問題なく赤ちゃんに与えることができます。

ただ、浄水器を通すと殺菌効果のある塩素を除去してしまうので、水を汲んだまま放置しておくと雑菌が増えてしまうため、その点は注意する必要があります。

濃度の低い軟水のミネラルウォーターなら使用OK

より安全な水を使いたいという場合は、売られているペットボトルのミネラルウォーターを使用したいと考える人も多いでしょう。

ミネラルウォーターをミルクに使う場合は、日本製の軟水でミネラル濃度が低いものなら使っても問題ありません。

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは体にとっていい影響もありますが、胃腸の機能が弱い赤ちゃんにとっては消化不良を起こして、おなかを壊してしまう可能性があります。

そのため、外国製のミネラル濃度の高い硬水は赤ちゃんのミルクには適していません。

ミネラルウォーターをミルクに使う場合は、軟水か硬水か、ミネラル濃度はどのくらいかということを十分確認したほうがいいでしょう。

ミルクを作る水は煮沸させてなるべく早く使う

ミルクに使用する水は、基本的にミネラル濃度の高い硬水でなければ、水道水や浄水器の水、軟水のミネラルウォーターのどれを使っても問題はありません。

どの場合にも煮沸させたほうが殺菌効果があるので安全性が高くなりますが、塩素を除去してしまうと雑菌が繁殖しやすくなるので、早めに消費することが重要です。

赤ちゃんを持つお母さんの多くが、煮沸させた水道水や浄水器の水を使用していますので、あまり神経質にならずに、手軽に使える水道水でミルクを作って手間をかけないような工夫をするのもいいのではないでしょうか。

まとめ

水道水や浄水器の水でも赤ちゃんのミルクには問題なく使えますが、浄水器を通した水や煮沸させた水は塩素が除去されていて雑菌が繁殖しやすくなりますので、早めに使うようにしましょう。

水道水でも安全ですが、鉛の含有などが心配な場合は、浄水器を通した水のほうが確実です。

また、ミネラルウォーターの場合はミネラル濃度の高い硬水は赤ちゃんにはよくありませんので、軟水を選ぶようにしてください。

もっと見る

2019年1月9日

浄水器の水を飲んで腹痛に?浄水した水の飲み方とメンテナンスについて

浄水器は、水道水に含まれる残留塩素を取り除いて、より安全でおいしい水にしてくれる機能を持っています。

そのため、体に与える悪影響はほとんどないと言えますが、中には浄水器を通した水を飲んでおなかを壊したことのある経験をお持ちの方も少なからずいます。

浄水器を使用した水で腹痛になるのはどんな理由があるのか、その原因や対処法について詳しくご説明していきます。

塩素を除去した水は雑菌が繁殖しやすい

水道水は塩素によって殺菌・消毒されており、雑菌やウイルスなどを除去してくれる働きがあります。

水道水の危険性を語る際には、消毒に使われる塩素が残留していることにより、人体に影響が出るのではないかということが懸念されますが、そもそも塩素がなければ雑菌だらけの水となってしまい、とてもそのまま飲むことなどできません。

浄水器は、水道水に含まれる残留塩素を除去する効果があるので、塩素を含まない水は人体に有害な物質がなくおいしさもあることから好まれていますが、ここでひとつ問題があります。

水道水に含まれる残留塩素は、水を汲んでから放置しておいても雑菌が繁殖しにくいというメリットがあるのですが、塩素を除去してしまうと殺菌効果がなくなって、長時間放置しておくと雑菌が繁殖しやすくなるのです。

そのため、浄水器を通した水は早めに飲むことが推奨されていますので、水の中に何か入れて飲んだり、水筒に入れて口を着けて飲んだりする場合は、時間が経つと雑菌によって腹痛を起こす危険性があるというわけです。

浄水器のメンテナンス不足で雑菌が繁殖する危険性

もうひとつ、浄水器を使用する上で気を付けたいことが、決められた期間や回数を超えた場合に適切なメンテナンスをしなくてはいけないということです。

といっても、フィルターやカートリッジを定期的に交換するだけなので、それほど面倒なことはありません。

ただ、このメンテナンスすら面倒に思って交換しないでいると、フィルターやカートリッジの内部に溜まった不純物から雑菌が繁殖しやすくなり、悪いときにはカビが発生した浄水器を通した水を飲むことになってしまいます。

