メニュー 閉じる
おすすめ
浄水器一覧
浄水器
ランキング
浄水器
お役立ちコラム

画像:アイコン 浄水器・ウォーターサーバー探しに役立つお役立ちコラム一覧

2019年5月10日

芸能人も飲んでいる?美容効果があると噂の水の種類を紹介!

水には美容効果があると言われており、美人が飲んでいる水として、数多くのミネラルウォーターが紹介されています。美容効果がある水とは、どのような種類があるのでしょうか。

今回は、美容効果が期待できる水の種類を紹介していくので、参考にしてみてください。

ハワイアンウォーター

ハワイオアフ島の山に降った雨が、溶岩石にろ過され、25年の歳月をかけて出来た原水が利用されているミネラルウォーターとされています。噂では、地球上で一番綺麗な水と言われており、綺麗な水であることから、美容効果が期待できるというのが特徴です。不純物が99.9%除去されているので、安心・安全な水として扱われています。

さらに美容効果を得るために、常温で飲む方法がおすすめです。また冷え性に効果的と言われているので、症状を改善したいと考えている方は試してみてください。

フィジーウォーター

美のミネラルと言われている「シリカ」が含まれているミネラルウォーターです。南太平洋にあるフィジーは、環境保護対策の影響で、酸性雨や汚染された大気が存在しないと言われていることから、綺麗な水が確保されています。

熱帯雨林地帯の火山岩の地下水を水源としていることから、体にいい効果が期待できると、多くの方が購入しているのが特徴です。

アルカリイオンの水

富士山と白山のすそ野から汲み上げたピュアな水で、電気分解によってアルカリイオン化した体に優しい水となっています。飲んだ後味がまろやかで、日本人の口に合うミネラルウォーターです。

比較的入手しやすいミネラルウォーターなので、積極的に購入してみてください。

水素水サラスバ

通常の水に水素水を溶かし込んだ水が、水素水です。体内の悪い毒素や悪玉活性酸素と結びついて水になることで、体外へ排出してくれる効果が期待できます。

芸能人やスポーツ選手も水素水を飲んでいるという話も多く、体の細胞を活性化する効果が期待できるようです。

フローラルウォーター

芳香植物を水蒸気で蒸留させ、出来た蒸留水を水に希釈することで、アロマ効果を生み出すことが出来ると言われています。美容効果の他にも、寝付きをよくしたり、リラックス効果も期待できるので、アロマが好きな方にはおすすめです。

サイズダウンフレグランスウォーターローズ

特許製法でクラスターをサイズダウンさせた天然水で、ダイエットに最適な熱伝導が特徴で、常飲することで体内の細胞に酸素を運んでくれる効果が期待できます。

体中に酸素を届けてくれることから、基礎代謝を向上させることができ、肌のターンオーバーを促すことが可能です。運動中や運動後に飲むと、疲れを癒すことが出来ると言われています。

電解還元水

水を電気分解し、水素水を生成することで、体内のサビを取る効果が期待できると言われています。デトックス効果も生み出すことができ、老廃物の排出により、美肌効果を生み出すことが期待できるでしょう。

日田天領水

日田氏の地中1,000mから採取したと言われている天然水です。通常の水素水は、人工的に水素を加えますが、日田天領水は深井戸水から汲み上げているため、天然活性水素水と言われています。

滅菌処理を行わなくても、飲料水として活用することができる深井戸水の水であるため、綺麗な水なのが特徴です。体のサビを取る効果が期待でき、お通じもよくなる効果があると言われています。

自分に合った水の種類を選んで飲むことが大切

噂になっている水の種類を紹介しましたが、他にもたくさんのミネラルウォーターが存在しているので、自分の体質に合った水を選ぶことが大切です。

味の違いもあるため、出来るだけ美味しいと感じる水を飲み続けることが重要になります。水を飲むほど、美容効果が期待できるので、積極的に水を飲んで美肌を目指してみてください。

もっと見る

2019年5月10日

1日2リットルの水を飲まないといけない?美容のために行う水習慣!

雑誌のインタビューなどでも、モデルの方が美容のために水を1日2リットルは飲んでいるという話がありますが、美肌になるためには2リットルの水は必要なのでしょうか。

今回は、1日2リットルの水は必要なのか、正しい水の飲み方について解説していくので、参考にしてみてください。

体と水は密接な関係がある

人間の体の多くは水で出来ており、成人の方であれば65%ほどは水分で満たされています。体内の水分の3分の2は、体を構成するために使用され、残りの3分の2は細胞液と血液に使用されているというのです。そのため、水分は人間が生きていくためには、大切な役割を持っています。

体内の水分は、全く同じところに溜まっているのではなく、体の代謝機能により、少しずつ体外に排出されていくのです。この時に、水分バランスが正常に働かないと、体は正常に動かなくなってしまいます。バランスを保つために、水を体内に取り込み栄養とする必要があるのです。

正常な活動をするために必要な水の量が、1日2リットルと言われているため、美容だけでなく健康のためにも、毎日2リットルの水は飲んだ方が体にはいい影響を与えます。

美容のために水が重要

水を摂取することは、体の循環機能を活発化させるためには重要です。水分は、腎機能を活発に働かせ、必要以上の水分を体外に排出します。この時に、尿と共に老廃物や蓄積した古い水分を排出してくれるので、細胞を活性化させたり、むくみ解消に効果が期待できるのです。

老廃物を排出すれば、肌のターンオーバーが正常に働き、美肌効果も期待できるため、1日2リットルの水は、美容のためには必要な存在になります。

またダイエットの観点からも、水を飲むことで胃液が薄まる効果が期待できるので、食欲を抑えることが可能です。体型維持にも適度な水は大切な役割を担ってくれるので、モデルの方は水を飲んで、体型維持に努めています。

正しい水の飲み方

体や美容のために、水を飲むことが大切なことはわかりましたが、なぜ水でないといけないのでしょうか。基本的に、ジュースなど糖分や添加物が多いため、飲んでしまうとダイエットや体の細胞を傷つけてしまう可能性があるので、水分としてはおすすめできません。