浄水器自体に問題があるわけではありませんが、浄水器は使い方が良くないとかえって汚れた水を飲むことになり、おなかを壊してしまう恐れがあることを理解して使用するべきといえます。

交換が面倒な人はメンテナンスが簡単なピュレストがおすすめ

浄水器を使用する際は、決められた期間ごとにフィルターやカートリッジを交換する必要がありますが、交換時期がわかりにくかったり自分で交換しにくかったりすると、ついつい交換やメンテナンスをさぼりがちになってしまいます。

そんなずぼらな人でも安心なのが、フィルター交換が簡単な「ピュレスト」という浄水器です。

「ピュレスト」は一見するとウォーターサーバーのような見た目をしているのですが、水道に直結できる浄水器で、冷水だけでなく温水も使用でき、交換時期になるとフィルターを郵送してくれるので、自分でワンタッチで交換すればメンテナンスは不要でいつでもクリーンな水が使えます。

浄水器自体にクリーン機能が搭載されているので、業者の人が訪問してメンテナンスをおこなう必要もなく、お手入れが非常に楽になっています。

塩素を除去した水は早めに飲み切ることも必要ですが、少なくとも浄水器の内部でカビや雑菌が繁殖するようなことは防ぐことができるでしょう。

まとめ

浄水器は、水をきれいにしてくれる便利なものですが、塩素を取り除くということは、雑菌が繁殖しやすいということを忘れないようにし、浄水した水はすぐに飲むように心がけてください。

また、浄水器のメンテナンスが面倒という人は、フィルター交換が簡単でメンテナンスいらずの使いやすい浄水器もいろいろありますので、ご自分に合った浄水器を選んで、いつでもおいしい安全な水を飲める生活を送ってみてください。

もっと見る

2019年1月9日

浄水器の水で抜け毛が減る?水道水の残留塩素が髪や肌に与える影響

水道水は、飲み水としての安全性やおいしさなどがよく取沙汰されていますが、実は髪の毛や肌にも影響があることをご存知でしょうか。

抜け毛や肌荒れの原因として、水道水に含まれる残流塩素が挙げられており、気づかずに使い続けて悪化してしまう危険性があります。

水道水による抜け毛や肌荒れの影響や、浄水器を使うことによる対処法などについてご紹介します。

残留塩素が抜け毛や肌荒れに及ぼす影響

水道水には、少ないけれどもわずかに残留塩素が含まれています。

塩素は、水道水の消毒に使われるもので、水道水をそのまま飲んでも人体に影響はない濃度とされています。

しかし、シャワーやお風呂、洗顔などで水道水や水道から出るお湯を用いる場合、飲むのとは異なる影響が出てしまうのです。

塩素にはたんぱく質を分解する働きがあり、洗髪や洗顔などに使用すると、髪の毛や肌を荒れさせてしまう危険性があります。

もちろん、水道水に含まれる残留塩素はそれほど濃度の高いものではないため、目に見えて傷んだりする可能性は低いですが、毎日使用することで少しずつ変化が出てきますので、なんとなく抜け毛が増えた、肌が荒れやすくなったなどの影響として現れてきてしまうのです。

飲むよりも浴びるほうが影響が出やすい残留塩素

水道水の危険性は飲料として用いる際によく語られますが、実際には毎日水道水を飲んでいても腎臓がろ過してくれるので体に影響が出ることはほとんどありません。

しかし、シャワーなどで毎日体や髪の毛に浴びていると、肌や髪に直接塩素がかかってしまうことになるので、飲んだ時よりも影響が出やすくなります。

水道水以外にも、プールで泳いでいたら指がカサカサしたり、髪の毛がパサついたりといった状態になるのも塩素による影響で、毎日続けることによって頭皮環境が悪くなって抜け毛を促進させてしまう可能性があるのです。

洗髪や洗顔にも浄水器を通した水道水を使うのがおすすめ

一般的に浄水器は、飲料のために用いられることが多いですが、洗髪や洗顔の際に浄水器に通した水を使うことで、抜け毛や肌荒れを軽減させることができるようになります。

たとえば、キッチンに浄水器が取り付けてある場合は、洗顔をキッチンでおこなうようにしたり、シャワーヘッドを浄水機能のあるものに取り換えることで同様の効果を得ることができるでしょう。