お茶やコーヒーについても、カフェインが多く含まれているため、腎臓の機能を酷使してしまいます。そのため、体の細胞に吸収されやすい水を飲むことが、体や美容のためには重要です。

水の種類は「軟水」と「硬水」の2種類あり、ダイエットを検討している方は、ミネラル分が豊富に含まれている硬水が良いと言われています。ただ日本で主流となっている水は、軟水であるため、硬水の場合は飲みにくく、お腹を壊してしまう恐れがあるので、水の種類は慎重に選ぶようにしましょう。

また正しい水の飲み方としては、冷たい水よりも常温の水の方が、体に吸収されやすいのが体に負担をかけないように、常温の水を飲む意識を心掛けてください。

飲むタイミングについても、喉が渇いたと感じる前に、こまめに飲むことが大切です。一度に大量の水を飲むと、体内の水分バランスを崩してしまうので、下痢などを引き起こす可能性もあります。

適度なバランスで、水の量も1日2リットル程度が理想です。多すぎると、体調を崩してしまう恐れがあります。

美容を意識するなら1日2リットルは大切!

モデルの方が話をしている1日2リットルの水は、美容のことだけでなく、体を正常に働かせるためには、重要な水の量であることがわかりました。

もちろん、美容を意識するのであれば、新陳代謝を促すためにも、1日2リットルの水を飲むことは大切です。

意識的に水を飲むように心掛けて、いつまでも若々しい肌を維持するように心掛けてください。

もっと見る

2019年5月10日

水を飲むことで美容効果が得られる?効果が得られる理由を解説!

日頃から水を飲むと、肌が綺麗になるなどの美容効果を得ることが出来ると言われていますが、どんな美容効果を得ることができるのでしょうか。また水を飲むことで、なぜ美容効果を得ることができるのか気になる方も多いでしょう。

今回は、水を飲むことで得られる美容効果や理由について、解説していくので、参考にしてみてください。

水を飲むことで得られる美容効果

水を飲むことで得られる美容効果はいくつかあります。主な効果は以下の8つです。

・基礎代謝向上

水を飲むと、脂肪を燃焼してくれる体を作ることができ、エネルギー代謝率を向上させることができます。基礎代謝が大きい人ほど、活力があり若々しい体を維持することが可能です。

・デトックス効果

水を飲むことで、体の中に溜まった老廃物を排出し、デトックス効果を得ることができます。老廃物は蓄積すると、免疫力の低下や代謝の低下、セルライトが増えるなど、体に悪い影響を与える可能性が高いので、注意が必要です。

水を飲むと、老廃物を体外に排出する効果を得ることができるので、体を健康にし、肌の潤いを与える効果が期待できます。

・美肌効果

水を飲むことで、肌に潤いを与え、美肌を生み出すことができます。新生児ほど体内に含む水分量が多く、年齢を重ねるごとに体内の水分量は減っていくのが特徴です。若々しい肌ほど、体内の水分量が多いため、美肌を作るためには水分補給が肝心になります。

・むくみの解消

水を飲むことで、全身のむくみを解消することができます。水を飲むことで、むくみが発生すると考える方もいますが、水を飲むことで老廃物などむくみの原因を排除することができるため、むくみの解消に繋がるのです。

なぜ美容効果が得られるのか?

水を飲むことで美容効果を得ることがわかりましたが、なぜ美容効果を得ることができるのでしょうか。詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

・基礎代謝向上の場合

水を飲むことで基礎代謝が向上する理由は、水を摂取することで血流促進効果が得られるため、細胞に栄養が行き届くまでのスピードが速くなることから、基礎代謝が向上します。

反対に、水分量が少ないと血液がドロドロになってしまうため、基礎代謝が下がってしまうので、日頃から水分補給は大切です。

・デトックス効果の場合

水を飲むことでデトックス効果を得ることができるのは、食事などが理由で体内に入った有害物質を水を飲むことで、尿と一緒に体外に排出してくれるからです。

水を飲むほど、排尿の回数は増えるので、デトックス効果をより得たい場合には、十分に水分補給を繰り返し、排尿を行うことが重要になります。

・美肌効果の場合

水を飲むことで美肌効果が生まれるのは、単純に体内の水分量が増えることで、細胞に行き届く水分が増加することにも影響しています。しかし、それだけでなく、体内に蓄積した毒素を排出することで、新陳代謝が高まることから、シミや肌荒れの原因を排除することも関係しているのです。

新陳代謝が高まれば、肌のターンオーバーも正常に行われるので、美肌効果が期待できます。

・むくみの解消の場合

水を飲むことでむくみが解消できるのは、むくみの原因が水分不足により、細胞に水を貯め込んでしまうことが関係しています。人の細胞は水分不足に陥ると、水を守るため、細胞に古い水を溜め込んでしまうのです。

結果、むくみが生じることになるので、新しい水を体内に摂取することで、細胞が水を溜め込まなくなるので、むくみが解消されます。

水を飲むと美容だけでなく健康にもいい影響を与える

水を飲むと、新陳代謝や血流の流れがよくなるため、肌を綺麗にしてくれます。またそれだけでなく、血液もサラサラにする効果が期待できることから、健康的な体質にすることも可能です。

積極的に水を飲み、美容と健康効果が得られるようにしていきましょう。

もっと見る

2019年5月10日

美容と水はどのような関係がある?水を飲むメリットを解説!

肌を綺麗に保ちたいと考えている女性は多いでしょう。そんな美容を意識している方は、水をよく摂取すると言われていますが、美容と水の関係はどのようなことが言えるのでしょうか。

今回は、美容と水の関係や水を飲むメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

美容と水の関係

水を摂取すると、美容にいい影響を与えると言われていますが、実際にはどのような影響を与えてくれるのでしょうか。美容と水の関係性について紹介していきます。

・体への影響

人間の体を占める水分量は、60%ほどと言われています。体内にある水分は、血液として栄養素を血液に運ぶことや尿として老廃物を排出する役割を担ってくれるのです。

体の水分量が20%減ってしまうと、命の危険もあると言われているほど、人にとって水分はどれほど大切なことかわかるでしょう。

また新生児は、80%ほど水分があると言われていますが、加齢に伴い、体内の水分量は失われていきます。そのため、体の水分量は若さを保つために、必要な物なのです。

いつまでも若々しい体を保つためには、水を摂取することは大切になります。

・肌や髪の美容にいい影響を与える

水は肌や髪の美容にも深く関わっています。肌の水分量は、年齢を重ねるごとに減っていき、乾燥やくすみ、肌荒れといったトラブルに発展することがあるのです。

肌の潤いは化粧水などから与えることもできますが、大切なのは内側の水分量になります。肌を若く保つためには、体内からしっかり水分補給を行うことが重要です。

また髪と水分も密接な関係にあり、日頃のドライヤーや紫外線による髪のダメージは、水を摂取することで栄養が髪に行き届き、髪の美容を保つきっかけにすることができます。

水を飲むメリット

水を飲むことで美容にいい理由はたくさんあります。水を飲むメリットについて、具体的に解説していくので、参考にしてみてください。

・血流促進

水を飲むことで得られるメリットの一つとして、血流促進が考えられます。血液の9割が水分と言われていて、血液に瑞々しい水分が行き届くことで、必要な酸素や栄養素を体のすみずみまで運ぶことが可能です。

血液をサラサラにすることで、肌や髪を若々しく保つことができるので、美容にいい影響を与えてくれます。

・新陳代謝向上

水を摂取し、血流促進の効果を得ることができれば、新陳代謝向上にもいい影響を与えます。美容において、古い肌を排出することは大切で、肌のターンオーバーを促すために、水分摂取は重要です。

・腸の働きを活発化

水を摂取することで、腸の働きを活発化させることができます。便秘を改善するきっかけになり、むくみや肌荒れを防ぐことにも繋がるでしょう。

水を飲むタイミング

水を飲むことで美容にいい影響を与えることはわかっていますが、水を飲むタイミングなども美容にとっては大切です。また1日に摂取する適量も把握しておく必要があります。

水を飲むタイミングとしては、喉が渇いたと感じる前に摂取することが大切です。回数でいうと、8~10回ほどこまめに分けて、水分補給する必要があります。起床時や入浴前後など、喉が渇くことが予想される時に水分を摂取しましょう。

また1日飲む水の量としては、1.5~2リットルくらいが理想と言われています。飲むタイミングや水の摂取量を意識して、いつまでも若々しい体を維持するようにしていきましょう。

美容を意識するなら水分補給は必須

肌や髪、体をいつまでも若々しい体に保つのであれば、水分補給は重要な役割があります。水分補給のメリットも大きく、健康のためにも積極的に水を摂取していきましょう。

飲むタイミングや飲む量も意識することが大切なので、自分の生活習慣を見直し、美容のために水分摂取の習慣を身につけてみてください。

もっと見る

2019年5月10日

浄水器とミネラルウォーターの水の違いとは?どんな人におすすめか解説!

飲料水として比較されることが多い浄水器とミネラルウォーターは、どのような水の違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴に違いがあるため、一概にどちらの方がいいという訳ではありません。

今回は、浄水器とミネラルウォーターの水の違いについて紹介していくので、参考にしてみてください。

浄水器の水の特徴

浄水器は、水道水の残留塩素やカルキの臭いを取り除く役割があり、蛇口から出る水を飲みやすい形にしてくれます。浄水器の種類にもよりますが、水道水の有害物質の除去も行ってくれるため、飲みやすくしてくれるだけでなく、体への負担も軽くしてくれるのが特徴です。

水道水を飲みやすくしてくれることから、家庭で気軽に飲料水として活用することができます。

ミネラルウォーターの水の特徴

ミネラルウォーターの水は、基本的に地下の原水を使った飲み水になります。種類によっては、殺菌加工だけ施したものや浄水したものなどがあり、含まれている成分は微妙に違いがあるでしょう。

ミネラルウォーターの多くは、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウムなどの成分が含まれているため、美容効果が期待できることもあります。

コンビニなどで気軽に購入できることから、家庭に浄水器がない方が飲める飲料水として利用することが多いのが特徴です。

浄水器とミネラルウォーターの水の違い

基本的に浄水器の場合は、水道水自体が安全性が高い水であるため、浄水器で有害物質を取り除くことで、体への負担はほとんどない飲料水として活用することができます。

しかし、ミネラルウォーターの場合は、水道水と比較すると水質基準が低く、詳しい成分の検査などが行われていないのが特徴です。そのため、安全性を考慮するのであれば、浄水器の方が圧倒的におすすめになります。

ただ手軽さや浄水器が家庭にない方であれば、そのまま水道水を飲むよりも、ミネラルウォーターの方が飲みやすいため、状況によって好みは分かれるでしょう。

それぞれの水に向いている人

浄水器とミネラルウォーターの水は、それぞれ特徴が異なります。そのため、水の特徴に合わせて、おすすめできる方が違うのも特徴の一つです。それぞれの水は、どのような方に向いているのか、紹介していきます。

・浄水器が向いている人

浄水器は、比較的体に優しい水であるため、赤ちゃんやお年寄りの方が利用する水としておすすめです。ミネラルウォーターの中には、種類によってどのような成分が含まれているのかわからないため、健康を意識している方であれば、浄水器の方がいいでしょう。

また1日に水を飲む量が多いのであれば、コスパを考えると浄水器の方が安く済むはずです。

・ミネラルウォーターが向いている人

ミネラルウォーターには、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウムなど成分が含まれていることから、健康や美容にいい効果を与えてくれることがあります。

そのため、美容を意識している方やミネラルウォーターの味が好きという方は、ミネラルウォーターの方がおすすめです。

好みによって、どちらの水の方がいいのか異なるので、自分の好きな水を選択して、毎日の健康を意識してみてください。

浄水器やミネラルウォーターの水の特徴を理解して選択する

浄水器は比較的安全で、毎日の水の摂取量が多い方にとっては、コスパがいいのが特徴です。ただミネラルウォーターの方が、味的に好きという方は、ミネラルウォーターでもいいでしょう。

それぞれ、水の特徴や好みが異なるので、どのような違いがあるのか把握した上で、自分の好みの水を選択してみてください。

自分の体質や生活に合った水の方が、毎日続けられるので、よく考えて水の種類を選択していきましょう。

もっと見る

2019年5月10日

水道水に防腐剤は入っている?ミネラルウォーターとの安全性を比較!