シャワーヘッドにもいろいろな種類があり、浄水と原水を簡単に切り替えられるものも多く、髪の毛を洗う時だけ浄水にすればフィルターの交換頻度を少なくすることができます。

シャワーヘッドは簡単に自分で交換することができるので、飲み水にはこだわらないけれど、抜け毛や肌荒れが気になるという人は、浄水機能のあるシャワーヘッドを探してみてください。

特に抜け毛や肌荒れを感じないという人でも、浄水効果のあるシャワーヘッドに取り換えたところ、髪の毛が驚くほどサラサラになったということもあります。

肌荒れや髪の毛のパサつきなどに悩んでいる人も、一度浄水器の水で洗髪や洗顔を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

飲み水としての危険性が挙げられる水道水に含まれる残留塩素は、実は直接浴びることの多い髪や肌への影響のほうが大きいのです。

引っ越してから抜け毛が増えた、最近理由もなく肌荒れがひどくなった、トリートメントしても髪のパサつきが気になるという人は、塩素を除去できる浄水器を使用した水で洗髪や洗顔を試してみることをおすすめします。

もっと見る
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器はこちら Recommended Water Purifier

Purest
(ピュレスト)

Purest(ピュレスト)

daiohs

家族と家計にやさしい

水道直結型ウォーターサーバー。月額2980円、3980円で冷温水機能付きの使い放題です。クリーン機能が付いているのでメンテナンス不要。使い勝手もばっちりです。

詳しく見る

ナノラピアネオ

waterstand

おしゃれなデザインが
話題

白を基調としたナチュラルなデザインで人気!こちらも冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。見た目だけでなく安心の浄水精度にも注目。ただし、関東限定。

詳しく見る

Cool Qoo
(クール・クー)

Cool Qoo(クール・クー)

andwater

充実の機能でいつも清潔

自動クリーン機能など、庫内を清潔に保つ機能が充実した浄水器。上位2つと同様に冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。高機能な分レンタル料はやや高め。

詳しく見る

おすすめコラムはこちら Recommended Column

水はたくさん飲むと美容にいい?適度な量や飲み方を解説!

モデルや女優の方が水をたくさん飲むことで、美容にいい効果があると話を聞いたことがありますが、水はたくさん飲むほど、美容にいい効果があるのでしょうか。適度な量があれば、参考にしたい方も多いでしょう。

今回は、たくさん水を飲むと美容にいいのか、適度な量や飲み方について紹介していくので、参考にしてみてください。

理想は1日1.5リットル

水分補給はとても大切なことですが、飲み過ぎは体によくないこともあります。基本的に、人が何もしなくても排出する水の量は、1リットルあると言われているのが特徴です。

また尿や便として1.3リットル排出されます。そのため、1日の排出量である2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があるのは確かでしょう。

ただ飲料水から、1日の排出量を補う必要はありません。食事にもある程度の水分は保有してあり、0.6リットルほどの水分を食事で摂取しています。

また食べ物を分解している途中で、0.2リットルの水を摂取しているので、1.5リットルほどを飲料水から補えば、1日の排出量を補うことが可能です。

水の摂取量は多くても少なくても危険

人間の体は60~65%は水分から出来ています。水の働きで栄養や代謝物の運搬、体温の調節を行っているのです。そのため、水分は排出量と摂取量のバランスが取れていれば、ベストな体調管理を行うことができます。

しかし、バランスが崩れてしまうと、様々な症状を引き起こしてしまうのです。水分不足に陥った場合は、脱水症や熱中症の原因になります。ただ摂取し過ぎもよくありません。

水中毒といって、内臓に負担がかかりすぎることで、体がだるくなったり、消化不良を引き起こすこともあるので、気を付けないといけません。

体内のナトリウム濃度が低下すると、命の関わる危険性もあるので、十分注意が必要です。

水分は1日に8回程度こまめに飲む

水はたくさん飲むと美容や健康にいいという訳でもなく、適度な量で一度に大量の水を飲まないことが重要です。理想的なのは、1日に8回程度こまめに分けて、1.5リットルの水を飲んでいく必要があります。

また飲むタイミングについても、適切なタイミングがあるのか紹介していきましょう。

・朝起きた時

朝起きた時は、寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分が失われているため、水分不足に陥りやすいのが特徴です。そのため、血中のミネラル濃度も高くなっていることから、朝一番に水を飲むことが重要になります。