日頃から飲む水は、安全に管理されている方が体への負担が少なくいいでしょう。そんな時、水道水とミネラルウォーターは、どちらの方が体にいいのでしょうか。また水道水に、防腐剤が入っているのかも気になります。

今回は、水道水に防腐剤が入っているのか、ミネラルウォーターと比較した時の安全性についても解説していきましょう。

水道水とミネラルウォーターの水質基準

どちらの水の方が安全なのか、確認するためには、定められている水質基準を参考にすることで、判断することも可能です。水道水とミネラルウォーターの水質基準を紹介していくので、参考にしてみてください。

・水道水の水質基準

水道水の水質基準は、生涯にわたって連続して摂取しても、健康に影響が生じないようにという観点から、基準が定められています。そのため、基本的には水道水は、安全に家庭に普及されるように設計されているのです。

定期的に原水を採水するだけでなく、家庭の水道の蛇口からも採水して検査しているので、安全性が高い水であることがいえます。農薬類や水質基準項目などは、合計で200種類以上あるので、基準が厳しく設けられているのです。

・ミネラルウォーターの水質基準

ミネラルウォーターの水質基準は、原水で18項目が基準値内であれば、販売することができます。検査の頻度は1年に1回程度です。国産のミネラルウォーターの場合、水質・水源・採取日時などの品質管理の明確な基準や規制がありません。

このように、水道水とミネルウォーターの水質基準では、圧倒的に水道水の方が安全であることがわかります。

水道水に防腐剤が含まれているのか?

結論からいうと、水道水には防腐剤は含まれていません。ミネラルウォーターの場合は、製品過程で品質をキープするために、防腐剤を添加することはあります。しかし、水道水の場合は、防腐剤は含まれていないので、安心して水を使用することが可能です。

ただ途中で水道水にバクテリアなどが発生しないように、塩素が含まれています。塩素によって身体的に悪い影響を及ぼす危険性もあるので、水道水が必ずしも、飲料水として適していると言い切れる物ではないので注意しましょう。

水道水とミネラルウォーターのメリット・デメリット

飲み水として比較されることが多い、水道水とミネラルウォーターは、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか、紹介していきます。

・水道水のメリットやデメリット

水道水は、比較的気軽に使用できる水で、水質基準も高い判定で管理されているため、安全に使用することができます。ただ有害物質が含まれていることは確かで、そのまま飲むと有害物質が体内で蓄積する可能性があるでしょう。

そのため、水道水を利用するためには、浄水器や煮沸など、有害物質を除去する方法を実践することが大切です。

・ミネラルウォーターのメリットやデメリット

ミネラルウォーターは、防腐剤が含まれているため、水の品質という意味では高い水準を維持しています。そのため、開封していない状態では、菌の繁殖もほとんどないため、安心して摂取することが可能です。

ただ防腐剤が身体へ負担をかけることや、どんな水が使用されているのか、水質基準の観点で心配な面があります。

不透明な部分がミネラルウォーターにはあるので、安全性を検討するのであれば、水道水の方が圧倒的に安全といえるでしょう。

水道水は浄水器を活用して安全に飲もう

水道水は、ミネラルウォーターと比較しても、水質基準がしっかりしているため、安全性が高いことがわかります。ただ有害物質も含まれているため、除去する方法を実践してから飲むことが大切です。

そのため、水道水を飲む場合は、浄水器を設置すれば、安全に綺麗な水を摂取することができます。浄水器を活用して、安全に水道水を飲料水に変えていきましょう。

もっと見る

2019年5月10日

水道水を飲むと便秘になる?便秘を解消する方法を解説!

日頃から利用する水道水は、飲料水としても活用することができます。水分をよく飲むことで、便秘を解消することができるため、水はよく飲んだ方がいいでしょう。しかし、中には水道水を飲むことで便秘になってしまうのではないかと懸念する方がいます。

今回は、水道水を飲むと便秘の危険性があるのか、便秘を解消する方法についても解説していくので、参考にしてみてください。

水道水は便秘の直接的原因にはならない?

基本的に、水道水は有害物質が含まれているため、そのまま飲まない方がいいでしょう。しかし、水道水を飲むことで、便秘になるという直接的な原因はありません。そのため、水道水を飲む習慣がある方は、水道水が便秘になる原因ではないので安心してください。

むしろ、水分は摂取する方が、便秘を解消するきっかけになります。

・水分摂取で便秘を解消

便秘になっている理由の一つは、水分補給の不足になり、便が硬くなっていることが予想されます。一概に便が硬くなっていることで、便秘になっているかどうかはわかりませんが、便秘の原因になることもあるので、十分な水分は摂っておいた方が、便秘改善に効果が期待できるでしょう。

水分を摂取することで、自然と便は柔らかくなり、便秘も解消されていいきます。

・水を温めて飲むと腸も活発になる

便秘を改善したいのであれば、水道水の常温で飲むよりも、温めた方が腸の活動を活発化させ、便秘改善に効果が期待できるでしょう。

冷たい水のまま飲んでしまうと、内臓が冷えてしまい、血行の循環が悪くなる恐れもあるので、注意してください。

必要以上に飲むのは逆効果

便秘には水分補給が大切といっても、飲み過ぎには注意が必要です。必要以上に水を飲んでしまうと、胃壁や腸壁を傷つけてしまい、体に負担がかかる可能性があります。

また体で処理できないほどの水を飲んでしまうと、体に溜まってしまい、水太りの原因なるので注意しましょう。

特に水道水を飲む習慣のある方は、煮沸などを行わないと、有害物質を体内に蓄積してしまう恐れがあります。水道水を飲む場合は、十分に有害物質を処理する方法を実践してから、飲むように心がけてください。

水道水には有害物質があるので注意

便秘改善には、水分補給が大切です。しかし、水道水で水分補給する場合は、含まれている有害物質には注意が必要になります。そのまま飲むと、即効性の被害はなくても、蓄積することで身体に有害な疾病を引き起こす可能性があるでしょう。

水道水の有害物質を取る方法としては、浄水器を活用する方法など様々な手段があります。出来るだけ有害物質が含まれていない水を摂取し、必要な水分を摂取することで便秘を改善していきましょう。

浄水器以外にも、煮沸すれば有害物質を除去することができます。ただ飲む度に煮沸を行うのは、かなりの手間がかかるでしょう。また有害物質が熱に弱いといっても、残ってしまっている状態で飲むと危険です。

水道水を飲む場合は、自分が実践できる有害物質の除去方法を実践してから、飲料水として活用するようにしましょう。

水道水は便秘に直接影響するものではない

水道水を飲むことで、便秘になるかどうかは、結論からいうとそこまで影響はないと考えられます。しかし、冬の寒い時に、水道水を飲むと冷たい水の状態であるため、内臓の働きを鈍らせて、便秘への影響があるかもしれません。

基本的には、水分補給を十分行っていれば、便秘になるリスクは下げることができます。積極的に水道水を飲む場合は、有害物質を取り除き、必要な分だけ水を摂取するようにしましょう。

綺麗な水で適度な水量を摂取すれば、自然と便秘は改善されていくはずです。出来ることから実践してみてください。

もっと見る

2019年5月10日

水道水にはどんな物質が含まれているのか?除去方法も解説!

普段からお皿を洗ったり、顔を洗う際に使用する水道水には、様々な物質が含まれています。その中でも、有害とされている物質はいくつかあるのが特徴です。実際には、どのような有害物質が含まれているのでしょうか。

今回は、水道水に含まれている有害物質について紹介していくので、参考にしてみてください。

水道水に含まれている有害物質

水道水はそのまま飲むとよくないと知っている方もいますが、具体的にはどのような有害物質が含まれているのか、把握している方は少ないでしょう。水道水に含まれている有害物質の種類について紹介していくので、参考にしてみてください。

・残留塩素

水道管の中で、水道水にバクテリアなどが繁殖しないように、塩素消毒を行う必要があります。その際に発生しているのが「残留塩素」です。水道水を綺麗にするためには必要ですが、身体には有害になります。カルキ臭の原因が残留塩素です。

・濁り

サビや有機物など、不溶性の物質が粒子状になったものや微生物が濁りの一因となることで、濁りが発生します。そのまま飲んでしまうと、身体への悪影響が懸念されるでしょう。

・溶解性亜鉛

神経毒性、腎毒性、タンパク親和性が強い傾向にあり、体内に吸収された鉛のほとんどは、赤血球に沈着し、骨に達します。様々な症状が引き起こされることが考えられるので、注意が必要です。

・2-MIB

藍藻類や放線菌という微生物により、発生する水道水のカビ臭の一因です。

・CAT

シマジンと呼ばれるトリアジン系の除草剤に含まれる物質で、そのまま摂取すると、身体に毒性をもたらす恐れがあります。

・テトラクロロエチレン

揮発性有機塩素系化合物で、無色透明の液体です。主にドライクリーニングなどの洗剤に活用され、肝障害、腎障害、中枢神経障害を引き起こす恐れがあります。

・トリクロロエチレン

水に難溶性であるため、自然に分解する物ではありません。金属・機械部品などの脱脂、洗浄剤、一般溶剤、塗料の希釈液などに使用されている物質です。腫瘍が発生するきっかけになることもあるので、注意しなければいけません。

・1,1,1-トリクロロエタン

長期摂取し続けると、肝臓や腎臓、心臓に悪影響を及ぼす危険性があります。先天性障害の原因になる恐れがあると言われているため、特に妊婦の方は摂取しないように注意する必要があるでしょう。

・総トリハロメタン

塩素が化学反応を引き起こすことで、生成されてしまう有害物質です。アトピーや喘息、内臓や中枢神経への悪影響が懸念されます。

水道水の有害物質を取り除く方法

水道水に含まれている有害物質は多く、そのまま摂取すると危険です。どのような方法で有害物質を取り除くことができるのか、詳しい内容を紹介していきます。

・煮沸

水道水を利用する方法として、最も簡単なのが煮沸です。残留塩素を飛ばすことができ、あらゆる有害物質も熱には弱い性質を持っています。しかし、常に煮沸をしたり、中には有害物質が除去し切れていない可能性もあることから、確実性はないので注意しましょう。

・浄水器

トリハロメタンなどの有害物質は、浄水器を利用すれば除去することができます。蛇口と連動していれば、簡単に飲み水にすることができるので、気軽に利用することが可能です。

ただフィルターなど、こまめに交換しないと、逆効果になる恐れがあるので、フィルターなどが汚れた場合には、速やかに新しい物に交換しましょう。

水道水に含まれる有害物質は摂取すると危険

水道水に含まれている有害物質は複数あり、即効性はなくても長期的な摂取で、病気を引き起こす原因になる恐れがあります。そのため、水道水を飲む時は、有害物質を取り除く方法を実践してから使用するようにしましょう。

もっと見る

2019年5月10日

水道水のカルキをビタミンCで除去できるのか?水質への影響など紹介!

水道水の臭いをかいでみるとわかりますが、塩素の力によりカルキ臭が気になります。水道水を安全な物にするために塩素は大切ですが、飲み水として使用する場合は、カルキ除去が大切です。

今回は、水道水のカルキは、ビタミンCで除去できるのか解説していきます。水質への影響についても紹介していくので、参考にしてみてください。

水道水のカルキはビタミンCで除去可能

水道水に含まれている塩素は、水道水に菌が繁殖しないために、必要な処置として施されています。しかし、飲み水として使用する場合は、カルキを取らないと身体への影響が気になるでしょう。

そんな時には、ビタミンCが有効です。実際に水道水にビタミンCが含まれている物を入れるとわかりますが、水道水にビタミンCが溶けていくと、嫌なカルキ臭がなくなります。

水道水のカルキがビタミンCで除去できる理由は、ビタミンCと塩素が化学反応を起こし、別の物質に変わるためです。

簡単に説明すると、「ビタミンC+塩素」=「酸化ビタミンC+塩+水」になります。このため、ビタミンCを水道水に溶かすと、綺麗にカルキが抜けるという仕組みになるのです。