・運動する時

運動中には大量の汗をかき、多くの水分が失われます。またナトリウムやミネラルも失われる可能性があるでしょう。体重の2%の水分を失うと、人は脱水症状になってしまうことがあります。

スポーツドリンクでも脱水症状を補うことはできますが、糖分濃度を抑えることで美容にもいい影響があるので、普通の水を飲む方がいいでしょう。

・入浴時

入浴時にも汗はかきます。そのため、入浴前と入浴後に水を飲み、血液がドロドロになることを防ぐことが大切です。冷たい水を飲むと、体が冷えてしまうので、理想的なのは常温の水を用意しておくことなので、事前に準備しておきましょう。

・就寝前

就寝前の水分補給も重要です。寝ている間に水分は失われるので、寝る前にはコップ1杯分の水を飲むようにしましょう。

水はこまめに適量飲むことが大切

水はたくさん飲むと美容に良いというイメージがありますが、飲みすぎは体に毒です。体の健康や美容のためにも、適量をこまめに飲んでいくことが重要になります。

また飲むタイミングも意識することが大切です。水分不足に陥る前に水分を補給し、体調を整える意識を行うようにしましょう。

今回紹介した水を飲むタイミングを参考に、生活習慣を改めてみてください。

> 続きを読む

水にダイエット効果はある?水太りや飲むタイミングについて解説!

美容や健康にいい影響を与えてくれる水ですが、十分な量を飲めばダイエット効果を得ることはできるのでしょうか。反対に水太りにならないか不安に感じる方も多いでしょう。今回は、水にダイエット効果があるのか、また水太りや飲むタイミングについても解説していくので、参考にしてみてください。

水を飲むことでダイエット効果が得られる?

人は年齢を重ねるごとに体内の水分量が減るため、水を飲むことで肌に潤いや健康効果を与えることができます。ただそれだけでなく、水を十分な量飲むことで、ダイエット効果を得ることが出来ると言われているのです。

水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環がよくなり、代謝を向上させることができます。代謝が高まることで、エネルギー消費量が増えるので、ダイエット効果を得ることが可能です。

また水を飲むことで、便秘の改善を行うことができます。便を柔らかくすることで、便を排出しやすくし、腸のぜん動運動を促進ことにも繋がるのです。

水の飲み方が悪い場合は水太りの可能性

美容や健康、ダイエットにいい効果を与えてくれる水ですが、飲み方が悪い場合は水太りする可能性があると言われています。またむくみの発生も考えられるので、飲み方には十分注意する必要があるでしょう。

水太りする可能性のある飲み方とは、一度に大量の水を摂取してしまうことです。一気に水を摂取すると、細胞内に水が溜まり、水膨れ状態になってしまうことから、脳の中枢に異常が出てしまいます。その結果、水太りになってしまうことがあるそうです。

一度に500ml以上の水を飲んでも、吸収が悪くなってしまい、水太りになってしまう恐れがあるので、こまめに飲むことを意識し、8回~10回にわけて水を飲んでいく必要があります。

水を飲むタイミングもダイエットには重要

水を効果的に摂取するためには、飲むタイミングも工夫することが大切です。どのタイミングで水を摂取すれば、ダイエットに効果的になるのか、詳しい内容を紹介していきます。

・起床後

朝起きた時には、10分以内に1回目の水をゆっくり飲むことが重要です、その際に、体温より低い温度の水を飲むと、体に水が吸収するまで時間がかかるので注意しましょう。

・運動前

運動前に少量の水を飲むのも、脂肪燃焼を促すことができるので、おすすめです。運動後には多めの量の水を飲むことで、ダイエットを促すきっかけになります。

事前に水を摂取しておけば、運動時の水不足の防止や代謝促進効果が期待できるでしょう。

・食事の30分前

食事の30分前に水分補給することで、食べ物の栄養を吸収しやすくする効果が期待できます。また胃腸の働きを促すこともできるので、事前に飲んでおくと健康的にもいい影響を与えることが可能です。

食事前のタイミングは、摂取カロリーを減らす効果もあり、ダイエットに最適な水を飲むタイミングと言われています。

・入浴前後

お風呂に入ると大量の汗をかくため、体内の水分量が失われます。そのため、入浴前に水を飲むことで、脱水症状を予防できるだけでなく、代謝を上げる効果も期待できるでしょう。入浴後にも、しっかり水分を摂取することで、体内に水分を与えて、肌に潤いをプラスすることができます。

水でダイエット効果を得るならタイミングや飲み方が大切

水はダイエット効果が期待できますが、一気に飲んでしまうと、水太りの原因なる可能性があるため、注意が必要です。

こまめに水分補給を行い、適切なタイミングで水を摂取することで、効率よく脂肪燃焼効果を与えることができます。

どのタイミングで水を飲めばいいのか、しっかりタイミングを把握した上で、水でダイエットすることを検討していきましょう。

> 続きを読む

水の摂取量と美容の関係とは?1日の必要な摂取量を紹介!