市販のカルキ抜きの原理も一緒

市販でカルキ抜きが販売されていますが、原理としてはビタミンCを水道水に入れた時と一緒です。市販のカルキ抜きは、塩素をチオ硫化ナトリウムという物質と化学反応させ別の物質に変換することで、カルキを除去します。

市販のカルキ抜きの場合の化学式は、「チオ硫化ナトリウム+塩素+水」=「硫酸+塩酸+塩」です。このように、市販のカルキではチオ硫化ナトリウムが塩素を変換させる役割を担っていますが、原理としてはビタミンCと同じことをしています。

水道水にビタミンCを入れることでの水質への影響

水道水にビタミンCを入れることで、カルキ抜きを行えることは解説しましたが、気になるのは水質への影響です。ビタミンCは強い酸性であることから、水道水にも何らかの影響を与えるのではと懸念する方も多いでしょう。

実際に測定するとわかりますが、極端にビタミンCを入れない限りは、水質への影響はありません。具体的にはpH値によって、酸性に傾いているかどうか見極めることができます。

ビタミンCを入れた水道水と入れる前では、ほとんどpH値は変化しないので、水質への影響はなかったことを判断することが可能です。

水道水にビタミンCを溶かす時間

水道水にビタミンCを入れることで、カルキを抜くことができますが、どれくらいの時間で塩素を変換させることができるのでしょうか。

水道水に入れるビタミンCの種類にもよりますが、基本的には1秒もかからないほど、ビタミンCが塩素に作用し、別の物質に変換してくれます。そのため、少しビタミンCを水道水に入れ、軽く混ぜるだけでカルキを抜くことが可能です。

水の量やビタミンCの量によっても、微妙な違いはありますが、塩素を変換するためには、それほど時間はかからないので安心してください。

身近な、のど飴に含まれているビタミンCなどでも、水道水の塩素を変換させる作用があるので、興味がある方は気軽に実践してみるといいでしょう。

水道水のカルキを抜くならビタミンCが有効

水道水のカルキを抜く方法として、よく実践されるのが煮沸をするということです。しかし、震災の際に備蓄しておく水道水は、事前に煮沸するとバクテリアが繁殖してしまう可能性があります。

そのため、飲む時に煮沸を行い、カルキを抜く必要がありますが、ガスや電気が使えない状態では煮沸を行うことは難しいでしょう。

そんな時に、水道水のカルキはビタミンCで除去できることを覚えておけば、いざという時に便利に活用することができます。

興味がある方は、簡単に実践できるので、ビタミンCで水道水のカルキが抜けるのか試してみてください。

もっと見る

2019年5月10日

水道水はどのように備蓄する?間違えた保存方法に注意!

震災などが発生した場合、水道水の使用ができなくなってしまう可能性はあります。そんな時、水道水を備蓄しておけば、水のことは心配する必要がなくなるでしょう。しかし。間違った備蓄方法をしていると、水道水は使えなくなるので注意が必要です。

今回は、水道水の備蓄方法や注意点を紹介していきます。

水の備蓄方法

震災で水道水が止まってしまうことを想定するためにも、事前に水は備蓄しておくことが重要です。水はどのような方法で備蓄すればいいのか、備蓄方法を解説していきます。

・ウォーターサーバーを備蓄として活用

水道水を備蓄する方法もありますが、ウォーターサーバーを保持しているのであれば、ウォーターサーバーの水を備蓄として活用することができます。

ただ開封済みの物であれば、2週間ほどが期限となるので、開封している物から順番に飲んでいくようにしましょう。未開封の水であれば、半年から1年間は保存することができます。

・ポリ容器に水道水を備蓄

最も簡単な備蓄方法として、空いているポリ容器に水道水を備蓄する方法がおすすめです。すぐに実践できる備蓄方法で、時間が経った水道水は使用するなど、適度に水道水を交換していけば、水が劣化することもありません。

・飲料水を備蓄する

ペットボトルの飲料水を備蓄する方法も、飲み水を確保する方法としては有効です。しかし、ペットボトル飲料水も賞味期限があるため、長期間備蓄することはできないので注意しましょう。

ペットボトルの容器自体が、空気を通す仕様になっているので、長期的に置いてある飲料水は使用するなどして、新しく交換することで備蓄する必要があります。

水道水を備蓄する上での注意点

簡単に飲料水を備蓄する方法として有効な水道水の備蓄ですが、備蓄する上で注意しないといけない点があります。水道水を備蓄する上での注意点とは、どんなことがいえるのか、詳しく紹介していくので、参考にしてみてください。

・容器は直射日光の当たらないところに保管

ポリ容器に入れた水道水は、直射日光に当てると塩素の力が弱まってしまい、バクテリアが繁殖しやすい環境を作ってしまいます。塩素は殺菌作用があるため、水道水を備蓄するためには必要な存在です。

水道水を備蓄する際には、日光が当たらない冷暗所で保管するようにしていきましょう。

・水道水を備蓄する前に煮沸はしない

水道水を煮沸すれば、消毒になると考える方も多いですが、水道水の中にある塩素は、煮沸してしまうと水道水からなくなってしまいます。そのため、長期的に保管が検討される備蓄の水としては、バクテリアが繁殖してしまうことから、使用できなくなるので注意しましょう。

また水道水を備蓄する場合は、水を勢いよく入れてはいけません。水を勢いよく入れてしまうと、空気も一緒にポリ容器に入ってしまうので、腐敗が進行してしまいます。ゆっくりポリ容器に入れて、水道水が腐敗してしまわないように配慮していきましょう。

水道水のポリ容器の保管方法

水道水を入れたポリ容器は、黒い布や袋をかけて保管する方法が適切です。直射日光がポリ容器に当たり、塩素の力が弱くなってしまうことを防ぐことができます。

また高温多湿の場所は避け、保管期間は1ヶ月~3ヶ月を目途に保管するようにしましょう。保管期限を過ぎた場合は、期限が来る前に使用するか、捨ててから新しい水道水を貯蓄するようにしてください。飲む際に心配であれば、煮沸を行えば、消毒にもなるので安全に飲むことが可能です。

水道水の備蓄方法や保管には要注意

水道水を備蓄する際、備蓄方法を間違えてしまうと、バクテリアが繁殖してしまうので、備蓄する水としては適さない物になります。

保管方法も直射日光などが当たらないように注意することで、かなりの期間保存することができるので、意識的に保管方法を考えて実践してみてください。

もっと見る
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器はこちら Recommended Water Purifier

Purest
(ピュレスト)

Purest(ピュレスト)

daiohs

家族と家計にやさしい

水道直結型ウォーターサーバー。月額2980円、3980円で冷温水機能付きの使い放題です。クリーン機能が付いているのでメンテナンス不要。使い勝手もばっちりです。

詳しく見る

ナノラピアネオ

waterstand

おしゃれなデザインが
話題

白を基調としたナチュラルなデザインで人気!こちらも冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。見た目だけでなく安心の浄水精度にも注目。ただし、関東限定。

詳しく見る

Cool Qoo
(クール・クー)

Cool Qoo(クール・クー)

andwater

充実の機能でいつも清潔

自動クリーン機能など、庫内を清潔に保つ機能が充実した浄水器。上位2つと同様に冷温水機能付き水道直結型ウォーターサーバーです。高機能な分レンタル料はやや高め。

詳しく見る

おすすめコラムはこちら Recommended Column

水はたくさん飲むと美容にいい?適度な量や飲み方を解説!

モデルや女優の方が水をたくさん飲むことで、美容にいい効果があると話を聞いたことがありますが、水はたくさん飲むほど、美容にいい効果があるのでしょうか。適度な量があれば、参考にしたい方も多いでしょう。

今回は、たくさん水を飲むと美容にいいのか、適度な量や飲み方について紹介していくので、参考にしてみてください。

理想は1日1.5リットル

水分補給はとても大切なことですが、飲み過ぎは体によくないこともあります。基本的に、人が何もしなくても排出する水の量は、1リットルあると言われているのが特徴です。

また尿や便として1.3リットル排出されます。そのため、1日の排出量である2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があるのは確かでしょう。

ただ飲料水から、1日の排出量を補う必要はありません。食事にもある程度の水分は保有してあり、0.6リットルほどの水分を食事で摂取しています。

また食べ物を分解している途中で、0.2リットルの水を摂取しているので、1.5リットルほどを飲料水から補えば、1日の排出量を補うことが可能です。

水の摂取量は多くても少なくても危険

人間の体は60~65%は水分から出来ています。水の働きで栄養や代謝物の運搬、体温の調節を行っているのです。そのため、水分は排出量と摂取量のバランスが取れていれば、ベストな体調管理を行うことができます。

しかし、バランスが崩れてしまうと、様々な症状を引き起こしてしまうのです。水分不足に陥った場合は、脱水症や熱中症の原因になります。ただ摂取し過ぎもよくありません。

水中毒といって、内臓に負担がかかりすぎることで、体がだるくなったり、消化不良を引き起こすこともあるので、気を付けないといけません。

体内のナトリウム濃度が低下すると、命の関わる危険性もあるので、十分注意が必要です。

水分は1日に8回程度こまめに飲む

水はたくさん飲むと美容や健康にいいという訳でもなく、適度な量で一度に大量の水を飲まないことが重要です。理想的なのは、1日に8回程度こまめに分けて、1.5リットルの水を飲んでいく必要があります。

また飲むタイミングについても、適切なタイミングがあるのか紹介していきましょう。

・朝起きた時

朝起きた時は、寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分が失われているため、水分不足に陥りやすいのが特徴です。そのため、血中のミネラル濃度も高くなっていることから、朝一番に水を飲むことが重要になります。

・運動する時

運動中には大量の汗をかき、多くの水分が失われます。またナトリウムやミネラルも失われる可能性があるでしょう。体重の2%の水分を失うと、人は脱水症状になってしまうことがあります。

スポーツドリンクでも脱水症状を補うことはできますが、糖分濃度を抑えることで美容にもいい影響があるので、普通の水を飲む方がいいでしょう。

・入浴時

入浴時にも汗はかきます。そのため、入浴前と入浴後に水を飲み、血液がドロドロになることを防ぐことが大切です。冷たい水を飲むと、体が冷えてしまうので、理想的なのは常温の水を用意しておくことなので、事前に準備しておきましょう。

・就寝前

就寝前の水分補給も重要です。寝ている間に水分は失われるので、寝る前にはコップ1杯分の水を飲むようにしましょう。

水はこまめに適量飲むことが大切

水はたくさん飲むと美容に良いというイメージがありますが、飲みすぎは体に毒です。体の健康や美容のためにも、適量をこまめに飲んでいくことが重要になります。

また飲むタイミングも意識することが大切です。水分不足に陥る前に水分を補給し、体調を整える意識を行うようにしましょう。

今回紹介した水を飲むタイミングを参考に、生活習慣を改めてみてください。

> 続きを読む

水にダイエット効果はある?水太りや飲むタイミングについて解説!

美容や健康にいい影響を与えてくれる水ですが、十分な量を飲めばダイエット効果を得ることはできるのでしょうか。反対に水太りにならないか不安に感じる方も多いでしょう。今回は、水にダイエット効果があるのか、また水太りや飲むタイミングについても解説していくので、参考にしてみてください。

水を飲むことでダイエット効果が得られる?