健康や美容にいい効果を与えることができる水ですが、水の摂取量によって美容効果は異なるのでしょうか。また1日に必要な水の摂取量とは、どれくらいの量を飲めばいいのか気になります。

今回は、水の摂取量と美容の関係、1日に必要な摂取量などを紹介していくので、参考にしてみてください。

体の水分と年齢の関係

人間の体は成人で、60%もの水分で出来ています。血液や細胞についても、水分で構成されているため、水分が失われると、健康も損ねる可能性があります。

具体的には、体内の水分量が5%失われると、脱水症状や熱中症を引き起こし、10%失われると筋肉の痙攣や循環不全、20%失われると生命の危機を感じると言われているのです。

また体内の水分量は、若さのバロメーターとも言われていて、胎児の場合は90%・新生児なら75%・子供なら70%・成人なら60~65%・高齢者になると50~55%と、年齢を重ねるごとに体の水分量は減っていきます。

体内の水分が少ないほど、細胞の劣化が早くなる可能性が高いので、十分注意が必要です。

体内の水の種類

人間に欠かせない体内の水分ですが、体内の水には2種類あります。「細胞内液」と「細胞外液」です。細胞内液は、細胞内に存在していて体内水分の3分の2を占めています。

残りの3分の1が細胞外液です。体内を循環している血液やリンパ液、細胞間液などが該当し、肌の細胞に酸素や栄養を届けたり、老廃物を排出する際に、体にとっていい働きを行ってくれます。

体の水分が減少すると、美容だけでなく、これらの健康にも影響を及ぼし、様々なトラブルの原因になる恐れがあるでしょう。

肌の水分と年齢の関係

健康な肌の表皮の角質層には、20%~30%の水分が含まれています。ただ加齢によって水分保持力が低下し、水分が蒸発することで肌が乾燥してしまうのです。肌の乾燥が進むと、肌荒れや肌老化に繋がりやすくなります。

そのため、誰でも加齢に伴い、肌質が乾燥肌になってしまう可能性があるので注意が必要です。肌老化を出来るだけ防ぐためには、保湿をしっかり行い、乾燥肌対策を行うことが、肌年齢を若々しく保つために重要になります。

体内から水分補給を行い、血液循環を促すことも肌の水分を保持するために大切です。水分量が少ないと、細胞に栄養が行き届かなくなるので、水分補給はこまめに行いましょう。

加齢に伴い、肌の水分量は失われていきますが、体内から水分補給を行えば、キメが整い透明感のある若々しい肌を手に入れることができます。

1日に必要な水分量

人間は運動などで汗をかかなくても、水分が失われていきます。1日に0.9リットル~1リットルの水分は失われていくでしょう。

また尿からでも1.5リットル~1.6リットルの水分が排出されていくので、合計で2.5リットル近くは、水分が排出されることになります。

食事などにも水分が含まれているため、全て飲料水から水分を補う必要はありません。それでも、1日に1.2リットル以上は飲料水から水を補給する必要があります。

体重や年齢、運動量によっても必要な水の量は異なりますが、こまめに水を摂取することは大切です。

必要な水を摂取することで美容にいい効果がある

人間が活動する上では欠かせない水は、加齢に伴い、体内の水分量が失われていきます。摂取量を増やすことで、肌の細胞に栄養が行き届くきっかけにすることができるため、美容にいい影響を与えてくれるでしょう。

いつまでも若々しい肌を実現するためにも、1日に必要な水はしっかり摂取し、肌に潤いをプラスすることが大切です。

何もしなくても、1日に体内の水分量は徐々に失われていきます。飲料水で体内の水を補うことが大切なので、しっかり水を飲んで肌に潤いを与えていきましょう。

> 続きを読む
コラムをもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器一覧

口コミ投稿はこちらから