人は年齢を重ねるごとに体内の水分量が減るため、水を飲むことで肌に潤いや健康効果を与えることができます。ただそれだけでなく、水を十分な量飲むことで、ダイエット効果を得ることが出来ると言われているのです。

水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環がよくなり、代謝を向上させることができます。代謝が高まることで、エネルギー消費量が増えるので、ダイエット効果を得ることが可能です。

また水を飲むことで、便秘の改善を行うことができます。便を柔らかくすることで、便を排出しやすくし、腸のぜん動運動を促進ことにも繋がるのです。

水の飲み方が悪い場合は水太りの可能性

美容や健康、ダイエットにいい効果を与えてくれる水ですが、飲み方が悪い場合は水太りする可能性があると言われています。またむくみの発生も考えられるので、飲み方には十分注意する必要があるでしょう。

水太りする可能性のある飲み方とは、一度に大量の水を摂取してしまうことです。一気に水を摂取すると、細胞内に水が溜まり、水膨れ状態になってしまうことから、脳の中枢に異常が出てしまいます。その結果、水太りになってしまうことがあるそうです。

一度に500ml以上の水を飲んでも、吸収が悪くなってしまい、水太りになってしまう恐れがあるので、こまめに飲むことを意識し、8回~10回にわけて水を飲んでいく必要があります。

水を飲むタイミングもダイエットには重要

水を効果的に摂取するためには、飲むタイミングも工夫することが大切です。どのタイミングで水を摂取すれば、ダイエットに効果的になるのか、詳しい内容を紹介していきます。

・起床後

朝起きた時には、10分以内に1回目の水をゆっくり飲むことが重要です、その際に、体温より低い温度の水を飲むと、体に水が吸収するまで時間がかかるので注意しましょう。

・運動前

運動前に少量の水を飲むのも、脂肪燃焼を促すことができるので、おすすめです。運動後には多めの量の水を飲むことで、ダイエットを促すきっかけになります。

事前に水を摂取しておけば、運動時の水不足の防止や代謝促進効果が期待できるでしょう。

・食事の30分前

食事の30分前に水分補給することで、食べ物の栄養を吸収しやすくする効果が期待できます。また胃腸の働きを促すこともできるので、事前に飲んでおくと健康的にもいい影響を与えることが可能です。

食事前のタイミングは、摂取カロリーを減らす効果もあり、ダイエットに最適な水を飲むタイミングと言われています。

・入浴前後

お風呂に入ると大量の汗をかくため、体内の水分量が失われます。そのため、入浴前に水を飲むことで、脱水症状を予防できるだけでなく、代謝を上げる効果も期待できるでしょう。入浴後にも、しっかり水分を摂取することで、体内に水分を与えて、肌に潤いをプラスすることができます。

水でダイエット効果を得るならタイミングや飲み方が大切

水はダイエット効果が期待できますが、一気に飲んでしまうと、水太りの原因なる可能性があるため、注意が必要です。

こまめに水分補給を行い、適切なタイミングで水を摂取することで、効率よく脂肪燃焼効果を与えることができます。

どのタイミングで水を飲めばいいのか、しっかりタイミングを把握した上で、水でダイエットすることを検討していきましょう。

> 続きを読む

水の摂取量と美容の関係とは?1日の必要な摂取量を紹介!

健康や美容にいい効果を与えることができる水ですが、水の摂取量によって美容効果は異なるのでしょうか。また1日に必要な水の摂取量とは、どれくらいの量を飲めばいいのか気になります。

今回は、水の摂取量と美容の関係、1日に必要な摂取量などを紹介していくので、参考にしてみてください。

体の水分と年齢の関係

人間の体は成人で、60%もの水分で出来ています。血液や細胞についても、水分で構成されているため、水分が失われると、健康も損ねる可能性があります。

具体的には、体内の水分量が5%失われると、脱水症状や熱中症を引き起こし、10%失われると筋肉の痙攣や循環不全、20%失われると生命の危機を感じると言われているのです。

また体内の水分量は、若さのバロメーターとも言われていて、胎児の場合は90%・新生児なら75%・子供なら70%・成人なら60~65%・高齢者になると50~55%と、年齢を重ねるごとに体の水分量は減っていきます。

体内の水分が少ないほど、細胞の劣化が早くなる可能性が高いので、十分注意が必要です。

体内の水の種類

人間に欠かせない体内の水分ですが、体内の水には2種類あります。「細胞内液」と「細胞外液」です。細胞内液は、細胞内に存在していて体内水分の3分の2を占めています。

残りの3分の1が細胞外液です。体内を循環している血液やリンパ液、細胞間液などが該当し、肌の細胞に酸素や栄養を届けたり、老廃物を排出する際に、体にとっていい働きを行ってくれます。

体の水分が減少すると、美容だけでなく、これらの健康にも影響を及ぼし、様々なトラブルの原因になる恐れがあるでしょう。

肌の水分と年齢の関係

健康な肌の表皮の角質層には、20%~30%の水分が含まれています。ただ加齢によって水分保持力が低下し、水分が蒸発することで肌が乾燥してしまうのです。肌の乾燥が進むと、肌荒れや肌老化に繋がりやすくなります。

そのため、誰でも加齢に伴い、肌質が乾燥肌になってしまう可能性があるので注意が必要です。肌老化を出来るだけ防ぐためには、保湿をしっかり行い、乾燥肌対策を行うことが、肌年齢を若々しく保つために重要になります。

体内から水分補給を行い、血液循環を促すことも肌の水分を保持するために大切です。水分量が少ないと、細胞に栄養が行き届かなくなるので、水分補給はこまめに行いましょう。

加齢に伴い、肌の水分量は失われていきますが、体内から水分補給を行えば、キメが整い透明感のある若々しい肌を手に入れることができます。

1日に必要な水分量

人間は運動などで汗をかかなくても、水分が失われていきます。1日に0.9リットル~1リットルの水分は失われていくでしょう。

また尿からでも1.5リットル~1.6リットルの水分が排出されていくので、合計で2.5リットル近くは、水分が排出されることになります。

食事などにも水分が含まれているため、全て飲料水から水分を補う必要はありません。それでも、1日に1.2リットル以上は飲料水から水を補給する必要があります。

体重や年齢、運動量によっても必要な水の量は異なりますが、こまめに水を摂取することは大切です。

必要な水を摂取することで美容にいい効果がある

人間が活動する上では欠かせない水は、加齢に伴い、体内の水分量が失われていきます。摂取量を増やすことで、肌の細胞に栄養が行き届くきっかけにすることができるため、美容にいい影響を与えてくれるでしょう。

いつまでも若々しい肌を実現するためにも、1日に必要な水はしっかり摂取し、肌に潤いをプラスすることが大切です。

何もしなくても、1日に体内の水分量は徐々に失われていきます。飲料水で体内の水を補うことが大切なので、しっかり水を飲んで肌に潤いを与えていきましょう。

> 続きを読む
コラムをもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ浄水器一覧

口コミ投稿はこちらから